nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

買い物は、楽しいなあ。って思いました。 パラレルファクター

今日、私は、お父さんと、お出かけをしました。

私は、お父さんと、お出かけをするのが好きです。

お父さんは、お仕事で帰ってくるのが。遅いので、お父さんがお仕事をお休みな日は、時々、お出かけをします。

今日は、車で、家の近くのコンビニに行ってきました。

コンビニには、お弁当やサンドウィッチ、コーヒーにお茶に、紅茶、なんでも、ありました。

私は、それを見て、うわー、たくさん、なんでも、あるなあ。って、お父さんに、たくさん、なんでも、あるよ。お父さん。と言って、喜びました。

私が、喜んでいると、お父さんは、「そうだよ。アスミ。なんでも、あるよ。」と言って、笑いました。

私は、何を買おうかな?と思いました。

私は、この時、いろんなものが、たくさんあるんだから、ケーキやアイスも、たくさんあるかな。と思って、お父さんに「ねえ、お父さん。ケーキやアイスもあるかな。私、探してみるよ。」って、ケーキやアイスを探してみました。

そしたら、最初にケーキが、見つかりました。

いちごのショートケーキは、棚の中で、お店の明かりに照らされて、白く輝いていました。

私は、その時、綺麗だな。って、思って、喜んでいました。

いちごも、赤く、元気いっぱいに、ショートケーキにのっていました。

そのほかに、チョコレートのケーキも、ありました。

チョコレートのケーキも、綺麗に、輝いていました。

チョコレートのケーキには、たくさんチョコレートが、使われていました。

チョコレートケーキも、お店の明かりに照らされて、輝いていました。

フルーツのケーキもありました。フルーツのケーキには、キウイと、パインがホイップクリームの上に可愛く、のっていました。フルーツのケーキもお店の明かりに照らされてキラキラしていました。

それを見て、凄い、キラキラしている。って、喜んで見ていました。

ショートケーキも、チョコレートケーキも、フルーツのケーキもキラキラしていました。

キラキラしているショートケーキ、チョコレートケーキを、フルーツのケーキを見ていると

とっても楽しくなりました。楽しくなるとアイスもあるのかな。って思って、

今度はアイスを探してみました。

アイスも、ありました。

アイスも、たくさんありました。

 

私は、アイスが入っているケースの上から、

ケースの中を覗き込んで、みました。

すると、バニラアイスも、ソフトクリームのアイスも、チョコレートも、ソーダのアイスもありました。それから、なんと、私の好きな抹茶アイスもありました。

私は、それをみて、たくさん、アイスがあるね。って、言って、ふふって、笑って、よかったね。って、思っていました。

すると、お父さんが、後ろからやってきました。

 

お父さんは、コーヒーと、サンドウィッチの入った籠をもっていました。

私は、それをみて、お父さんは、コーヒーとと、サンドウィッチを買うんだな。と思いました。

私が、お父さんの方を見て、そう思っていると、お父さんが、アスミ。アイスとか、ケーキが、欲しいの?って、いったので、「はい。」と、言いました。

そしたら、お父さんも、私の隣へ来て、一緒に、アイスのケースを見ました。

私は、抹茶アイスがいいと思って、カップの抹茶アイスを取り出しまして、かごに入れました。

お父さんは、寒いから、いいよ。って言いました。その時、私は、残念だな。って、思ったけど、お父さんが、私が、抹茶アイスを選んでかごに入れる時に「アスミは、やっぱり。抹茶か。アスミちゃん。好きだもんね、」って、いって、笑ったので、私も嬉しくなって、「そうですよ、」って、いって、笑いました。

 

私は、楽しくなって、さっきのケーキの棚の所に、もどりました。

ケーキも買おう。って思ったからです。

 

そこに、戻ると、私は、ショートケーキをかごにいれました。

お父さんは、チョコレートケーキをかごに入れました。

 

お父さんが、チョコレートケーキをかごに入れたとき、とてもうれしかったです。

嬉しくなった私は、お父さんに「お父さん。ありがとうございます。」って、お礼をいました。

私が、そういうと、「アスミ。良かったね。家に帰ったら、ケーキを食べようね。って、言いました。

その時、お父さんは、ニコッと笑っていました。

お父さんの笑顔をみていると、お母さんの事を想い出しました。

お母さんは、今日、編み物教室にいっていて、いなかったけど、お母さんにも、ケーキを買おうって思いました。どうしてかっていうと、お母さんの分買っていったらお母さんも、嬉しいよね。って、思ったからです。

 

お母さんの分は、フルーツケーキにしました。

私はこの時、お母さんも、きっと、喜んでくれるよね。って、思って、かごの中に、フルーツのケーキを入れました。

 

私とお父さんは、買った物を、レジで、お金を払って、車で、家に帰りました。

車の中で、さっき、勝ったカップの抹茶アイスを、食べました。

 

とっても、おいしかったです。私は、抹茶アイスを食べながら、「今日のおでかけ。なんだか、たのしかったな。お父さん、また行こうね。」って、思って、喜んでいるのでした。