ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

王者の声真似 王様のレパートリー 麒麟が来る。

王者の声真似 王様のレパートリー 麒麟が来る。

織田信長今川義元を倒しました。苦戦を強いられましたが、どこか勝算がある風でした。苦しいときは苦しい時は苦しい声を上げ、嬉しいときは嬉しい声を上げます。それができる役者は一流です。今回はハートフルな父親の顔も垣間見る事が出来ました。外で信勝という子供を作っていましたが彼はこだわらなかったようです。お楽しみ場面もこなす男。それもこれも次の場面のため、次の心の移り変わりのため、信長は今川義元に立ち向かったのです。今川義元は官位にこだわり、配下は野党のように陶酔がとれていません。自分に危険が及んだり、部隊が崩れても、いやそうな顔をしていました。高貴でおっとりとしている義元、しかしその反面、俗な部分、自分が下だと思ったものには強く当たり自分の威信を示そうとします。本当は高貴なジェントリーにあこがれているのにそれになり切れていない。まだ、武骨な部分が残っているそんな男なようです。雅なものにあこがれ輿にのりますがそれがあだとなり最後は雅とはかけ離れた最期を迎える。そんな哀れを感じました。家康は三河物として自分の思いを取りました。もちろん今川方としても活躍しました。しかしそれと同時に自分の思いをもって進んだのです。忍ばせるといっても良いでしょう。余裕があり今川様に弓を引くなど恐れ入るといったようなしたたかな心も持っていますが母の思いや自分の命の事、そして郷土のことも思いも持っている。ただ、単純に暴れるだけではなくて良心やモラルも持ち進む。その人物像がよくマッチしていました。このドラマは叩けば響くドラマです。面白いですね。

どんな時でも自分は自分だ。でも、いろんな表情や自分の声の幅も尊重できれば良いのではないかと考える信長、どんなことが起きてもアニメや漫画のページをめくるように楽しむ男。キチョウの事は母、まるで〇〇ちゃんのファンと言わんばかりですね。どんなことあっても俺は俺で、あのシーン良かったからさ。あの時のゆかりんみたいだな。」と言わんばかりの男、郷土への思いと母への思い今川氏への思い、兵たちへの思いを持った高倉健さんのような人。そこへ光秀がどうかかわるのか楽しみです。