nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

シェルドン、音楽を聴く 。学園パラレルファクター

僕は、いつものように学校から帰ろうとしていた。その時、ピアノのメロディが聞こえてきたんだ。僕は、そのメロディを聞いた時、すぐにその音楽が喜びの歌だとわかったんだ。

レナードには難しいかもしれないけど。

僕は、そのレナードと一緒に音楽室に行ってみたんだ。

入る時は、スタートレックのカーク船長みたいに、レナードに、レナード、フェイザー銃を麻痺にセットだ。」と言った。なぜかというと、怖いエイリアンやゾンビがいたら、危ないとおもったから。

その時、レナードは、「シェルドン、何やってるんだ。」と言ったけど、僕は、無視して、進んだ、その時、僕は、そういうレナードに「あとで、大変だー。シェルドン、助けて。」って言っても助けてあげないぞ。とおもって、中に入った。レナードも、「高等部の授業中だろ。」と言っていたけど、無視した、

そこにいたのは、色が白い、黒髪の女の子だった。女の子はピアノを弾いていた。

あれは、同じ中等部クラスの、なんて言ったかな。乃木さんだ。僕は、乃木さんのピアノに魅せられた。乃木さんの演奏は、なつのよいの風のように、爽やかな演奏だった。

レナードも、乃木さんの演奏を聴いていた、けれど、僕は、レナードに、この音楽の良さがわかるのかな?とおもった。

けれど、そんなことは、乃木さんの演奏を聴いていると、どうでもよくなった。

演奏が終わると、乃木さんは、僕たちに気づいて、「あ、レナード君、シェルドン君。こんにちは。。私の演奏、どうでした。?」と言ってわらった。

すると、レナードが「素晴らしいよ、君の演奏。僕、びっくりしちゃったよ。」と言って、わらった。

僕は、それを聴いた時、ちょっと、おかしくて、笑ったが、僕も、演奏が素晴らしいとおもった。だから、僕は、アスミちゃんに、アメージング。アスミちゃん、素晴らしい。ブラボーといって、拍手をした。

いい演奏には、ブラボーというのが、クラシック界では、お約束だ。だから、僕は、乃木さんに、ブラボーといったんだ。

僕とレナードの言葉を聞いた、乃木さんは、「ありがとう、二人とも、素晴らしいとか、ブラボーって言ってくれてありがとう。私、とっても、嬉しいです。」と言ってわらった。

その笑顔は、とても、可愛い、キュートな笑顔だった。

笑顔で、笑う、乃木さんを窓からさした、夕日の光が照らした。乃木さんは、その光の中で、輝いていた。

僕とレナードは、そんな乃木さんを見ていた。

僕は、綺麗だなとおもった。レナードは、そんな僕に、何だか、乃木さんって、天使みたいだね。」と言っていた。

ぼくは、わらった。天使だって、天使はいないよ。とおもってわらった。けれど、乃木さんの笑顔見ていると、昔、昔には、天使じゃなくても、よく似た可愛いものがいたんじゃないかと、いう気持ちになった。

そう思うと、もう一度、天使は、存在するか、否かについて、考えてみる必要があるな。とおもった。

まあ、ぼくの家に、クリスマスの日、サンタクロースが来たくらいだから、天使もいるかもしれない。

ぼくは、今日、不思議な気持ちになった。

ありがとう、乃木さん、とっても、不思議な演奏会をありがとう。感謝するよ。

ぼくは、そう思いながら、レナードと音楽室を後にした、

乃木さんも一緒に、音楽室を出た。

今日、僕は、とてもいいアメージングな演奏を聴いた。

今日、僕が、音楽室で出会ったのは、怖いゾンビやエイリアンではなく、キュートな笑顔の女の子だった。