ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

ボスベイビーをみました。向田邦子先生。

 

天界には会社があって赤ちゃんを作っているそうです。最終商品テストのくすぐりの刑の時にわらわなかったら経営部門に回って大人の赤ちゃん。ベイビーとして天界の会社で働くそうです。ボスベイビーはそんな大人の赤ちゃんがとある少年の弟して送られるというところから始まる物語です。でも、どこまでベイビーの言っていることが本物でどこからが少年の妄想なのか分からないところがあるのでとても不思議な映画だと思います。なぜなら少年は空想癖があるからです。映画の場面にスタイリッシュな場面。キングスマンのようなシニカルな場面があり少し、昔の外国の映画を見ているような気分になりました。ミニオンシリーズのようにハチャメチャで明るいジェットコースターのような場面もあれば少し、文芸的な側面もあり学びになりました。ずっと赤ちゃんのママの子犬を悪役が売ろうとするのですが、永遠に子どものままでいる事。無垢なままでいることが一番良いことのように書いてあるのが僕もどうなのかな。と考えて大変面白いテーマであると思いました。なぜならばおじさんになっても人生は続いていくからです。僕は最近それを思います。だれかと出会って恋をしてデートをすることだってあっていいのです。だから僕はそれはおかしいと思うようになりました。向田邦子先生的にいうなれば女の温かさも知らずしてという事になるでしょう。だから、若いままでいるという事はおかしい。もったいないと思いました。だから、そういう意味では何年も赤ちゃんの世界に塩漬けにされていたベイビーもやっと自分の人生を得たのかなと思いました。今日は思いがけず良い映画を見ることが出来ました。良かったです。僕は前からボスベイビーを見たいと思っていたので見られて良かったです。この映画は3年前に公開された映画だそうです。3年前の僕だったらもっと感想が違っていたのかなと思います。だから、3年間寝かせておいて遅れてみることになってしまいましたが良かったと思います。前とは違った景色が見える事。見られるようになったこと。たくさんあります。ですから僕は今、この時この映画を見られて良かったです。