nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

映画の技術革新

最近の映画はどこが実写でどこからが、実写なのかわからない。

アバターもどこまで実写で、どこから本当なのかわかりません。

なんというか、あからさまに分かることがなくなってきたように思います。

アバターの森のシーンもどう見ても僕の目には本物見えるな。

アイアンマンの映画もアイアンマンが空御飛んでいるシーンもどう見ても本当に見える。

最近は映画のなんでもない会話シーンでも合成技術が使われているので本当にもどこまで実写で、どこから本当なのかわかりません。

猿の惑星 ジェネシスのサルたちやテッドのテッド君もパディントンもCGなんだよね。僕は、映画を観終わって調べるまで分からなかったよ。^^

進撃の巨人の巨人が来るシーンも本物みたいだった。

マトリックスハリーポッターの頃はもうちょっと、分かり易かったような気がするな。

僕が気づいてしていないだけで、いま書いた以外の映画のシーンもCGかもしれない。

もしかしたら今の映画は俳優さんや女優さん顔以外はCGや合成の場合もあったりして、このままいったら、実写映画はCGアニメみたいになるかな。^^

技術革新はなんだかすごいのか怖いのかわからない。^^

けれども、これで映画の可能性が広がるならいいことだよね。