ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

声真似は楽しいです。

声真似は楽しいです。

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

声真似は楽しいです。

声真似は楽しいです。いろいろな発見があるし、人によって見方も違うので良いと思います。たくさんの人や考えの一端に触れられるのが良い所だと感じました。人にはたくさんの感情が隠れていて思いがあります。僕はそれをこれからも感じて行きたいです。この間の役との向き合い方の記事は書いていて発見になりました。役者は役とともにいきているのだそうです。僕も役と向き合って生きていきたいです。今は役を生きる事や演劇に興味があります。そして、自分に隠れている思いや感情について考えて感じて行きたいと思います。最近はこの理解が深まってきていて嬉しいです。次の十年もここを強化、深化、学んでいきたいと思います。

イルダーナさんの所にも書きました。たくさん人が集まっていました。嬉しかったです。

イルダーナさんの所にも書きました。たくさん人が集まっていました。嬉しかったです。

イルダーナさんのカミーユの声真似は良いなと思います。

イルダーナさん。苗字ではなく名前で呼んでくれてありがとうございました。とっても嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

たくさん名前を書きました。

たくさん名前を書きました。

今日はたくさんの人の名前を書きました。まず、てる仙人さんから書き始めて、その後、ハコさんに書いて、ジョン店長さんに書きました。その後は飴もやしさんの所に行って葉弥さんの所にも行きました。たくさん書いてきました。たくさん名前が書けて良かったです。

 

役との向き合き方。

役との向き合き方。

役と言うのは面白いもので自分とは似て非なるものです。だから、自分はその役のディティールに乗らなければならない。また、役自身も嘘が無いように自分の言葉で言えるように刷り込んでいかないといけない。自分の中に。それでどれだけ役に確実に重みを付けられるかが大事だと思います。それができて初めて自分に役のディテールをなじませてうそがないように役の中に自分を刷り込んでいく。それができて初めてその人らしさ。振り返ったときにああ、あの時のあの人だから、役にはまったんだな。といえるようになるそうです。であるものだから、俺のカラーがいうのはまた別のチャンネルであるそうです。今日は大変勉強になりました。それでいて僕はやはり演劇が好きなのだと感じました。

考えて行動する事が好きだし、自分の感情をさぐる事が好きです。だから、演劇や声真似は楽しいと感じます。

わー。よろしくお願いします。

わー。よろしくお願いします。

わー。よろしくお願いします。

今日は葉弥さんのtwitterをみているといっしーさんやめぐまぐさんがわっしょいとか、わーい。と書いてありました。それは葉弥さんがこれを機にからもうよ。というついトートでした。他にも沢山メッセージが書いてありました。僕はこの一体感が良いなともいました。わー。とかわっしょいとか言い合って世界を作っていく。素敵だなと思いました。

やはり、演劇は楽しいな。

巨人頑張ってください。巨人頑張ってください。絶対に負けられません。阪神もヤクルトも今日、勝っています。負けないでください。巨人。でも、勝ち負けでしのぎを削っている所を見るのは面白いです。額に汗して何かをしているのが面白いです。何かの最大の結果のために努力をしている人を見るのは楽しいです。だから、その中で心が動いたときはすてきだと感じます。相手、上位打線にボールを打たせない。守備もベストを尽くして守り抜く。勝つか。負けるかは分からない。良い結果が待っているとは限らないけれども力を尽くす。良い役にはなれない。けれど、最大の結果のためにベストを尽くす。それが良いことを追い求めるという事になるのではないかと感じます。だから、僕は園劇が好きであるのです。このように考えてみる事も好きです。最大の結果のために努力をする人はすてきだと思います。

 

今日は巨人も阪神もヤクルトも勝ちました。明日も楽しみです。