nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

いちにのきゅうちゃん パラレルファクター

ねえ、ねえ、テレビって知ってる?

最近、あるよね。今までは、舞台とか、寄席とか、行かないと、歌とか、ショーとか、見れなかったけど、最近は、テレビっていうものが出てきて、寄席とか、舞台とか、芝居小屋に行かなくても、歌やダンス、最近だと、相撲や野球なんかも、このテレビってのをつければ、野球場へ行かなくても、相撲場、国技館なんかに行かなくても、野球や相撲が見られるんだよ。

すごいよね。アメリカでは、これが一般的なんだって、アメリカ、僕は、行ったことないけど、よく、レコードを聴いてるよ。トランペットに、洋楽、それから、ジャズに、サウンドオブミュージック、僕ね。よく聴いてるんだよ。

兄さんと、姉さんと、一緒によく聴いてたよ。

アメリカ、夢がいっぱい、ある国だと思うよ、

アメリカには、自由がたくさんあるんだ。

きっと、あー、でも、そんなこともないか。?

アメリカにも、会社は、あるし、仕事もあるし、疲れたお父さん型がいるもんなあ。

だけど、僕は、歌があるところには、どこにだって自由があると思うよ、

歌を歌うと、気持ちがいいよね。世界も、広がると思う。

ということは、このワコクにも、自由があるのかな?歌は、ワコクにも、あるんだから。

そうそう、今日、街を歩いていたら、おい、君、歌うってみな。って、言われたんだ。

変な人だなと思ったけど、その人は、キスビット人で外国の人だと思った。

歌ねえ、外で歌うもんじゃないと思ったけど、その人に頼まれて、一節、歌ったの。

明日があるさ。っての。僕のオリジナルの歌ね。

これね。恋の歌。僕の恋の歌。

これね。歌ったのね。一節ね。そしたら、君、うまいね。歌。よし、君、クレージーと、一緒に歌ってみる。?君、テレビって、興味ある。?名前、なんての?って、言われた。

僕は、いきなり、そんなこと、言われたので、

なんのこと。?って、思った。?

いきなり、テレビに出ませんか。なんて、話半分でも、おかしいと思った。

けれど、その人は、君の才能は、素晴らしい。

なまえなんてんの?あんたの名前だよ。

と、キスビットの人にしては、流暢なワコク語で話した。

僕は、あっけにとられて、坂本です。九です

僕、九っていいます。って言ったら、あら、あんた、ナインって言うの。ナインは、そうだな。こっちの言葉だと、九ね。あんた、変わってるよ。九ちゃんね。あんた。坂本っての。

へー。面白いね。まあ、いいや。きゅうちゃんね。明日から、テレビ出てもらうから。

もちろん、歌の練習も、演技の練習、あー演技は、まだ見てねえなあ。まあ、なんだな。

よろしく。きゅうちゃん。後で、家に書類、送るからさ。なあに、嘘じゃねえって、知ってるか?キスビット人と、インド人はな。嘘つかねえんだぜ。って言った。

僕は、目を丸くして、はあ。とか、ほお。とか、しか言えなかった。

僕が、そう言ってると、じゃあわ頼んだよ。

俺、こっちきて、半年、やっと、スターの卵に、巡り会えた。また、頼むよ。きゅうちゃん。と、言って、どっかへ消えた。

消えるときは、忍者のように変えた。

知ってるよ。外国人の人は、呪詛やら、忍術やら魔法やらを本当に使うんだって、へえ。本当にあったんだなあ。なんて、思っていた、

そのとき、僕は、外国の人が、呪詛やら、忍術やら、魔法やらを使ってんなら、ワコク人、ヤマト男児の僕には、何を使えるんだろう。って、思った。

そう考えたとき、僕には、歌の力があるのかな?って、思った。

そう思うと、突然、テレビに出て見ない。?って、言われて、びっくりしたけど、僕は、なんだが、やる気になった。

それに、僕の家は、昔、昔、お侍の時代から、続く、料亭で、僕の母さんなんかは、よく、お座敷で歌っていた。小唄なんかも歌った。

夜には、ドンチャンだ。カンチャンだ。音がして、楽しかった。だから、僕は、このとき、嬉しくて、仕方なかった。

僕も、母さんみたいに、舞台に立てるんだ。

あの、ドンチャンだ。カンチャンだ。のあの賑やかな場所に、立てるんだと思うと、僕は、嬉しくて。

そう思うと、僕は、歌を歌いたくなった。

そしたら、また僕のオリジナルの歌、

上を向いて歩こうを歌った。

幸せは、雲の上に、幸せは、空の上に。と、歌った。

そう思うと、さっきの、テレビに出ないって言われたことは、本当に、適当な文句じゃなくて、本当のことなんだと言う気持ちになった。

それは、なんと、的中した。

家に帰ると、兄さんが、おい。九ちゃんよ。

お前に、書類が来てるぞ。と、言った。

僕は、喜んで、それを開けて見た。

そこには、ヨアケヤレコードプロダクション

契約書類。と、書いてあった。

さっきの外国人さんの言ったことは、嘘じゃなかったんだ。

僕は、それを見たときそう思った。

その書類には、厳かに、坂本 九様と、書いてあった。