nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

私は魔法使いなの?って思いました パラレルファクター

今日は、ジェームズ先生と一緒にキスビット仲良しコンサートの曲を弾く練習をしていました。

私は、朝から夕方まで、朝ご飯を食べる時と、お昼ご飯を食べる時、以外はピアノの練習をしていました。

私がお昼ご飯を食べている時、ジェームズ先生が私に、「アスミちゃん。歌を歌ったり、ピアノを弾いて、聴いているお客様、お一人、お一人に、心を届ける事も、魔法なんだよ。アスミちゃんのピアノの演奏は聴く人、一人一人の心をあったかい気持ちにしてくれんだ。だからね。アスミちゃんは

魔法が使えるんだよ。って言っていました。

それを聴いて、私も魔法が使えたんだね。それはすごいことだなって思ってジェームズ先生に「ジェームズ先生、私、魔法が使えたんですね。知らなかったです。先生は、いつも私に知らないことをおしえてくれますね。」と言いました。

すると、ジェームズ先生は、驚いたような私の声を聴いて、「アスミちゃん、知らなかったの?みんな知ってるよ。町田君も。知ってるよ。と優しい声で言いました。

その声を聴きながら私は、そうなんだ、みんな知ってたのか、町田君も知ってたのか。と思いました。そう思うと、もっと、頑張ろうって気持ちになって、午後も頑張るぞって思いました。その時私の頭の中にシューマンの不思議なお話が響きました。

そして、私は自分が魔法使いなんだなって思うと、とっても楽しい気持ちになって、にこっと 笑って「私は魔法使いだから、町田君の所にいつでも魔法でとんでいけますね。皆にも会いたいときにあいにいけますね、」ってジェームズ先生にいいました。

すると、ジェームズ先生も笑って、そうだとも、君は魔法使いなんだよ。だから、午後もピアノの練習頑張ろうね。アスミちゃん。って私を応援してくださいました。先生のその時の声はとても優しい声でした。

私は、その声を聴いて、私ってまほうがつかえるんだな、魔法が使えるって素敵な事だなっておもって、ふふっと笑いました。

その時、また私のあたまのなかにシューマンの不思議なお話が響きました。

 

 アスミちゃんの歌  音楽を見つけたよ。

聞こえてくる楽しい音楽、私だけの音楽

心に音楽が生まれたよ、きらきら光った素敵な音楽が

一つとして同じ音楽はない、一人一人が持つ音楽

心に魔法を見つけたよ、きらきら光った素敵な魔法を

私の魔法は、私の心をあなたの心を優しく包むよ

音楽はいつもいつの日もどんな時でも優しく私やあなたを包んでくれるよ

心に音楽が生まれたよ、きらきら光る素敵な音楽が

一つとして同じものはない、とても素敵な音楽

この音楽を大切にしよう。私だけの素敵な音楽を。それがきっと、生きるという事。