nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

わーい。わーい。わーい。って、喜びました。パラレルファクター

今日、私は、とっても、嬉しいことがありました。なんと、今日は、お父さんのお友達の絵描きさんが、私の顔を描いてくれました。

私は、自分の絵を描いてもらったことが、あんまりなかったので、とっても、嬉しいね。って、思います。鉛筆で、一生懸命に、私の顔を書く、絵描きさんの顔は、とっても、真剣な顔をしていました。

絵描きさんは、素敵だな。って思いました。

だから、私も、絵描きさんが絵を描いている時、真剣に、見ていました。

細い、優しい線が、サラサラって、髪を走って、線は、私の顔の形になっていきました。

絵の中の私は、笑っていました。

私が、「あー。これ、わたしだ。わたしですね。っで、いうと、絵描きさんは、そうよ。って、アスミちゃんよ。」って、言いました。

わたしは、その時、とっても、嬉しくて、

お父さんに、「ねえ、お父さん。わたしね。絵を描いてもらったんだよ。これね。わたしなんだって。」って、言いました。

わたしが、そういうと、お父さんは、「よかったね。アスミ。この絵、かわいいね。」って、いいました。

わたしは、その時、嬉しくなって、ふふって、笑いました。嬉しくなると、わたしの心は、とっても、いい気持ちになります。

わたしが、笑うと、お父さんも、アスミ。よかったね。」って、この絵、いい絵だね。って、笑いました。わたしが、笑うと、絵描きさんも

ふふって、笑いました。顔は、よく、みえないけど、口のところが、よく、笑っていました。

絵描きさんも、笑ってるね。みんな、笑ってるね。って、思いました。

私の顔の絵は、とっても、いい絵でした。

目が、キラキラしてるね。って、思いました。

私の目は、とっても、キラキラなんですね。

知らなかったです。って、思います。

そう思うと、歌を思いつきました。

わたしの目は、キラキラしているんだね。

晴れた日のお日様の光を一生懸命、受けて、キラキラしているんだね。って、思います。

髪の毛も、長くて、サラサラしてます。

とっても、いいね。って、思います。

 

わたしの目は、とっても、いい目です。

キラキラ、いい目です。なにがみえますか?

なにが、見えるのかな?なにを見ているのかな?みんなの笑顔が見えるよ。お父さんの笑顔と、お母さんの笑顔と、町田くんの笑顔と、ジェームズ先生の笑顔が見えるよ。

私の髪は、サラサラして、長いよ。

私の髪は、サラサラして、綺麗に、風になびくよ。風に、髪をなびかせると、とっても、気持ちがいいね。

私の顔は、とっても、いい顔だよ。かわいいね。って、みんな、言ってくれるんだよ。私、その時、とっても、嬉しいです。

私、とっても、とっても、かわいいです。

元気いっぱいです。絵の中の私も、本当の私も、元気いっぱいです。って、歌を思いつきました。今日は、とっても、いい絵を描いてもらいました。

だから、明日も、元気いっぱいです。

明日も、頑張りましょう。って、思います。

お父さんのお友達の絵描きさん、ありがとうございます。私、とっても、嬉しいです。

 

 

僕、宇多丸さん、大好き、モリモリ食べて、明日も、元気、いーっぱい。^^

f:id:nezuzyouzi:20180415004433j:plain

 

ワコクアズナンバーワンのまき。パラレルファクター。

nezuzyouzi.hatenablog.comこのお話は、↑↑のお話の続きです、

ワコクアズナンバーワンのまき。
先週の会合のあと、僕は、国会に出た。移動の車の中で、のぞみさん。こだまさんとあった。

今日は、内山さんじゃないんだ。今日も、きれいだな。今日も、きれいだな。
のぞみさんは、ぼくといっしょにいるときは、怖い顔をしていることが多いんだけど、今日も、きれいだった。

今日は、国会に出るから、いつもよりいいネクタイをしたんだ。国会に、出るのは、緊張する。

なぜならば、ワコク中の国会議員が集まるんだから、今日はね。重要な案件。そう、そいたま県と、奏山県が、連携して、
IT技術の開発特区を、そいたま県とかなでやま県に、建設する事を、国会の国会議員、ひいては、あの内閣総理大臣の目の前で、発表をするんだ。

ねえ、しってたかな。?僕も、知らなかったんだけど、総理は、小さい時、奏山に、住んでいたんだって。

僕、知らなかったよ。国の中枢で、はたらく人は、そいたま県出身の議員さんが、多いイメージがあるから。
そうそう、時々、僕に、無駄遣いは、だめだ。って、注意してくれるツヤマ議員とか、ツヤマ議員は、かっこいいよね。なんでも、ツヤマ議員は、カルマポリスの軍隊、出身で、とっても、強いんだ。顔は、怖いけど、やさしいんだよ。

だけど、春の内閣改造で、文部科学大臣に、なっちゃったからなあ。。残念だ。
なんでかって、内閣にはいってしまったら、僕とは、話す機会がなくなっちゃうんだ。僕も、いつか、内閣に入りたい。

何大臣がいいかな。ああ、国土交通省の大臣がいいなあ。
国土交通省は、国土の都市計画や河川の保全。それに、観光政策。あと、お天気も。
なんだかんだ。難しいけど、楽しそうな、大臣の仕事だよね。

ああ、僕も、内閣に入りたい。
だから、これも、一歩だと思って、衆議院の本会議に参加した。
本会議に参加する前、のぞみさんに、「この間のことなんだけど、内山さんから、聞いてない。?僕、謝りたいんだ。のぞみさんに。」といった。

僕が、そういうと、「議員、なんのことですか。」?と、僕にいった。

本会議前に、変なことは、考えないでください。ということなんだろう。僕は、「なんでも、ない。」と、いった。

僕がそう言うと、こだまさんは、怖い顔をして、「集中してください。議員。」と、怒った。

うひゃあ。やっぱり、オニババだ。怖い。車の中で、資料をもらうときも、怖い顔してたもんなあ。やっぱり、あとで、謝ろう。と思って、本会議に出た、
本会議には、たくさんの議員、僕の所属するワコク清倭党の他にも、野党、僕の政党と連立政権を組む党の議員もいた。

僕は、人間。これは、種の話ね。アルスラーンとか、妖怪の議員さんもなかにいる。諸外国から、みると、少ない。
でも、これから、ダイバーシティ、多様性の世の中で、たくさんの種族が、この国にも、現れると、思う。

僕は、そのへんに、本当に、疎いけど、のぞみちゃんや内田さん、それから、そいたま県連の長谷川先輩が言うんだから、そうだと思う。

まあ、難しいことは、わかんないけどさ。僕は、多様化、ひいては、ワコクの発展に賛成だ。
それも、あって、僕は、そいたま県とかなで山県の連携によるIT技術開発特区を作ることを提案したんだ。
それが、功を奏して、回り回って、こうなったんだけど、つまり、僕のように、僕の意見も旅をしたってこと。

犬は、飼い主に似るっていうけどもさ。意見や政策もそういうところがあるのかな。
僕が、そう思っていると、せんろ議員と、呼ばれた。

ああ、僕、呼ばれたんだな。その時。そう思った。
僕は、ちょっと、緊張したけど、「行くぞ。」と、心の中で念じて、本会議場の真ん中にたった。

僕の目の前には、あの内閣総理大臣、がいる。
僕は、総理の前で、この計画、プロジェクトの事を、発表した。

名付けて、ワコクアズナンバーワン。ワコク振興と、地方創生のためのIT技術開発特区開発計画。について、話した。

発表の中で、僕は、この国は、カルマポリスや欧米に比べるとIT分野が弱いこと。それに、AI、人工知能の開発や、
地域の地方創生などといった問題の解決策となりえること。それに、そいたまには、女子大があり、才色兼備な女性たちが
揃っていることを上げながら説明をした。

僕は、怖かった。総理が怖かった。他の議員のやじが怖かった。だけど、僕は、戦った。

野党のライバルたちは、一生懸命野次を飛ばす。

だけど、僕は、負けなかった。きがつくと、そいたま県連の長谷川先輩もいた。

先輩は、僕と、一緒に戦ってくれたのだ。それから、僕は、ワコクアズナンバーワン。というとき、ちゃんと、
ネイティブ発音をした。これは、昨日の午後から、三時間、みっちりと、オニババ。いや、のぞみちゃんと練習したんだ。
うまく、発音できてよかったよ。

そのかいあってか、発表は、大成功。僕たちの案も、なんとか、ギリギリで、野党のライバルたちの攻撃をかわし、なんとか、
可決された。

僕は、可決されたとき、とても、嬉しかった。ホッとしたよ。ホッとすると、ご飯、オムライスが食べたくなった。

僕は、その中で、「ああ、よかったな。」と、呟いた。

となれば、残るは、アレだけだ。ラーメン事件のことだけ。
僕は、本会議のお昼時間に、国会の食堂で、オムライスを食べながら、のぞみさんに、謝った。

オムライスは、とても、いい黄色の元気な色をして、とても、美味しそうだった。
そこに、赤々とした、美味しそうなケチャップが、かかっていた。

中をわると、鶏肉が、たくさん入った、美味しそうなチキンライスが、かわいいグリーンピースのリボンをして、僕をまっていた。
ちなみに、のぞみさんは、八宝菜。のぞみさんは、チャイニーズフードが好きなんだって。
チャイニーズフードって、中華の事だよね。

僕が、「この前、かなで山ラーメン食べてるときにさ。オニババって言ってごめんなさい。」って、謝ると、
のぞみさんは、「どうしましょうかね。議員、この間、気にしてたでしょ。どうしましょ。」と、いって、笑った。

のぞみさんが、笑うと、僕は、笑わなくっていいでしょ。オニババと、思ったけど、まあ、許してあげましょう。議員。といったので、
僕は、ホッとした。

あー。オーノー。また、オニババって、思っちゃったよ。ああ、いけない。いけない。

僕は、そう思いながら、オムライスを食べた。なんでだろ。とっても、おいしいな。今日は、大仕事したからかな。

僕は、そう思っていた。そう思うと、あー。午後もあったんだった。と思った。そう思うと、力が湧いていた。

そんな僕の顔をのぞみさんが、見ていた。

なんか、こうして、近くで見ると、かわいいなあ。きれいだなあと思った。

 

鬼の居ぬ間に命の洗濯のまき。パラレルファクター…

ここは、かなでやまのとあるホテル。

あの、有名な芸能人も、あの、有名な戦士も、泊まった、利用したという、ホテルだ。

ホテルの部屋からは、どの部屋からも、美しい、かなでやまの自然。美しいかなでやまの山々が、見える。

僕は、このホテルをよく利用する。

このホテルは、お料理が、一種類では無く美味しく、それが、和洋中、なんでも、ござれ、なんだから、ぼくは、嬉しくて、嬉しくて、たまらない。

ぼくは、仕事が、仕事なもんだから、お堅い話は、もう、聞き飽きるくらいに聞く。ぼくも、その間は、顔が硬くなっている。この間も、かなでやま、そいたま、ワコクが今後、発展するためには、清倭党と、しては、どのような政策が、良いかを、話し合った、清倭党というのは、ぼくの所属している党の名前で、おかげさまで、与党なんだけど、これが、また、大変で、まぁ、政治というのは、ぼくが、いうのも、なんだけど、前途多難が、当たり前なんだ。他のライバル政党も、あるしね。今、党として、やっていることは、キスビット国と、友好協定を結び、キスビットと、友好関係を深めること、ゆくゆくは、カルマポリスや、チュリグ国と、言った国とも、友好協定を結ぶ予定だ。

ぼくは、難しいことは、よくわからない。だけど、美味しいものが、この国に、入ってくる。

多様な価値観をもった、人が、この国にも、たくさん入ってくるということは、わかるから、

ぼくは、賛成だ。それから、ワコクでは、かなでやま、隣県では、そいたまを含めて、この政策を、推進していくことで、一致したんだ。

この国は、とても、いい国だ。かなでやまは、

海のもの、お魚、山のもの、キノコや、たけのこ、それから、山菜なんかも、美味しい。

それに、素晴らしい山、かなでやまがある。

隣県のそいたまは、節分が、素晴らしく、出版社や、喫茶店、それから、聡明な女性をたくさん、世に送り出そうと、いうことで、女子大がある。

この女子大は、教授も、学生たちも、みな、かわいい、美しいということで、有名である。

そいたまには、ぼく、せんろにも、ゆかりがあって、清倭党そいたま県連の長谷川議員は、ぼくのことを、かってくださっていて、とても、嬉しく、思っている。以前、長谷川議員は、ぼくにいいか、せんろくん。あんまり、こだまさんのことをオニババというなよ。議員というのは、人と人、人と人は、心と、心で繋がっているんだ。だからね。 言葉は、だいじにせねば、ならん。せんろくん。わかったかな?聡明なせんろくんならば、きっと、わかるはずだ。と、ぼくにいつも、聞かせる。いうことは、わかるんだけど、のぞみちゃんは、怖いんだもの。本当のことだ。だけど、女の人、女性に、いくら、怒られて、オタオタになっていると言っても、オニババというのは、ちょっと、あんまりかな?と、思った。

ぼくは、そいたまの名物のちらし寿司を県連の食堂で、食べながら、はい。先輩。わかりました。大変、ありがたいお話。ありがとうございます。と、言った。

それ以来、ぼくは、こだまさん、のぞみちゃんのことをオニババとは、言っていない。

言ってないよね。あー。いったか?この間。ラーメン事件の時に。

ぼくね。感謝してるんだ。だって、ぼくは、英語わかんないけど、のぞみさんがいたら、たちどころに、わかっちゃうんだ。こだまさんは、アメリカのニューヨークの大学にいっていたから、英語は、ペラペラなんだ。それから、その他の国の言葉も、わかるんだ。だから、感謝しないといけないんだ。こだまさんには。

だから、謝らないといけないな。と思う。

会合の後、お昼の休憩の時間にホテルの食堂で、チョコレートパフェを食べながら、そんなことを思っていた。

でも、今日は、のぞみさんは、おやすみ。

鬼の居ぬ間に、命の洗濯。あー、ダメダメ。

ぼくは、そんなことを思って、もう一人の秘書の内山さんに、「こだまさんに、ひどいことを言った、って、言って、おいてください。このあいだのこと、謝りたいって、こだまさんに、言っておいてください。」と、言った。

ぼくが、そういうと、「議員。どないしはったんですか?急に、こだまさんなら、気にしてませんよ。あなたの相手は、それぐらいじゃ、ないと、つとまりまへんわ。ほんま。だから、大丈夫です。」と、言った。

内山さんが、そういうと、ぼくは「そうか。でもさ。女性に、オニババって、いうのは、あんまりだと、思ってさ。ぼく、謝りたいんです。」と、言った。

内田さんは、「議員。どないしはったんですか、本当に。元気がないですよ。今日は。午後も、あるんですから、元気を出してください。」と、言った。

ぼくは、「そだねー。午後も、あるんだ。だけど、ぼく。あやまりたいんだけどな。まぁ、今は、いいか。今度にしよう。こだまさんが、きてからにしよう。」と、言った。

ぼくは、大きな声でそういうと、元気が出てきた。元気が出てくると、お腹がすいた。お腹がすいたぼくは、チョコレートパフェをおかわりした。

チョコレートパフェは、甘くて、美味しくて、爽やかで、春だけど、美味しかった。

美味しいものを食べると、幸せな、気持ちになった。

幸せな気持ちになると、午後も、頑張ろうという、気持ちになった。

午後からは、そいたまけんと、連携して、ITの技術開発特区を、作る政策について、ねりあげないと、いけないんだった。来週末には、国会に提出しないと、いけないんだ。

頑張るぞ。と、思った。そう思うと、ぼくは、国会議員なんだ。と、思った。そう思うと、また、チョコレートパフェを食べたいと思ったけど、ぼくは、セーブした。

そんなせんろ議員を綺麗な女の人が、近くのテーブルから、コーヒーを飲んでみていた。

ライムスターの宇多丸さんばりの、サングラスをしているので、誰かは、わからない。

彼女は、せんろ議員が、謝りたいんだ。と、言った時、クスクスと、笑っていた。この女性は、せんろ議員のことを知っているのだろうか? 女性は、チョコレートパフェを食べて、上機嫌で、秘書の内田さんと、帰っていく、せんろ議員を見て、「頑張ってくださいね。議員。」と、笑っていた。その笑顔は、優しい笑顔だった。とても、オニババと、いう、顔ではなかった。若くて、ぴちぴちして、とっても、かわいい笑顔だった。

 

nezuzyouzi.hatenablog.comこのお話しは↑↑のお話の続きです。

 

 

宇多丸さん、ありがとう 。

今日も、楽しかった。

また、明日。

宇多丸さん、かっこいい。

宇多丸さんの仲間のディーさんもかっこいい。

僕は、宇多丸さんが好きだな。

ぼくね。宇多丸さんにも、ありがとうを言いたいんです。

だって、宇多丸さんのお陰で、長田さんとか、さかつさんにも、会えましたから。

長田さんのキャラクターでは、紫電さん。

フールさんのキャラクターでは、ペストマスクと生物くん。さかつさんのキャラクターでは、エウスオーフォン。

宇多丸さんも、好きです。

パラレルファクター、面白い。

楽しいなあ。フールさんも、いいなあ。

またね。また明日。

ありがとう。サンクス  シェイシェイ。はーい。ありがとう。ふふ。

キラキラの目のまき。パラレルファクター。

もう、せんろ議員には、本当に、参ります。

私、もう疲れました。アイム、タイアード。

せんろ議員は、いつも、あっち、フラフラ、こっち、フラフラして、大変です。

国会や会議やミーティング中は、とっても、集中してるんですけど、それ以外は、もう、旅が僕を呼んでいる。と、いっつも、旅のことばっかり、考えているんです。

旅じゃ、なかったら、そいたまの節分だ。

かなでやまのラーメンだ。温泉じまの温泉だ。なんだで、もう、議員としての自覚は、あるんでしょうか?

他の秘書の、内山さんも、俺の使えてる人が、こんなやったら、あかんわいな。と、言って、もう、呆れています。

そんな、中にあって、今回のカイリク新幹線プロジェクトの成功。そして、そのカイリク新幹線が、開業以来、三年間、黒字を達成していますことは、大変に、喜ばしいことです。グッドニュースです。しかし、議員が、あの調子では、先が、思いやられます。

そんなことを思って、議員の部屋に行ってみると、また、ラーメンを、たべてるじゃ、ありませんか?

あれだけ、ムダ遣いは、しないでくださいと、言ったのに。あー。もう。

私の心配をよそに、美味しそうに、ラーメンを食べちゃって、もう。

ラーメン、美味しいなあ。ですって、もう。いやはや。

私が、ダメじゃないですか、って、言ったら、

ごめんなさい。もうしません。ですって、

調子のいいこと言って、また、あった、フラフラ、こっちフラフラ、するんでしよ。

もう。

だけれども、議員は、このカイリク新幹線を海外、特に、キスビットやドレスタニア、カルマポリスに、輸出したいとお考えです。

海外に、新幹線、電車、列車などの、鉄道が、走れば、物の流れが生まれ、人の流れが生まれ、人は、あるところから、あるところまで、移動することができるようになる。

そうすると、人は、旅に出る。選択肢が増える、人生が、豊かになる。

そして、僕も、旅に出る。どこでも、いける。

と、言っていました。

本当に、どこまで、考えているのやら。

けれど、議員のその時の目は、キラキラしていました。

夢を追いかけるひとって、素敵だと、思います。

それから、議員は、この国にも、新幹線を引くんだ。かなでやまと、そいたまの間を通したらたら、今度は、そいたまの向こう、とうほく地方、それから、きたかんとうの方、それから、いずれは、ホッカイドウ。それから、南は、キュウシュウちほうのミヤザキ県。新幹線を通したら、今の、ワコクは、もっと、豊かになると思うよ。

それに、みんな、旅に出る。君も、僕も、そして、僕も、旅に出る。

旅は、いいよ。と言っていました。

旅って、いいものなのかしら。?そんな、風に、思いました。

その時も、議員の目は、とっても、キラキラしていました。

議員は、旅が、好きなんですね。

そんなふうに思いました。

だけど、今は、議員は、怯えています。

ごめんなさい。すみません。こだまさん。

のぞみさん。あの、ごめんなさい。すみませんでした。と、言って、怯えています。

目も、シュンと、なっています。

もう、ムダ遣いは、やめてくださいね。私は、そう、議員に、言いました。

大きな声で、そしたら、もう、しないよ。

ごめんなさい。と、言って、シュンとしていました。

それを見て、私は、もう、いい加減にして、と、思っていました。

 

nezuzyouzi.hatenablog.com

このお話は、↑↑のお話の続きです。

 

僕のおこづかいのまき。パラレルファクター。

今日は、この僕の、お小遣いについて、少々。

まず、旅の旅費。

これは、僕にとっては、大事なもの、

旅は、いいもの。味なものっと。

奏山旅行、良かった。またいこうっと。

次に、電車代。新幹線代。

お弁当代、ああ、もちろん、ますずし代ね。これ、もちろん、駅弁の。

それから、ラーメン代。かなで山のラーメン、とっても、美味しいから。

これも。っと。味は、醤油。味噌でも、いい。だけど、魚介スープと合わせた美味しい醤油ダレのスープが食べたいから。醤油にしておこう。

あーあ。けっこう、使ってる。これ、僕のおこづかいね。

ああ、もちろん。これ、僕のお給料、仕事のお金とは、別。

そうだよね。こだまさんね。

ああ、コラ。って、叱られるよね。ちゃんとしないと。

だけど、僕から、旅を、とるのは酷なんだよね。

人間にいきするなってのと、一緒ね。これ。

だけど、仕事も、やってるよ。皆で、作った夢の新幹線なんだよな。これ。

皆さん、乗ってくれると、ありがたいです。おかげで、今のところ、黒字。

頑張れ、カイリク新幹線。頑張れ、かなで山県。

それに、しても、お金、使い過ぎかもな。

少しは、せつやくしないとなあ。

叱られないようにしないとな、ああ、僕の新幹線プロジェクトなんだけど、まだまだ続くよ。これからは、そい玉の向こう側、北は、東北から、九州まで、通す計画なんだ。

赤字になることは多分、ないよ。だって、今、世界、いや、ワコクは、成長をしているんだ。これは、本当です。

だから、頑張らないと、上手くいったら、海外にも、輸出したいですね。カルマポリスや、キスビット。うまくいくといいなあ。

だから、今は、節約。節約。僕のなまえは、海外のサムライと似ているんだって。

だから、こんな事、簡単だよね。だけど、僕は、旅が好きなんだよなあ。

僕は、お小遣いの事を思って、ラーメンを食べていた。

好きな、かなで山ラーメンだ。このラーメンは、魚介のスープで、麺は、細麺、あっさりしている。とっても、美味しい。

だけど、これも、僕のお金。あー、また増えちゃった。

のぞみちゃんに叱られる。ああ、もう。

僕はそう思いながら、ラーメンをすすった。

僕がラーメンをすすっていると、オニババが、いや、こだまさん。ああ、いや、のぞみちゃんが、やってきた。

僕は、叱られた。あーあ。もう。やんなっちゃうなあ。

もう。むだ遣いは、しないでください。って。もう、しない。っと。

 

このお話は↓↓のお話の続きです。

 

nezuzyouzi.hatenablog.com