nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

トットテレビ

明日は、僕の楽しみにしているトットテレビが放送される日です。

明日は、どのような話になるのでしょうね^^

楽しみです。

この物語はテレビが始まったばかりの頃のお話。

少し不思議な女の人が、テレビという世界で頑張っていく物語。

 

昔のテレビは、ドラマから何から何まで生放送でした。

テレビドラマも生だなんて凄いことですね。昔は生だったなんて。

台詞を俳優さんが間違えたりしたらどうなるんだろう?台詞を俳優さんがかんだりしたら?

「おまぅぇが、犯人だったんだんだな。」

 

「そうだ。俺が犯人だ、あいつを殺したのはこの俺だ・・・・、あいつは、えーと。うーんと、今日は天気がいいね。探偵さん。」

 

「そうだね。天気がいいね。そんなことより、お前が犯人なのか。」

 

「そうだ、そうだともさ。おるぇは。犯人づぁ。」

その時、ドアを開けて、美智子がやってきた。美智子はトラノスケが犯人だと知り号泣していた。

「そんな、ひどいわ。トラノスケさん。私をだましていたのね。嘘だと言って、嘘だといってよ。」(あれっ。今日はうまく泣けないわ。涙が出ない。)

「そうだよ。みっちゃん。俺が犯人だ。もうあのころの優しいトラノスケはいないんだよ。」トラノスケの目には、あのころの優しいトラノスケは、住んでいなかった。今その目に住んでいるのは、鬼だった。鬼の住んでいる目を涙を貯めた?、美智子の優しい目がとらえた。その目は、だんだん、美智子の方へ迫ってきた。その手にナイフを持って、鬼が迫ってきた。「美智子ーー。」

「いやーー。」

鬼は、怖い顔でせまってくる。美女のもとへ。白い肌の。元へ。少し転んで、やってくる

「いてぇ。」

 

 

なんて、事があったのかな?テレビが始まったころは。^^

生放送のテレビドラマ作りは大変だなと思いました。

トットテレビ。

楽しみ。