読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

あいさんさん パラレルファクター

アスミちゃんも あいさんさん

皆さんは、あいさんさんという歌を知っていますか?

この歌の事は、私は、知らなかったですが、初めて聞いたとき、とても良い歌だなと思いました。

人は、弱くて、悲しい生き物の時もあるかもしれません。でも、それでも、私は私なのです。

嫌な事もつらいことも、私、うれしいことも楽しいことも私。愛って、あったかい物だなと思います。

 

 

 

町田君  嬉しかった^^ パラレルファクター、良いと思います

褒められるのって嬉しいです。

僕は、趣味で、お話を、作るのが好きだった。

僕は、書くことがとても好きなんだ。

僕は、昔、趣味で色々な話を作った、SF、西部劇、チャンバラ、時代物、などたくさん。

でも、自分の作ったものを見せるのはとても恥ずかしいので嫌だった、

だから、いつも話を作っても、人に見せないようにしてきた。

でも、僕の心の中には、自分が作ったお話を少しだけ、他の方に見せたいという気持ちが、心のどこかにはあった。

そんな気持ちを持ちながら、迷っていたとき、僕は、パラレルファクターと出会った。

パラレルファクターは、自分の好きな世界を作ったり、自分の好きな物語を作ったりする企画で、とても面白そうだった。

パラレルファクターがとても面白そうだと思った僕は、町田君が出てくる物語を作って、パラレルファクターの企画に応募してみた。

応募したとき、僕は、「応募したぞ。」と嬉しい気持ちで一杯だったのだが、時間がたつにつれ、やめておけばよかったなあという気持ちが出てきてしまった。

そんな時、僕のお話を、読んでくれた他の参加者の方が、「あなたのお話は、とても良いと思います。読んでいて癒されますという、お言葉を僕にかけてくださりました。

その言葉を聞いて、僕はとてもうれしい気持ちでいっぱいになりました。

その時、僕の心は、とてもうれしい気持ちになりました。

その時、僕はとてもうれしい気持ちになりました。

僕の事、褒めてくれて、ありがとうございます。

僕は、この心を忘れません。僕はとてもうれしかったです。

 

愛燦燦 町田くん パラレルファクター

今日も明日も頑張る

あしたもあさってもずうっとずうっと。

悲しい事、辛い事、たくさんある。

けれども諦めてはならない。それだけ楽しい事、幸せなこともたくさんある。

風燦々とこの身に荒れて思い通りにならない夢を無くしたりして、ひとはか弱いか弱いものですね。それでも未来たちは優しく人待ち顔して微笑む。人生って嬉しいものですね

愛燦燦とこの身に降って心ひそかな嬉し涙を流したりして、ひとは可愛い、可愛いものですね。ああ、未来たちは人待ち顔して微笑む

人生って嬉しいものですね。

 

ぼくは、美空ひばりさんの愛燦燦が好きです。

愛燦燦の歌は、とても良い歌だと思います。それはなぜかというと、

過ぎ去ったものは取り返すことはできない、けれども、それはどこかでつながっている。

過去、現在、未来は、違うものではなく、同一のものだから、今を精一杯、生きることが大事なんだということを歌っているからです。

ぼくは今まで、人に自分の作ったお話を見せたりするのは、恥ずかいのでとても嫌でした。

でも、この企画に参加して、 勇気を出して、ぼくのお話を他の方にも見てもらったら、ぼくのお話を見た他の方が町田くんの話はとても面白い、読んでいていやされるといってくださいました。

ぼくは、癒される、面白いといってくれた他の方の感想を読んで、とても心があったかくなりました。

ぼくは、人に思いを伝えるのって楽しいなと思いました。

このパラレルファクターは、色々な方が参加されていて、とても面白いです。

パラレルファクターのサイトに行ってパラレルファクターの世界地図を見てみると日に日に、みんなの考えた国が、世界が増えています。

ぼくはそれを見て、お友達が増えたと思ってとても嬉しい気持ちになります。

ぼくは、パラレルファクターの世界地図を見ていつも、人の数だけ世界があるんだな。みんな、それぞれの思いがあるんだなと思います。

ぼくはパラレルファクターはとても面白い企画なのでこれからも参加していきたいです。

愛燦燦とこのみに降って、心ひそかな嬉し涙を流したりして。

ありがとうございます。みなさん、ぼくはとても嬉しいです。人生って嬉しいものですね。

パラレルファクター、楽しいです

僕もキスビットの冒険に参加したいです パラレルファクター

坂津佳奈さん、ねずじょうじです。

僕もキスビットの冒険に参加したいので

僕の作った町田くんとアスミちゃんもキスビットの冒険に登場させてください。

よろしくお願いします。

春眠暁を覚えず パラレルファクター 春って眠くなります。

もうすぐ春ですねって、ジェームズ先生とお話、しました。

そしたら、「そうだね。もうすぐ春だね。」とジェームズ先生が言いました。

ジェームズ先生は、私の音楽の先生で、いつもコンサートの時は、私と一緒にいろんなところに行っています。

私は、ジェームズ先生に、「私、春が好きなんですよ。春は、あったかくてふわふわしているから。」ロ言いました。私がそういうと「春は、ふわふわか。雲みたいだね。」と言いました。そしたら私は、笑って「そうだよ。春は、ふわふわなんだ。あったかくて、いつまでも寝ていたくなるんだ。っていいました。

私がそういうと、先生も笑って、「そうだね。春はいつまでも寝ていたくなるよね。この国には、春眠暁を覚えずということわざがあるくらいだから。きっと、昔から、皆、春は、ずっと、寝ていたくなってしまうんだろうね。」

と言いました。

それを聞いて、私は、えー。昔の人も眠くなるのかと思って昔の人も眠くなるって面白いと思って「昔の人も眠いのかぁと思って笑いました。すると、

ジェームズ先生は、私が笑っているのを見て、「アスミちゃんの笑顔って、素敵だね。」と言いました。

私はそれを聞いたとき、とてもうれしい気持ちになって、もっと、笑いました。そして、ジェームズ先生に私は

町田くんは、どうかな、春は、町田くんも眠いかなと聞きました。

すると、ジェームズ先生は。「きっと、町田くんも眠いだろう。町田くん、今、いねむりしてるかもよ。アスミちゃん、起こしてあげないと。」と言いました。

私は、そのジェームズ先生のお話を聞いて、とても楽しい気持ちになって、もっと笑いました。

私は、その時、居眠りしている町田くんを想像しました。

町田君は、気持ちよさそうに眼鏡をしたまま寝ていました。

寝ている町田くんを想像していると私も眠くなってきて、「春って眠くなるんだな。春っていいなあ。」と思いました。

 

 

 

 

ダンシングクラブ おいしそうです。^^

僕は、今日、明恵さんのブログを読んでいました。

明恵さんは、東京旅行でダンシングクラブという手づかみで、エビやカニを使った料理を食べる店で、僕もその記事を読んでいてその気に書いてある料理を食べたくなりました。

どれもおいしそうだったのですが特に、イチオシ!クラブケーキは、とてもおいしそうでした。僕は、クラブケーキは、ケーキというという名前なので、ケーキかなと思ったのですが、ですよく読んでみるとこの料理は、ケーキではなく、カニの実がぎっしり詰まったカニコロッケでした。

カニコロッケは、とてもおいしそうでした。僕もイチオシ!クラブケーキを食べてみたいです。

それから、カクテルグラスにエビが、入っている写真のエビもおいしそうでした。

ワタリガニのコンボパックもおいしそうだったです。

ワタリガニのコンボパックは、辛い料理で、その辛さは、辛いとマイルドの二つからえらべるそうです。初めて食べる方は、辛口ではなく、マイルドを選んだ方がよいそうです。

僕もワタリガニのコンボパックを食べたいです。

食べもの記事は読んでいて、楽しいです。^^

明恵さんがアイアンマンになっている写真もあって、面白かったです。

 

町田くん、洋楽を聞く パラレルファクター

僕は、洋楽を聞くのが好きで、毎週土曜日のFMかなでやまの洋楽アワーが好きだ。

洋楽アワーを聞いているときは、僕の部屋は外国になる、僕の部屋はワコクにあるが、その時間帯は、アメリカ、イギリスとなるのだ。

ラジオパーソナリティの女の人の声も素敵な声で、所々、英語交じりになる所、英語のような発音になるのが、おしゃれだと思った。

この声の人はどんな顔、なのだろうかと思うと、なんだか不思議な感じがして、僕はフフっとわらった。

音楽を聞くと、楽しい気持ちになれる、洋楽を聞くと、外国に思いをはせることができる、この世界にどれだけの国があり、どれだけの人がいるのか、僕にはわからない。だけれど、僕が知らない国にも人がいて、それは、僕のすんでいる国と同じ空の下にあるのだなと思う。

 

僕は、洋楽アワーを聞いた後、、自分の部屋の窓の外を見て、僕も外国に行ってみたいと思った。

 

窓の外に、かなで山が見えた、かなで山には、雪が積もっていて、空の青さを映し、青く輝いていた。かなで山は今日も僕を見守ってくれているような気がした。