ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

何かをまねるという事について。

何かをまねるという事について。

僕は何かをまねるのが好きだ。場所をまねる。映画をまねる。人の呼吸をまねる。話し方を書き方をまねる。それが好きだ。書いている間はいろいろな人になっている。カヲルにも、向田邦子先生にも、一之助さんにもなっている。新聞を読んでいると文章が目に焼き付く、リズムが身につく。そして、ニュースもわかる。てぇてぇさんでも、呼吸をまねているときがある。山田康雄さんでもよい。しかし、一番似ているのは今のところ、向田せんせいであろう。次に落ち着いた人。声の冷たい人。石田彰さん。いや、三ツ矢さんでもいい。僕は声の冷たい人。冷たい場面から、あたたかな場面に変わるところだけは書けるようになってきた。それは僕個人が声が、思考が冷たいからであろう。そこに苦労しているのだが、また別の話であって、シェルドンでもいい。シェルドンというのはビックバンセオリーというドラマに出てくる学生の名前でこの人はうまく回る。形になるのだ。今は、何かにつけても向田先生である。ここ四年はそうだ。その次にシェルドン。その次にカヲルとくるのだが、結局は同じである。そこに色を付けると、ラージ。陽気なインド人。しかし、心に影があり、時々、インドを思い出す。留学生である。僕は何かを渇望する人の文が得意なようだ。しかし、反面、明るい人は苦手であると感じる。それにしても、何かをまねるという事は面白い。同じものでもまね方が人それぞれ違うのが面白い。ブログでも、スタートの時点から人によって違うのが面白い。その方なりの考え方の癖がわかるのが面白い。しかし、その人は本当にそうなのか。嘘や情報の調節、そういうことにして書いている部分はないか。なのどの実際との違いなどがるのが声真似に似ていると思う。その人とそのものは違う。いろいろなところで良く聞いた言葉だ。それが今、問われていると感じる。しかし、書くことは面白い書くと心がすっきりして考えがまとまるから。書いているときは自分の考えが普段よりまとまるように思う。今日は声まねの収益化に関する記事を読んだ。ものまね。まねるということの難しさを改めて、思い知った。しかし、僕はこれが好きだ。これを続けていきたいと思うし、続けていきたいと思う。書いていくと世界が広がり、考えがまとまり、そして、何かになれる。そして、何かになって新しく学べる。こんなにたのしいものはないし、何より自信になる。自信がつくのが良いと思う。そして、自分の経験や感じ取ったことで世界が広がることも楽しいと思う。

こんなによいものはない。僕はそう思う。

何かをまねるという事について。

僕は何かをまねるのが好きだ。場所をまねる。映画をまねる。人の呼吸をまねる。話し方を書き方をまねる。それが好きだ。書いている間はいろいろな人になっている。カヲルにも、向田邦子先生にも、一之助さんにもなっている。新聞を読んでいると文章が目に焼き付く、リズムが身につく。そして、ニュースもわかる。てぇてぇさんでも、呼吸をまねているときがある。山田康雄さんでもよい。しかし、一番似ているのは今のところ、向田せんせいであろう。次に落ち着いた人。声の冷たい人。石田彰さん。いや、三ツ矢さんでもいい。僕は声の冷たい人。冷たい場面から、あたたかな場面に変わるところだけは書けるようになってきた。それは僕個人が声が、思考が冷たいからであろう。そこに苦労しているのだが、また別の話であって、シェルドンでもいい。シェルドンというのはビックバンセオリーというドラマに出てくる学生の名前でこの人はうまく回る。形になるのだ。今は、何かにつけても向田先生である。ここ四年はそうだ。その次にシェルドン。その次にカヲルとくるのだが、結局は同じである。そこに色を付けると、ラージ。陽気なインド人。しかし、心に影があり、時々、インドを思い出す。留学生である。僕は何かを渇望する人の文が得意なようだ。しかし、反面、明るい人は苦手であると感じる。それにしても、何かをまねるという事は面白い。同じものでもまね方が人それぞれ違うのが面白い。ブログでも、スタートの時点から人によって違うのが面白い。その方なりの考え方の癖がわかるのが面白い。しかし、その人は本当にそうなのか。嘘や情報の調節、そういうことにして書いている部分はないか。なのどの実際との違いなどがるのが声真似に似ていると思う。その人とそのものは違う。いろいろなところで良く聞いた言葉だ。それが今、問われていると感じる。しかし、書くことは面白い書くと心がすっきりして考えがまとまるから。書いているときは自分の考えが普段よりまとまるように思う。今日は声まねの収益化に関する記事を読んだ。ものまね。まねるということの難しさを改めて、思い知った。しかし、僕はこれが好きだ。これを続けていきたいと思うし、続けていきたいと思う。書いていくと世界が広がり、考えがまとまり、そして、何かになれる。そして、何かになって新しく学べる。こんなに谷しいものはないし、何より自信になる。自信がつくのが良いと思う。そして、自分の経験や感じ取ったことで世界が広がることも楽しいと思う。

こんなによいものはない。僕はそう思う。

ほのころさんのコスプレの写真を見ました。

ほのころさんのコスプレの写真を見ました。素敵でした。コスプレは面白いです。同じ人でも服装とウィッグで印象を変えてゆくのです。手品のように変わっていきます。変身の術です。似合っていました。素敵でした。

本日の主役。

本日の主役

ひまわりさん。お誕生日。おめでとうございます。18歳のお誕生日ですね。

進路に向けて力をつけていってください。ひまわりさん鬼滅の刃はじめ、鬼頭明里さんの声真似主です。18歳という事は学生生活も残りわずかですね。くいのないように次につながるように力を蓄えていってください。そして、その力を人に受け渡せるようにひまわりとしての活動を続けてください。

 ひまわりさんの所へ前に、自己紹介の欄にかきに行ったことがありました。僕はブログを書いていて韓国映画をよく見ています。向田邦子先生も好きです。と書いたことがありました。ひまわりさんは前向きで、他の方にも元気に接していらっしゃるとおもいます。また、じゅじゅリーグにも精力的に活動して、みんな知っているよ。頑張ってね。と温かい言葉をもらっています。僕も、ブログをやっていると読んでいますよ。とか、活力を持っていますと言われるので大変、僕も頑張ろう。と思えます。自分の力を発揮して何かに取り組むことは楽しい事だ。と僕も、最近、感じています。僕も、ひまわりさんのように明るく、前向きに身も心も取り組んでいきたいと思います。ひまわりさん。お誕生日おめでとうございます。誰かの頑張りを見て、頑張ってみようって思えるって素敵ですね。

ひまわりさん。頑張ってください。応援しています。

それから、ひまわりさんのイラスト、イメージ挿絵が五等分の花嫁の女の子に似ていました。ひまわりさんも五等分の花嫁が好きなのかなと思いました。

おうるさん。お茶・・・ありがとう・・。今日はキミのおかげでいいユメがみられそうだよ。

おうるさん。お疲れさまでした。

 

おうるさん。お茶・・・ありがとう・・。今日はキミのおかげでいいユメがみられそうだよ。

 

おうるさんありがとうございました。

仮面男子

仮面ライダーブラックが走っていました。

ウマ娘というゲームで仮面ライダーブラックが走っていました。競馬のゲームなのにブラックがバイクに乗っていました。面白かったです。ウマ娘なので娘でもないような仮面ライダーブラックはウマ娘ではなく仮面男子だと思います。