nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

ルビネル先生にありがとう。その2 学園パラレルファクター

 

nezuzyouzi.hatenablog.com

このお話は、↑↑のお話の続きです。

そうと、決まれば、練習だ。練習は、とても楽しかった。

 

練習の場所は、学校の音楽室だ。アスミちゃんが、ジェームズ先生に指揮者をお願いしてくれた。

 

ジェームズ先生にアスミちゃんが、「ジェームズ先生、今度、歌、ルビネル先生の前で、歌の発表をするので、指揮者役をお願いします。ルビネル先生には、いつもお世話になっているので、歌で感謝の気持ちをルビネル先生に、伝えたいです。」といった。

 

その場には、僕もいて、「ジェームズ先生。中等部クラスの町田 ヤスオです。歌の発表をするで、指揮者役をお願いします。」と一緒に、ジェームズ先生に、頭を下げた。

 

僕は、普段、よく話したことがない人に何かを頼むとき、少し、恥ずかしい、けれど、声に出して、自分のやりたいことや、思っていることを勇気を、出して伝えると、とてもいい気持ちになれる。そして、相手の人に自分の思いが伝わって、「はい。やりましょう。」「分かったよ。」と、笑顔で言ってもらえると、もっと、いい気持ちになる。

 

この時、僕たちがそういうと、ジェームズ先生は、ニコッと笑って「先生に感謝の気持ちをつたえるなんて、素敵なことですね。感謝を伝える歌、私も、協力します一緒に楽しみましょうね。」と言ってくださった。

 

僕は、この時、とっても嬉しくなって、「思いが伝わる。」ってええことやんな。と思った。

僕たちは、練習を頑張った。

最初、アスミちゃんが、最初、喜びの歌の歌詞を書いた方眼紙を黒板に磁石で貼って、「この曲は、喜びの歌。」という歌です。この歌は、、生まれた所や育った場所が違っても、皆、お友達、皆、心を一つにして、楽しく元気よく、進んでいこうよ。」って、いう、歌です。」と説明した。

僕たちは、アスミちゃんが書いた方眼紙を見ながら、歌を歌った。

アスミちゃんの書いた字は、とても読みやすく、黄色の方眼紙の上に、丁寧に、書いてあった。

 僕たちは、楽しく歌った。

「歌は、苦手だ。指揮者がいない。」と言っていた町山君もジェームズ先生やアスミちゃんが、優しく、教えてくれるので、今ではすっかり、歌う事が好きになり、ミュージカル映画を見る時でも、登場人物と一緒に、歌ってしまうそうだ。今では、よく、僕と、又吉君と町山さんの三人でよく歌っている。

アスミちゃんは、「町山君の声は、力強い声だね、きっと、良い喜びの歌になるよ。」と、喜んでいた。

又吉君も、アスミちゃんに、「又吉君の声って、低くて、良い声ね。私、びっくり、しちゃったよ。」と褒められて、喜んでいた。又吉君は、アスミちゃんに、褒められてから、みるみる上達していった

メリッサさんも、元気よく、歌を歌っている。メリッサさんは、元気が良すぎて、音を外すことが、たびたびあったが、アスミちゃんが「メリッサさんの声は、元気、いっぱいだね。」と、楽しそうに、メリッサさんに、教えていた。

アスミちゃんがそういうと、一緒に練習していたとっとちゃんが、「あら、乃木さん。私だって、良い声よ。」といって、笑った。

メリッサさんは、そういう、とっとちゃんに、笑って「黒柳さんの声もいい声ですね。☆ アスミさんの声は優しい声です。☆元気になれます。☆」と、

アスミちゃんは、そういって、笑っているメリッサさんの顔を見て、「私の声って、やさしいのか。メリッサさん、ありがとうございます。」と言って、フフっと、笑った。

この時のアスミちゃんは、とても楽しそうにしていた。いつも、皆とお話している時、楽しそうにしているのだが、今日のアスミちゃんは、大好きな音楽を、皆で出来た事が嬉しかったのか、いつもより、楽しそうにしているように、見えた。

僕は、アスミちゃんと、メリッサさん、とっとちゃんが、笑って、お話しているのを見て、アスミちゃんも、メリッサさんも、とっとちゃんも可愛いなあ。と思った。

 

町山君も、又吉君もメリッサさんも本当に楽しそうに歌の練習をしている。

アスミちゃんも楽しそうに、歌を教えている。

アスミちゃんも、町山君も、又吉君も、とっとちゃんも、ニコニコしている、

皆、歌を歌い終わると、「良い声だった。」「歌を歌うのは、楽しいね。」と言って喜んでいる。

そんなところを見ると、僕は、あの時、勇気を出して、皆で、歌を歌おうよ。と言ってよかったなあ、なんでも、やってみるもんだ。勇気を出すっていいことだな。と思った。

そう思うと、とってもいい気持ちになって、僕は、うれしくなって、ふふっと、笑った。

僕が、笑っていると、ジェームズ先生が、「町田君、皆、上手に、なってきましたから、今度、ルビネル先生を呼びましょう。サプライズ、成功、するといいですね。」と笑った。

この日、僕も、アスミちゃんも、町山君も、又吉君も、とっとちゃんも、メリッサさんも、笑っていた。ジェームズ先生も笑っていた。

この日の音楽室には、笑顔がたくさんあった。

 フール (id:TheFool199485)さん、ルビネルさんをお借りしました。

長田克樹 (id:nagatakatsuki)   さん、メリッサさんをお借りしました。