読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

ビックバンセオリーのお話 パラレルファクター

僕は、星を見るために、望遠鏡を取りに行ったシェルドンを待つ間、ペニーとアパートの屋上で話した。

ハワードやラージもここへ後から来るそうだ。

 

ペニーは、赤いドレスを着ていた。彼女のグラマラスな体のラインがよくわかった。

彼女は、とても、豪快な女性だ。でも、可愛い感じの、そうだな。ハワードの奥さんのバーナデットとは、違う感じだ。彼女は、科学の事も、僕の研究しているレーザーやミサイルの事も知らない、だけど、彼女には、僕が持っていない強さと、明るさを持っているんだ。

シェルドンが昔、人は、自分の持っていないものを持っている人に惹かれるって、言っていたけど、僕も、そうかもしれないな。

僕が、そんなことを思っていると、ペニーが、「見て綺麗な、星空。」と明るい声で言った。

僕は、その声に、「そうだね。星空ってこんなにきれいだったんだね。本当にきれいだ。」と優しくいった。

その星空は、とても綺麗だった。どの星も、ピカリ、ピカリと白く優しく光っていた

 

こんな僕が、こんなにかわいい女の子と話してるよ。僕が、高校のときは、チェスクラブに入っていて、友達もいなかった。僕が、こんなに可愛い女の子と話しているなんて、絶対にないことだ。絶対に。でも、今、それが僕のメガネの向こうにしっかりとある。僕は、そう思うとなんだか、涙が出てきた。

それを見てペニーが「あなた、何、泣いてるの?と聞いてきた。今度は、心配したような、声だった。僕は、「昔の事を思い出していたんだよ。友達もチェスクラブのメンバーくらいしかいなかったこの僕が、今では、君という、素敵な人と一緒にいて、こんなにきれいな星空を見ている。そう思うと少し、涙がね。」と、涙声で言った。僕が涙声になるときは、大抵、いじめられた時だった。僕が涙声になる時は悪いことがあったときなんだ。

でも、今日の涙声は、違った。これは、うれし涙で、良いことで涙声になっているんだ。

 

「泣くことはないわ、何も。」嬉し涙で、涙声になっている僕の方に手をおいて、僕の顔をきちんと見て、ペニーはそういった。

僕は、それが嬉しくてまた泣いたんだ。

 

シェルドン、遅いな。皆も。何、やっているんだろう。まだ来ないのかな。

早く来い、いや、もうしばらく来ないでほしい。もう誰も来ないでほしい。もうだれも来なきゃいいのに。

 

不思議なものだ。友達もあまり多くない方だった。この僕が、たくさんの友達が来るのをまっているなんて、この大学に来て本当に良かったよ。

特に、シェルドン。君には感謝するよ。最初は、不思議な奴だと思っていたけれど、もう、君は、僕の最高の友達だ。君が部屋を貸してくれたから、僕は、一人じゃなくなったんだ。

君は、不思議な力を持っているよ。人と人を引き寄せる不思議な力を。

僕は、そう思いながら、ペニーと屋上の星空を見た。

本当に綺麗な星だった。一つ、一つの星がカリフォルニアの夜景に負けまいと懸命に光っていた。その星々は、まるで、僕らの様だった。日々、科学の発展のために、自分に負けまいと、自分と戦っている僕らのようだった。

そんな星空を見ながら、僕は、シェルドンを待っていた。

春のキャンプの思い出 パラレルファクター

今日、私は、町田君と町山さんと又吉さんと一緒にかなで山のキャンプ場へキャンプに行きました。
私は、キャンプでカレーライスを作るときに何か甘いものも一緒に作ろうと思って、家からフルーツミックスの缶詰を缶切りと一緒に持っていきました。

お父さんが「缶切りは危ないから気をつけてね。アスミちゃんと言ったので、私はお父さんに、はい、わかりました。気を付けますと元気にいいました。


キャンプ場は、自然がいっぱいで、風が心地よかったです。キャンプ場へ行くと、町田くんがいたので、とてもうれしくなって、プーランク即興曲 第5番 が響きました。
私が、町田くん、久しぶりだねって言うと町田君は、少し恥ずかしそうに、「アスミちゃん、こんにちは。」と言いました。


私は、そんな町田君を見て、町田君は恥ずかしがり屋さんだな。と思いました。
町山さんもアスミさん、こんにちは。今日は天気がいいですね。私もお招きいただきありがとうございます。」と言いました。私は町山さんの顔を見たとき、以前、私の事を取材してくださった方だと思って
町山さん、以前、私を取材してくださり、ありがとうございました。。アスミです。」と町山さんにご挨拶をしました。


すると、町山さんは、にこっと、笑って、あの取材は、とても楽しかったです。また取材させてくださいね。と言いました。


又吉さんも、私が町山さんにあいさつした後に私に「又吉です。あの・・僕の事、覚えてますか。キングコングが盆踊りを踊ったときに一度お会いしましたよね。といいました。


それを聞いて私は、あの時の町田くんに手を挙げて合図していた町田君のお友だちだ。と思って、「町田くんのお友だちですね。私、アスミです。よろしくお願いしますといいました。


又吉さんは、「こちらこそ、アスミちゃん。よろしくお願いします。又吉ですと言いました。
その後、町田君と町山さんと又吉さんが力を合わせて、テントを張っていました。汗びっじょりになって、二人についていく。町田くんを見て私は町田くん、頑張ってって思いました。それから、私もやってみたいなって思いました。


テントを張るのは楽しかったです。みんなで、力を合わせて何かをするのはすてきな事で、とっても楽しいことだなって思いました。


その後、私と町田君と町山さんと又吉さんは、かなで山のキャンプ場の近くの散歩コースを散歩しました。春の風が気持ちよくて、とても良い気持ちになりました。そして、私はうれしくなって
「春が来た。春が来たどこに来た。山に来た。里に来た野にも来た。と春が来たを歌いました。私が歌うと町田くんや町山さん、又吉さんも一緒に歌ってくれました。


空には白い雲がゆったりと流れていました。散歩コースにはたくさん桜が桜咲いていました。それを見て桜も春が来てうれしいんだなと思ってうれしくなりました。


そして次もみんなで、さくら、さくら、弥生の空は歌を歌いました。


私は、1人で歌うは楽しいけど、皆で歌うともっと楽しくなるんだなと思いました。
散歩から帰ると、もう夕方でした。夕焼けはオレンジ色の光で私たちを照らしてくれました。私はその夕焼けを見ていると、なんだか寂しくなりました、その時、遠き山に日は落ちてが響きました。


でも、なんだか大事な事、楽しいことがあったような気がするなあと思って、思い出すと楽しい気持ちになりました。夜になったら、カレーライスを作ったり、フルーツポンチを作ったりするんだったと思ってうれしい気持ちになりました。


カレー作りや、フルーツポンチを作るのは楽しかったです。カレー作りでは、町田くんが玉ねぎを切るとき、涙を流していました。

私はそれを見て、あれ、町田くん、泣いてるな、どうしたのかなって心配になりましたが町山さんが、「心配することないですよ。玉ねぎを切ると、涙が出るんですね。」と教えてくださいました。又吉さんはジャガイモやニンジンを切っていました。私は、鍋のカレーを混ぜる係でした。


最初はなんだか、お味噌汁みたいだなって、思いましたが、固形のルーを入れるとカレーになったので、魔法みたいで凄いと思って、「みんな、凄いですね。カレーになりました。よかったね。」と言って喜びました。


その時町田君も、カレーづくりって楽しいねって笑っていました。
カレー作りも楽しかったのですが、フルーツポンチを作ることはもっと楽しかったです。
私はその時、家から持ってきたフルーツミックスを缶切りで開けたり、バナナをきったりしました。缶切りで缶を開けるのは少し怖かったで す。
でも。町田くんがいたので、とても安心しました、町田君といるととても安心します。私はいつも、遠い所にいても、町田君と一緒に居られるように小さい時に町田くんからもらったボールペンを持ち歩いています。


缶切りで缶を開けることはお父さんの言った通り、少し怖かったですが、缶を開けると、おいしそうなさくらんぼやミカンやパイナップルが入っていました。それを見て私は宝石みたいだねって思いました。


その後、サイダーのふたを開けたりシュワっとなって楽しかったです。

何もはいっていない水なのに蓋を開けるとシュワっとするって不思議だなって思いました。

その後、私は町田君と町山さんと又吉さんと一緒にカレーライスを食べました。

お鍋で炊いたご飯はあったかくておいしかったです。ご飯は白くてホカホカでした。

そこにさっき作ったカレーをかけて食べました。

 

私と町田君は、普通もり、町山さんは大盛り、又吉さんはこもりでした。

私が普通盛りだったのは後でフルーツポンチを食べるとき食べられなくなったらいけないって思ったからです。その後、もちろん、待ちに待った、フルーツポンチを食べました。

器の中のフルーツポンチは、とても美味しそうでした。炭酸がしゅわシュワとしていていました。

さっき私が切ったバナナや開けるとき少し怖かった缶詰めのさくらんぼやミカンやパイナップルも入っていました。果物たちは宝石みたいに綺麗でうれしくなりました。

 

味も甘くて、よかったです。私はこのフルーツポンチを食べながら、南の島に思いを馳せました。この間のゴリラさんは毎日、こんなおいしいフルーツを食べることができるのかなと思いました。

私が、フルーツポンチを食べて喜んでいると町田くんが自分の分のフルーツポンチを分けてくれました。さっきのフルーツポンチも美味しかったですが、町田君の分けてくれたフルーツポンチはもっとおいしかったです。

 

今日は、町田君とキャンプに行って楽しかったです。キャンプっていいね、またいきたいね。

自然の中は楽しいので、良いなあって思います。

お花見キャンプ  パラレルファクター

ぼくは、かなで山町のキャンプ場へキャンプへ行った

そのキャンプにはアスミちゃんも町山さんも又吉さんも参加していた。

キャンプでぼくは、カレーとフルーツポンチをみんなで作った。料理をすることは大変なことだとわかった。けれど、何かを成し遂げるのは、良いことだなと思った。カレーやフルーツポンチを作ったりしている時、アスミちゃんや町山さんや又吉さんも手伝ってくれた。ぼくはそれを見て、一人でできないこともみんなでやればできる。みんなで何か一つのことをやるのは楽しいことだなと思った。

アスミちゃんは、バナナを包丁で切ったり、家から持ってきたフルーツの缶詰を缶切りで開けたり、炭酸水を入れたりしている時、フルーツポンチ、美味しいの、できればいいね。と言って笑っていた。

 炭酸水ののペットボトルを開けると、炭酸がシュワっとしたので、アスミちゃんはそれが面白いと言って笑っていた。町山さんは、そんなアスミちゃんを見てアスミちゃんは純粋ですねと言っていた。

みんなでカレーや、フルーツポンチを作るのはたのしかった。鍋でご飯を炊いたりして楽しかった。ぼくは、鍋でもご飯が炊けるのだと思ってなんだか、嬉しくなった。

そして、自然の中で、自分の知らないことに出会うのは楽しいことだと思った。

カレーを食べる時、アスミちゃんは、カレーは、いい匂いがするね。美味しい匂いがするね、町田くんと言って喜んでいた。

みんなで作ったカレーを食べているとご飯も温かくて、ぼくの心もあったかくなるようなそんな気がした。アスミちゃんは、カレーを食べた後、自分の分のフルーツポンチを食べていた。

ぼくがキャンプでフルーツポンチを食べている時にニコッと笑ってまだ食べたそうにアスミちゃんが、美味しそうだなと言ってぼくの方を見ていたから、分けてあげるとアスミちゃんもきっとうれしいだろうと思ってぼくは、しているアスミちゃんに、アスミちゃんにも分けてあげるよと言って、分けてあげた。

ぼくがそういうとアスミちゃんは嬉しそうに、町田くん、ありがとうね。と言って、フルーツポンチを美味しそうに食べていた。僕のは半分だけになってしまったけれど、アスミちゃんの笑顔を見て心の中があったかくなった

フルーツポンチをおいしそうに食べるアスミちゃんを見てアスミちゃんはフルーツポンチが好きなのだなと思った。

 

ぼくは、その時のアスミちゃんの顔を見て、今日もニコニコしているな。可愛いなと思った。

そして、みんなでどこかに行くのは楽しいなと思った。

町山さんも又吉さんも美味しそうにカレーとフルーツポンチを食べていた。そして町山さんと又吉さん「は自然の中で食べるのは、ちがいますね。」、「なんか、春やからお花見みたいですね。」と言っていた。

そんな僕たちを、空から、たくさんの星たちがが見ていた。星たちは皆それぞれキラキラと光っていた。

アスミちゃんは、外で食べるって楽しいことだね。楽しいね、町田くんと言って喜んでいた。

ぼくもそう思った。

このとき僕はみんなと過ごすのが、みんなと食べたカレーとフルーツポンチが美味しくて、楽しくて美味しくて仕方がなかった。

そしてぼくはこのことを忘れないと思った。

 

 

のだあすかさん頑張ってください。^^その2

野田あすかさんのオリジナル曲、ココロののふるさとが宮崎県の情報番組のエンディングテーマになったそうです。

 

僕は自分の作ったものがテレビに流れるって素敵な事だと思います。

 

僕はとてもうれしいです。

僕はこの事を読んだとき、とてもうれしかったです。

 野田あすかさん,頑張ってください。

 

野田あすかさん、頑張ってください。^^

僕は今日、のだあすかさんのブログに行ってきました。

すると、今度、4月30日に大阪のいずみホールで、初めてのピアノコンサートを行うそうです。

第一部はクラシック音楽で、第二部は自作曲だそうです、ぼくも野田あすかさんの曲を聴きたいです。どんな自作曲なのかな、新曲だったらいいですね

野田あすかさんのの曲は素晴らしいです。

のだあすかさん、頑張ってください。

僕は、野田あすかさんの事を応援しています。

野田あすかさん、頑張ってください。^^

僕は、今日は、のだあすかさんのブログを読んだのでとてもうれしいです。

 

 

お風呂はいいね  パラレルファクター

www.kana-ri.comこのお話は坂津さんの↑↑の記事の関連作品です。

お風呂はいいね。今日私は、エウスオーファンさんの御屋敷の大きいお風呂に皆で入りました。

大きなお風呂は、ゆったりとはいることができるので、私は、とても好きです。

お風呂に入っていると、とてもあったかい気持ちになって、気持ちがいいなあって思いました。

私は、お友達と一緒にお風呂に入った事がなかったので、皆でお風呂に入るのはとても楽しかったです。

 

私がお風呂に入っている時、皆も一緒にお風呂に入っているのを見て、皆お友達だなと思いました。

ついこの前まで、お互いがお互いの事を知らなかったのに今では、すっかり、皆仲良しです。

私はみんな、仲良しなんだなと思うと嬉しくなって、「お風呂はいいね。皆。良かったね。」と言いました。

そしたら、メリッサさんが、そうですね、アスミさんと言ってくれました。

メリッサさんは、元気いっぱいで、とても楽しい人だなって思います。だから、メリッサさんと一緒にいると私は楽しくなります。楽しくなったらまた笑いました。

私がお風呂っていいね。って笑っていると、ルビネルさんが、そうね。皆でお風呂に入ることはいいことね。って言ってくれました。

私は、ルビネルさんって、私よりもお姉さんみたいで凄いなって思います。私は楽しくなるとすぐ笑ってしまったり、たのしいね。ってニコニコしてしまうけれど、ルビネルさんは、大人の魅力たっぷりで、かっこいいなって思います。

ジェームズ先生やお父さんも私には、ルビネルさんみたいな女の人になってほしいのかなっておもいます。

ルビネルさんは、私が町田君と船にいたとき、ずっと、かわいいねって言ってくれました。可愛いねって言われるとやっぱり、嬉しいです。ルビネルさん、ありがとうございます。

嬉しいというとカミューネちゃんが、紫電さんに声をかけて、紫電さんをお誘いして、紫電さんも、一緒にお風呂に入ったことは、とてもうれしかったです。

カミューネちゃんは鬼に酷い目に遭ったので、、鬼が苦手な子で、怖いよ、怖いよ。と小さくなっていました。

だけど、カミューネちゃんは勇気を出して紫電さんを誘ったのです。その時私は嬉しくなって、やったね、カミューネちゃん。カミューネちゃんは、やればできる子って信じていたよって、元気な声でいいました。

私はこの時、やっぱり、勇気って、大事なんだなって思いました。勇気っていいことだね。

勇気は、凄い力ですね。凄い力っていうとラミリアさんも凄いです。格闘家の人って初めて見ました。私も強くなりたいな。って思います。

今日は、大きなお風呂にはいって、皆ともお友達になれて、カミューネちゃんも、素晴らしかったので、とっても良かったです。。

そう思うと私はみんなにお風呂は、良いね。皆さん。お友達ですね。って元気にいいました。

私はみんなにそう言っている時、皆これからもよろしくおねがいします。わたしの名前はアスミです。皆、よろしくねって思って、楽しくなって、ふふっと笑いました。

その時、私の頭の中で、ともだちはいいもんだ。がひびきました。そしたら私の心は幸せな気持ちでいっぱいになりました。

長田克樹 (id:nagatakatsuki)さん、メリッサさん、紫電さんをお借りしました。

フールさん(id:TheFool199485)さん、ルビネルさんをお借りしました。

らん (id:yourin_chi)さん、ラミリア・パ・ドゥさんをお借りしました。

坂津さん坂津 佳奈 (id:sakatsu_kana)さん、エウスオーファンさん、カミューネさんをお借りしました。

今日は不思議です。  パラレルファクター

 

www.kana-ri.com

www.kana-ri.com

僕は、アスミちゃんの気持ちを確かめる。

こんな事して、何になるか、わからない。本当は僕は、カウンチュドさんやクォルさんを止めないといけない。なぜなら、アスミちゃんの気持ちを確かめたいと思った。

でも、こんなことをしたらきっとアスミちゃんは、悲しむ。口もきいてくれなくなってしまうかもしれない。けれど、けれど、せっかく、皆で集まったのだ。たまには馬鹿なことをやってみるのもいいかもしれない。こうやって、縁あって集まった皆、たくさん笑って、ふざけるのもいいかもしれない。

今日の僕はいつもと違っていた。いつもの僕ならなら、やめてください。駄目ですよ。僕は遠慮しますという所なのに、なぜだか、今日はそんな言葉は、思い浮かばなかった。

本当は、思い浮かんでいたかもしれない。けれども、今は、その言葉たちを押しのけて、そんな気持ちが出てきてしてしまった。

不思議だな

僕、どうしちゃったのかな、アスミちゃん。

 

アスミちゃんはなんというのだろうか、町山さんと又吉さんが見ていたら、今の僕をなんというのだろうか。チャーリーとシェルドンはなんというのだろうか。

僕は、そんな気持ちを抱えながら、二階へ、カウンチュドさんと、クォルさんと上った。こんなことをして何になるのか、それは僕にもわからない、けれど、今はそれがたのしかった。その時、僕の心に心よ。原始に戻れ。心よ。原始に戻れという言葉が浮かんだ、そして、なぜかその時、サンプラザ中野さんのランナーが僕の頭の中に響いていた。

走る走る、俺たち流れる汗をそのままにと。

こんな事をして何になるかかわらない。けれど、僕たちは、僕は二階を目指す。

 

その時も僕の頭の中に、たとえ、今は小さく、弱い太陽だとしても言葉のない俺たち、ひどくあつかった日の夕立。とランナーが響いていた、でもなんで、このとき僕の頭のなかにこの歌が響いたのだろう。わからない。今日はわからないことがたくさんあって不思議だ。でも、これが気持ちよかった。

 

この記事は、坂津さんのキスビットのお話に関連したお話です

このお話の中で、町田くんが大変なことになっていたので面白かったです。

続きが楽しみです。

坂津さんの心よ。原始に帰れは、面白かったです。

坂津さん、続き、楽しみに待っています。僕は、続きが楽しみです。坂津さんのお話は読んでいて楽しい気持ちになります。