nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

ラージとハワードとシェルドンと、お姉さんの法則。学園パラレルファクター。

僕は、学校からの帰り道、綺麗なお姉さんにあった。

僕は、その女の人を見たとき、とっても、綺麗な人だ。と思った。僕は、その人に、見とれていたんだ。いんどにも、綺麗な人は、たくさんいたけど、ああいうタイプは、なかなかいなかった。僕が、その女の人に見惚れていると、

ハワードが、、「ラージ。?どうした。あの子、かわいいなあ。あれ、大学生。ラージ。ちょっと、声をかけて、見ようぜ。」って、いった。

僕は、この時、ちょっと、待ってよ、僕は、女性と話すなんて、無理なんだ。とおもった。

だから、僕は、ハワードに、「いや、やめようよ。見るだけだよ。見てるだけ。」って、いったんだ。

僕が、そういうと、ハワードは、「ラージ。お前、何のために、インドから、ドレスタニアに、留学したんだ。男になるためだろ。強くなるためだろ。声かけるぐらい、やってみようぜ。」といった。

ハワードの言うことは、最もだ。僕は、色々、学ぶために、インドから、この国にやってきた。この国からインドは、とても、遠い。

インドから、この国も、とても、遠いところにある。だから、寂しいときも、ある。

夜なんか特に。だけど、ここにきて、僕は、ハワードに出会うことができた。シェルドンや、レナード。ペニーやバーナデット、それから、心優しいガーナ校長先生。町田くんにも、アスミちゃんにも、黒柳さんにも、会うことができた。

僕は、みんなに会えて、とても、よかったと思うよ。

僕は、、この学校に転校せずに、あのまま、インドに、いても、お手伝いさんと、妹と、とうさんと、母さんと、象と、いっしょに、楽しく暮らしていたとおもう。

けれど、僕にとって、この学校に来て、みんなと学ぶことは、僕の人生にとって、大変いい経験だ。

だから、僕は、この国で、頑張るんだ。

僕は、ハワードが、そういっているのを聞いて、そうおもった。これも、一つの勉強だ。経験だ。と思った。そう思うと、声をかけてみようと思った。

そう思った僕は、ハワードと、いっしょに、その人に、声をかけた。

元気よく声をかけたんだ。

いや、いい天気ですね。って、

でも、その人は、一生懸命何やら、書き物をしているみたいで、僕たちに、挨拶を返してくれなかった。

その時、僕たちは、顔を見合わせた。

こんな、はずじゃなかったのに。って、思ったよ。

けれど、僕たちは、諦めなかった。

僕たちは、もう一度、声をかけた。

今度は、すみません。何を書いているんですか。?と、僕が声をかけた。

すると、その人は、「ちょっと、何。?といった感じで、こっちを見た。

僕は、その時、ちょっと、怖い。とおもってしまった。

僕が、そんな風にしていると、ハワードが、

「おい、何やってるんだよ。」って、小さい声で言って、変われ。と言った。

今度は、ハワードがその人に話しかけた、

ハワードは、その人に、「すみません。何を書いているんですか。?」と言った。

その声は、元気ないい声だったけど、

ハワードの顔は、少し、赤くなっていた。

その人は、もう、なんなの。と言う、感じで、

僕たちに、「今度、雑誌に載せる。小説よ。」と言った。

その人が、そう言うと、ハワードは、「へぇー。小説を書いているんですね。僕も、好きですよ。小説。僕、ハワードです。と言った。

僕は、ハワードが、そう言うと、「ラージです。中学生です。そこの。」と、その人に、挨拶をした。

僕は、この時、そこって、どこだ。と、自分で、思いながら言った。

その人は、僕がそう言うと、その人は、今は、忙しいの。今、いいところなのよ。と言った。

僕は、ごめんなさい。と言った。

なんだか、この人は、小説を書くのに、忙しいみたいだ。

その人は、一心不乱に、小説を書いている。

僕たちは、なんて気迫だ。とおもって、また、顔を見合わせた。

この時、なんだか、悪いことしたかなとおもって、僕は、苦笑いした。

ハワードは、それを見て、ふふっと、笑った。

やっぱり、僕が、大学生のお姉さんに、声をかけるなんて、無理だったんだな。とおもった。

僕は、そうおもって、ハワードの顔をじっと見ていた。

僕が、そうおもっていると、

僕は、「やあ、ラージじゃないか。どうしたのと、声をかけられた。

誰だろう。? シェルドン。?

僕は、そうおもって、後ろを振り返った。

やっぱり、その声の主は、シェルドンだった。

シェルドンは、僕に、「ラージ。何してるの?

ハワードも、君、ツン子さんの知り合い。

今、彼女は、小説を書いているからね。話しかけるのは、ちょっとやめておいたほうがいいよ」と言った。

僕は、シェルドンがそう言った時、

あのお姉さん、シェルドンのお友達だったのか。とおもって、びっくりした。

ハワードも、「そうなの?」と言って、びっくりしていた。

僕たちがびっくりしていると、シェルドンは、

「僕が、彼女のことを知っていたら、何か、不満なの。悪いけど、彼女と知り合いなのは、僕だけじゃないよ。レナードも、シチュワートも、彼女と知り合いだ。僕たち三人は、よく、ここで、時々お話をするんだ。

なんでも、僕とか、シチュワートとか、ちょっと意外だけど、レナードと、お話をすると、

なんだか、お話のアイデアが、湧いてくるんだって、不思議だよね。」と言って、笑った。

シェルドンが僕たちに、そんなお話をしていると、ツン子さんは、お話を書き終わって、シェルドンに、「あら、シェルドン。」と挨拶をした。

シェルドンは、ツン子さんに挨拶をされると、

「御機嫌よう。未来の大作家先生。シェルドンです。彼らは、ハワード君と、ラージ君です。二人とも、僕の友達です。」と言った。

シェルドンがそう言うと、ツン子さんは「そうなの。」と言って、わらった。

不思議だ。さっきまで、僕たちだけだったら、

なんだか、少しだけ、ギスギスしていたのに、

シェルドンが来た途端、なんだか、雰囲気が、あかるくなった。

シェルドンは、凄いなあ。と関心した。

僕が、シェルドンに関心していると、

ツン子さんは、僕たちに「作家は、ごめんなさい。ちょっと、小説を書くのに、真剣になってしまって。」と、僕と、ハワードに、謝ってくれた。

僕たちは、ツン子さんが、謝った後、「こちらこそ、突然声をかけてごめんなさい。」と言って、謝った。

シェルドンが、謝る僕たちを見て、「君たちが、謝っているところ、初めて見たよ。」とわらった。

シェルドンが、笑うと、「今日のシェルドンは、機嫌がいいですね。」といって、笑った。不思議だ。さっきまで、鬼気迫るような顔をして、お話を書いていたのに、なんだか、さっきとは、別人みたいだ。と思った。

僕が、そう思っていると、ハワードがニコッと笑って。「ラージ。今、可愛いって、思ったろう。?ツン子さんの事。?といって、笑った。

僕は、そういう、ハワードに「違うよ。インドの神様に誓って、違う。」といった。

僕が、そういうと、ハワードは「そうか。?ならいいんだ。でもさ。さっきと違って、可愛いよ。お姉さん。」と言って笑った。

僕も、そうだ。と思った。

僕が、そう思っている間、ツン子さんは、笑っていた。

小説が、かけて、ほっとしたのかな。

読んでみたいな。お姉さんの小説、きっと、面白いだろうな。

僕は、そう思って、お姉さんを見ていた。

長田克樹 (id:nagatakatsuki)さん、沿玉県の古手都子さんをお借りしました。