nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

町田君、そい玉へ行く。パラレルファクター。

僕は、今日、そい玉県へやってきた。
そい玉へは、仕事でよく来ることがある。けれども、仕事以外で来たことはなかった。

だから、この町に来たことがないと言えば、来たことがないかもしれない。
僕は、この土地の事をよく知らないのだ。今日は、いろいろ、学びたいと思う。
学ぶ。?学ぶというのは、少し、固いかも、しれない。ここは、楽しもう。気軽に、楽しもう。僕は、そう思った。

そい玉県は、僕の住んでいる県から、カイリク新幹線と言う、新幹線で行くことができる。

普通の電車でも、もちろん、いくことができるけど、電車を乗り継がなければならない。

電車を乗り継いでの旅も、いいだろう。僕は、そんな旅が好きだ。だけど、今日の僕は違った。

今の、僕には、会いたい人hがいるから、僕は、カイリク新幹線に乗った。
僕の空いた人は、可憐な人である。可愛い人である。その人は、僕の話をよく聞いてくれる。

いつも、その人は「へぇー。」とか、「そうなんだ。」と言って、僕の話を、聞いてくれる。

僕は、その人が、話を聞いてくれる時、とても、嬉しい。その人がうなずいてくれる時、僕は、とても、良い気持ちになる。

その人が、笑ってくれたら、素敵な笑顔だなと思う。そんなその人の事を思う時、僕は、その人に会いたくなる。

その人に、会いたいと思った時、僕は、カイリク新幹線に乗って、そい玉県に、いきたいと思ったからだ。

なぜ、そい玉県なのか、それは、人づてに、その人がそい玉で、ピアノコンサートをすると、聞いたからだ。

その人の職業は、ピアニストだ。その人の演奏は、とても、いい演奏だ。聞いていると、心が温かくなる。

僕も、以前、ピアノを習っていたことがある。僕も、ピアノを弾ける。だけど、その人に遠く及ばない。

以前の僕なら、そういったかもしれない。けど、僕は、ある体験をして、僕にも、良い所があるのだという事がよく分かった。
だから、僕は、そうは言わない。

僕は、そんなことを思って、そい玉の町にやってきた。

そい玉の町は、にぎわっていた。なんでも、今は、「そい玉鬼祭。」というそい玉の伝統のお祭なのだそうだ。
伝統。伝統とは、古くから、今に受け継がれてきたものである。先人が、僕らに残してくれた大切なものだ。

この祭りは、とても、面白い祭りだ。参加者は、皆、鬼の恰好をするのだ。僕は、今日、着の身着のままで、やってきたので、
鬼の恰好は、しなかったけれど、鬼の恰好をしている人もたくさんいた。海外の方も、たくさん来ていた。

そい玉の子供たちは、「鬼は外。」「福は内。」といって、鬼の恰好をした人に向けて、豆を投げていた。

僕は、その様子を見て「ぶつけられている人は、痛くはないのかなと思ったが、祭りに参加している人は、楽しそうにしていた。

祭りは、不思議なものだ。と思った。それも、そうなのだが、子供たちも鬼を怖がるどころか、鬼に楽しそうに、豆をぶつけている。

僕は、それを見て、「そい玉の子ども達は、強いな。」とか感心していた。

僕が、この子たちくらいの時は「怖い。怖い。」といって、かくれていたくらいなのに。強い子たちだな。そう思った。

僕は、その様子を見ているとおなかがすいた。おなかがすいた僕は、屋台が並んでいる。屋台村へ行った。

屋台村である。そい玉の節分のお祭には、屋台村があるのだ。

屋台村には、いろんな国の屋台があった。こんな豪華な節分を僕は、知らない。

そい玉と、かなで山は、同じ、ワコクにある。僕は、この時、同じ所にあっても、こんなに、違うんだ。ワコクは、面白いな。と思った。
僕は、そこで、キスビットのたこ焼きを買った。

キスビット、僕は、その国の名前を聞いたとき、何だか懐かしい気持ちになった。

懐かしい気持ちになると、僕は、あの冒険の事を思い出した。あの冒険を思い出すと、皆に会いたくなった。

皆、元気にしているだろうか。僕は、そう思った。
僕がそう思っていると、屋台の前に、白い髪の女性に話しかけられた。

その人は僕に「あの、町田さんですか。お久しぶりです。私の事、覚えていますか。?アウレイスです。」といった。

僕は、その女性の声を聞いたとき「あっ。アウレイスさんだ。」と思った。
そう思った僕は、アウレイスさんに、「お久しぶりです。アウレイスさん。町田です。」といった。

この女性の名前は、アウレイスさん。アウレイスさんは、僕が体験したあの冒険で、大変、活躍した。今、アウレイスさんは、可愛い鬼のコスプレをしている。

アウレイスさんの白い髪はとても、美しい。今は、その髪は夕方のそい玉の夕日を映して、オレンジ色に輝いていた。

僕は、しばらく、アウレイスさんと話した。アウレイスさんによると、キスビットは、大変、発展したそうだ。

僕は、アウレイスさんと、話す中で、アウレイスさんに、大変、感謝された。
僕は、アウレイスさんに、感謝されたとき、とても、嬉しかった。

心の中が温かくなった。その時僕は、「キスビットは、とても、良い国だったなあ。

タミューサ村の人々は、皆、いい人だったな。と思った。
キスビットの風は、気持ちが良かったな。と思った。

そう思うと、キスビットにまた、いってみたくなった。

僕は、そう思うと、アウレイスさんに、「キスビット、また、いきますよ。」といった。

僕が、そういうと、アウレイスさんは、「はい。また、いらしてください。村長も、町田さんの事をお待ちしていますよ。

その時は、ぜひ、アスミさんと、一緒に。」といって、笑った。

アウレイスさんが、そういった時、僕は、何だか、恥ずかしくなった。

僕が、恥ずかしくなって、少し、赤くなっていると、アウレイスさんは、ふふっと、笑った。

恥ずかしいというと、アウレイスさんも、僕と同じで、どちらかというと、恥ずかしがり屋な方だ。

けれど、そんなアウレイスさんが、屋台の近くに立って、お客さんの呼び込みをしている。

なんでも、話によると、アウレイスさんは、タミューサ村のご当地アイドルのようなことも、やっているようだ。

ファンクラブの会員もたくさん、いるのだそうだ。
僕は、それを聞いたとき、「アウレイスさんは、素敵だな。」と思った。

僕は、そう思って、「アウレイスさん、頑張ってください。僕も、頑張ります。」と元気に言った。

その時、僕の耳に、「町田君。」と言う声がした。とっても、可愛らしい声だった。
その声を聞いたとき、僕は、長い間、この声を聞いていなかったような気がした。
その子の名前は、アスミちゃんと、言った。
アスミちゃんは、僕の所に来ると「町田君。お久しぶりです。アスミです。元気にしてました。元気にしてた。町田君。?」と笑った。

僕は、アスミちゃんが笑った時、可愛いなと思った。
そう思った僕は、アスミちゃんに「ねえ、アスミちゃん。?さっき、この店で、たこ焼きを買ったんだ。キスビットのたこ焼きだって。」といった。

僕が、そういうと、「キスビットのたこ焼き。本当。?私、たこ焼き大好きなんだ。一緒に、食べよう。町田君。」と笑った。

僕は、この時、とても、幸せな気持ちになった。

そんな僕たちをアウレイスさんが、ニコニコして、見ていた。

坂津 佳奈 (id:sakatsu_kana)  さん、アウレイスさんをお借りしました。

坂津 佳奈 (id:sakatsu_kana)  さん、キスビットをお借りしました。

長田克樹 (id:nagatakatsuki) さん、そい玉県をお借りしました。