ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

涙一粒言い出せなくて閉じこめたさよなら。鎌倉殿の13人

涙一粒言い出せなくて閉じこめたさよなら。鎌倉殿の13人

俺の家はそれからというもの頼朝のために働いた。あれから父さんも姉さんも妹も兄さんは星になったが。星を追いかけるのは俺の仕事だ。俺には声真似と配信がある。明日も明後日もきけりゃ嬉しいんだ。励みになるよ。だから、俺、まだつかってるもんな。イヤホン。これでいつでも、音楽も聴けるし配信も聴ける。寒い雪の日も。血に濡れた春の日も。だから俺頑張るよ。俺、もっと最強のファンになるからさ。応援しててくれよ。君の声はすごいよな。どこまでも響くんだ。可愛い声ですんでいて。どんな人の所にも東国も最後苦も無くどんなところにも届くんだ。西国にいても君の声を聴いている人はきっといると思う。好きなものの前ではきっと平等だ。ルパンのおっさんはそれはあめえといっていたけど。俺は俺だ。俺も強くなりてえ。おっさんみたいに。だからもっと続けるよ。

俺はそこまでいうと部屋を後にした。するとおばさんが父さんの話をしている。俺はその声をさえぎった。音量を揚げて。俺はおばさんが苦手だから。この家はなかなか難しいんだよ。兄さんの写真だけがこの家で笑っているような気がした。そう思うと俺はこの間までのこと思い出した。兄さんが生きていたころの方が世かっ超な気がしたんだ。あの頃は皆この田舎にいたんだ。今はもうみんなあのおっさんの手と足だ。俺はおっさんの奴隷じゃない。と思うがこれを楽しいと思っている自分もいてうれしい。だけど、帰っても父さんがいない。だから、寂しい。でも嫌な寂しさじゃない。同じ寂しさでもあの子のバラードを聞いているときの寂しさに近いかもしれない。おっさんにであってからそこが一番変わったかもしれない。俺はそう思って君のバラードを思い出した。涙があふれる中に・・・という歌詞の歌だ。俺はこの歌を歌っているときの君の声が好きだ。すんでいて素敵だなと思う。おっさんの所で働く原動力が君の歌とは少し不思議な気がする。俺はその時、ふふっと笑った。

俺が笑っているとおっさんがやってきた。おい。トキよ。と冷たい声で言って。今度はこの家の隣を攻める。そこの家には女がいる。夜な夜な歌を歌っているらしい。潰す。俺のすえの弟も田舎をたったお前はそっちに行ってもらう。隣の家は与力どもに任せる。その女の家はここらの土地を管理している豪族らしい。俺も力を蓄えた。前哨戦として分捕ってきてやる。女も見つけ次第潰す。と俺に行った。イヤホンをしてても聞こえた。これが俺の生きている現実だ。心にしみるバラードを何曲。君の歌を何曲聞いたってそれは変わる事のない。現実だった。俺はこのおっさんの家臣。いや与力だ。でも、いやじゃない。でも、もっと何かがほしい。もっとだれかから何かを奪いたい。たとえば目の前のおっさんとか。おれがそう思ったとき、歌が流れた。だけど、涙があふれる前にいわなくちゃさよならと流れた。だから、今日はそこまででやめた。でもね。涙があふれる前に言わなくちゃさよなら。涙一粒言い出せなくて閉じこめたさよなら。