ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

ココアニア ヤスオンの冒険。船を待って。パラレルファクター。

船を待って。ヤスオンの冒険。

雨が降っている。雨は、天から降ってくる。

ポチャン。ポチャンと、ゆかちゃんは、口をぽかんと開けて、宿屋の屋根から、したたたる雨の粒を見ていた。

ゆかちゃんは、可愛らしい声で、「なんだか。ヤスオンみたい。いつも、泣いてるもんね。」と、いった。

すると、ヤスオンは、「そうかい。僕は、いつも、泣いているかい。」と、聞いた。

ゆかちゃんは、「ウン。ヤスオン。人きりだっていったけど。いつも、戦いが終わったとき、泣いてるヨね。」と、笑った。

ヤスオンは、ゆかちゃんが笑うと、「おい。ウッサ。大人を笑うもんじゃない。君にも、いつか、この気持ちがわかるから。」と、小さな声で、いった。

ヤスオンが、ウッサ。と、いうと、ゆかちゃんは、ウッサじゃないもん。ウッサだけど。

ゆかは、ゆかちゃんだもん。」と、言った。

すると、ヤスオンは、「そうかい。僕は、ウッサの方がいいと思うよ。だって、うさぎみたいでかわいいじゃないか。嫌いかい。うさぎと、言った。

すると、ゆかちゃんは、「おかーさんがね。つけてくれたんだ。ゆかって、名前。だから、私は、ゆかちゃんなノ。」と、いった。

その時、嬉しそうにゆかちゃんはいったが、ピンク色の目をキラキラさせて、悲しそうにした。

ヤスオンは、それを見て、「ゆかちゃん。君とあっとき、君は、奴らに追われていたね。

そうか、そうだったのか。」と、優しくゆかちゃんの頭をなでた。

ゆかちゃんは、「おかーさんも、おとーさんも、弟も、「お前の目玉は金になるって、殺されちゃったンだよー。」と、泣いた。

この子は、サータニアの娘子である。

サータニアの目は、この国の裏の市場で、高値で取引される。

ヤスオンは、この子は、自分と同じだと、思った。

なぜならば、自分も、アルビダという血の色がきれいな紫で、これも、また高値で売れる。

だから、この子を見ていると、かつてアスミ姫が、自分の事をたすけてくれたことを思い出した。

人間のアスミ姫。僕に生きる希望を与えてくれたアスミ姫。

そんな彼女の事を思い出すと、力が出てて来た。

彼女もまた、このココアニアの空を見て、雨空を見て、泣いているのだろうか。

僕は、人きりだ。だけど、僕が人を切って、助けられる命があるのなら、喜んで、僕は、切ろうと思った。

そう思うと、涙が出てきた。ヤスオンは、ゆかちゃんをぎゅっと抱きしめた。

ゆかちゃんは、ヤスオンが泣くと、「あー。ヤスオン。ないてる。」と、泣きながら笑った。

ヤスオンは、それに、「君もないてるじゃないか。ウッサ。」と、言った。

ゆかちゃんは、それに、「だから、ゆかちゃんさってば。」と、また笑った。

ヤスオンはそれに、「僕は、ウッサと呼ぶよ。君の事。うさぎみたいでかわいいからね。」と、言った。そして、こういった。「ウッサ。泣きたいときは、泣いても、いいんだぞ。」と、いった。月並みの言葉だが、ゆかちゃんに、精いっぱいの言葉をヤスオンはかけたのだ。

ヤスオンが、そういうと、ゆかちゃんは、「うん。そう。ゆか。泣いてもいいんだ。」と、言った。

ヤスオンは、それに、「うん。いいとも。空だって、今日は泣いているんだから。」と、いった。

ぎゅっと、小さな、ピンクの宝石。温かな宝石を胸に抱きながら。

かつて、姫が、そうしてくれたように。

この日、空も泣いていた。雨が降っていたのだった。

ゆかちゃんもまた、ぎゅっと、ヤスオンを抱いていた。

温かく、大きなその体を。抱いていたのだった。

もうはなすまいとして。

ぎゅうと、している二人。

ヤスオンがいった。もう船が出る時間だ。隣の町へ行こう。姫を助けなくちゃ。と、いった。

ゆかちゃんは、もっと、こうしていたいよと思ったが、旅に出るよ。と言われて、

「ウーン。わかった。」と、言った。

その瞳は、ナミダで、光って、ピンク色がよく分かった。

彼女の目は、黒く、それがいい背景となって、美しかった。

それを見て、ヤスオンは、「愛おしいな。守りたいな。」と思った。