ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

北野武 ビートたけし 麒麟が来る。

北野武 ビートたけし 麒麟が来る

俺は、奴らが憎い。俺は奴らが嫌いだ。奴らはうまいことをいって刀を振り回し、飛び回り、ほうぼうを敵に回し、分が悪くなればすぐ、将軍様将軍様という、俺は許さない。何が武門だ。俺のように学を学び、人々が生きられる世界を作ったほうがいいじゃないか。大事なのは学だ。正しい知識なんだ。うまれじゃねえんだよ。何が尾張一の大殿だよ。わらわせんじゃねえや。俺はお前みたいのがのさばったら、おわりだとおもうなあ。俺、そう思うよ。こっちはこっちでたのしくやってるからさ。女もできたんだよ。俺いいもんだぜ。女ってな。いいもんだ。味噌汁作って待ってくれんだぜ。いいだろ。俺はお前みたいなのも嫌だなあ。動画の女に熱上げてるやつもおかっしと思うんだ。だって、お前も男だろう。何かやれよ馬鹿野郎。俺の幸せを少しは分けてやりたいなあ。住む場所も生きる場所も変わったよ。俺は昔、寺にいたんだよ。おいらに母さんが勉強させるってんでさ。そして、光秀とであってさ、信長とあって、こっちにのぼってきたんだよなあ。あれから何年たったかな。あいつは馬鹿だって笑われんのも、いいぜ。って、褒められて仲間が増えたり減ったりするのももう慣れたんだ。笑われてもさ、いいんだよ。「笑わせてやってんだから。」増えたり、減ったりするのもいいんだよ。そういうもんだ。と思ってこっち来てるわけでさ。あの日、あの時に担がれてここに来た時に覚悟は決まってたからさ。おいら、健さんみたいにさ。なんでも、筋通すおとこじゃねえけどさ、「腹減った時になんか食べるだろ。それみたいな覚悟のしかたもあるんじゃねえかなぁ。」と思うんだ。年取るといろんなこと言われんだ。あの時のほうがよかった。仏の道に邁進して皆がこれを修めれば世の中はきっとよくなると恥ずかしがらずに言えてそこになんの計算もなかったわけだから、そこに何もなかったわけだから。だけど、今は一字一句に考えを柱戦だよな。今だって。だから、今は昔の話を聞いても「この人たちってな。幸せだったのかな。そんなことをいう人間のほうが残酷なんじゃねえかなと思うようになった。なんでも露悪的になれってわけじゃなくてそこにどんな意味があるのかといて見せる。アウトレイジみたいな。もんだよな。龍三でもいい。悪に落ちた人間ってのは、悪なのか。悪を仕事にする人ってな。悪なのか。もし、それが悪だったら、それで飯を食う覚悟、存在する覚悟がいるんじゃねえか。と思ったわけだ。映画はどう見せるかの世界だ。漫才だって同じだよな。ならさ、この世界でお前はどう生きるのか。大変なことになりました。きれいな女がいました。なら、お前はどう生きるか。どう読んでどう、舞台に立ってどうやるのか。そこが大事なんじゃないかと思うんだ。精神論じゃない。明日、食うには生きるにはどうするかってことだよな。そんなこと考える俺はもう戻れないのかな。と思うわけだ。しゃぶしゃぶ屋でしゃぶしゃぶ食ってる人だってあくとるはな。明日生きるってことはさ、なりふり構っちゃいられないわけだから。まぁ、仏を修めた俺がこんなこと言うようになったらおしまいか。どんどんこっちも豊かになってきた。だめでもまあそれなりにやってるよ。だけど、こんなこと思うようになっちゃ終わりなのなあ。俺、一生何も知らない坊主だったらよかったのかな。残念だ。しゃぶしゃぶが来たぞ。肉うまいよ。俺これ好きだからさ。思えば俺の父ちゃんも兄さんの事鼻にかける奴だったかな。まあ、飯食う前にそういうのは無しだよな。。おい、お前、知らないだろ。しゃぶしゃぶのうまさを。一緒に食うか。うまいぞ。どんどん食えよ。さぁ、さぁ、おい。何、遠慮してんだよ。馬鹿野郎。

俺は笑った。鍋が煮えている。薄く切った肉が俺を待っている。俺は肉を見てニヤッと笑った。今日もこうして肉が食える。ありあがたや。ありがたや。

今週のお題「感謝したいこと」