nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

セレア、また明日な。学園パラレルファクター。

シュウヘイは、家に帰ると、すぐに、自分の部屋に行った。

近頃、風邪やら、花粉症やらが流行っているので、手洗いと、うがい、それから、鼻うがいも、した。

したことと、言えば、今日も、シュウヘイは、

セレアちゃんと、帰ってきた。

セレアちゃんというのは、シュウヘイの一番の友達で、よく、音楽の話をして、盛り上がっている。その盛り上がりたるや、すごいもので、休み時間には、必ず、シュウヘイは、セレアちゃんのところに行って、よく、話している。

それに飽き足らず、帰りも、ずっと、最近はやりの音楽について、話しているのだ。

シュウヘイと、セレアは、男の子と、女の子なのだが、そんなことは、音楽の前では、おかまいなしで、あーでも、ない、こーでも、ないと、話している。

しかし、シュウヘイは、貫太郎父さんに叱られたり、あらぬ噂を建てられると困るので、自分の店の近く、自分の家の近くまで来ると、

「じゃあ、また明日な。セレア。」と、言って、一人で帰るようにしている。

本当は、もっと、話していたいけれど、ここから先は、危険であると、いう判断である。

ここから、先は、あの、貫太郎がいる。あの、おきんばあちゃんがいる。という、判断である。

あの貫太郎というのは、シュウヘイの父親で、石屋をやっている男で、たても、横も、大きい男である。

おきんばあちゃんと、いうのは、シュウヘイの祖母で、貫太郎の石屋の先代の女将のおばあちゃんである。これといった趣味は、ないが、食べることと、寝ること、それから、アイドルのジュリーと、アルフォートくんと、噂話、面白ギャグが大好きな、おばあちゃんである。

であるから、シュウヘイは、今日は、途中から、家に一人で帰ってきた。

シュウヘイは、嬉しかった。嬉しくて、手を洗って、うがいをして、鼻うがいをすると、すぐに、綺麗になった鼻で鼻歌を歌った。

しずえは、まだ帰ってきていなかった。

部活動だろうか?

おきんばあちゃんは、居間で、テレビを見ていた。シュウヘイは、嬉しくなって、すぐに、自分の部屋に行った。

部屋に行くと、シュウヘイは、秘密のノートを押入れから、さっと、取り出して、机に向かって、書き出した。ノートの表紙には、シュウオブダイアリーズと、英語で、書いてあった。

これは、彼の日記なのだろうか。?

彼は、そこに、嬉しそうに、

今日は、セレアと、ビートルズと、カサキヤマ、それから、俺の好きなタオにゃんのことについて、話した。

とっても、良かった。

ビートルズは、やっぱり、抱きしめたいが、一番だよな。と、俺がいうと、セレアも、いいのう。と、言ってくれた。セレアも、好きなんだなと、思った。

それから、タオにゃんも、かわいいよな。という話になった。ここで、面白いことがあった。

俺が、タオにゃん、いいと、思わないか?って言ったら、セレアは、俺に、そうかの?わらわの法がもう少し、かわいいと、思うがの。と言っていた。

その時、俺は、おかしくて、ほんとかよ。と言って、笑ったら、セレアは、笑うでない。と言っていた。俺は、セレアが、そう言ったとき、おかしくて、まだ春だけど、今年一番、笑った。

まだ、今年、一番ってのは、早いかな?

でも、おかしかった。

セレアは、、なんだか、昔の時代のお姫様みたいな話し方をする。俺は、なんだか、とっても、可愛らしいので、いいと思う。

父さんも、よく、人の喋り方なんか、きにするなよ。大事なのは、心だ。礼儀だ。相手を思いやる気持ちなんだ。って、言ってた。

父さんが、そんなことを言うなんて、珍しいと思ったけど、雨が降るんじゃないの?って、思ったけど、なんだか、その時は、おかしかったけど、なんだか、心に残ってる。

だから、セレアには、自分のこと。変だ。なんて、思わないでほしい。

前、そんなこと、あったから、俺、柄にもなく、心配しちゃった。頑張れ、セレア。

今日は、セレアと、話せて、良かった。

明日も、また、話せるといいな。

まて、あした、はなそうぜ。

明日も、父さんや、ばあちゃんに、見つからないといいな。

セレア、また明日な。

シュウヘイは、この文章を楽しそうに、書いていた。今日、セレアと、あったことを、忘れないようにしようと言う思いを込めて、書いていた。

シュウヘイの部屋の窓から、夕日の柔らかな光が、さしていた。

シュウヘイの部屋に、貫太郎とうさんが、石を削る、トーントーン、トーン。という音が響いていた。

おきんばあちゃんは、居間で、テレビを見て、馬鹿笑いをしていた。