ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

おしん対マッシュル 麒麟がくる。

おしん対マッシュル 麒麟がくる

 俺は猛烈に起こっている。今朝の新聞だ。なんでも、光秀様が丹波の国に出陣なさるそうだ。出陣とか、男の出馬とか、武士の誉と書いてあった。なあ、おかしいと思わないか。だって、俺らにも商店の、物売りの誉ってのがある。だけど、大々的にニュースになったりしないよ。だけど、武士は武士の誉がうんたらとニュースになるんだからおかしいったらありゃしねえ。ほのこにもアイドルの誉、役者の誉ってのがあるはずよな。言葉じゃなくても、吐息一つの芝居でも違うよ。それができる奴は一流だと思うよ。だけど、いかんせんこの御仁はだよ。やれ、武士の世、平らかな夢、仲間や主君との夢、ふざけんなよ。それいえば何とかなるのか。俺ら物売りは、市井の人はどうなるんだよ。俺らはもの売ってんだよ。お前らの夢や希望でどれだけの人が迷惑してるか。考えたことあんのか。戦は全部、変えちまうんだよ。お前らはニュースを作ってやったくらいの気持ちかもしれねえが俺はそれでマッシュルが読めなくなっちまうんだよ。まったく。マッシュルはいいよ。夢のためにまっすぐでよ。武門と違うんだよ。夢をお題目にして刀さえ合ってんじゃねえ。自分の腕で、戦えよ。人を巻き込むなよ。何が武士の誉だよ。

 この時、マッシュルの彼は驚いた。なぜなら、人それぞれの誉があるということは理解しているはずなのに、武士の誉をバカにしてしまったからだ。その時、自分が怖くなったこの気持ちを抱えているうちは武門たちと同じだからである。そう思うと、アイドルや声真似が好きな自分もニュースを作っている。大義のためにと邁進しているつもりの彼らと同じになっているような気がして怖くなった。光秀は斎藤利三という野武士を家臣にするそうだ、戦をなくす。良い世の中にするといっていた光秀が家臣をとる。家臣をとるということは他の武門と同じになったということ、明智派ができるということ。彼はそれが気持ち悪かった。しかし、考えてみるとほのこやマッシュル君に熱をあげている自分もおかしいと思った。その理念に感化され、家臣にしてくれと集まってきた野武士を募っている彼が自分と重なって見え、とても恐ろしかった。自分も同じなのか。と思った。しかし、俺はその怖さ、気持ち悪さにうち勝とうと思った。俺はそっちには進まない。俺はほのこ聞いて、マッシュル読んで、ここで物売りを続ける。と思った。俺は逃げない。と思った。俺は逃げない。何があっても東北の山の奥までは絶対に。いまを生きると、強く誓った。マッシュル君に強く誓った。