nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

  今日の真田丸とっても良かったです。

今日は、真田丸を見ました。

今日の真田丸は犬伏で、信繁とお兄さんの真田信之、信繁の父、真田昌幸が豊臣方に付くのか、徳川方に付くのか、話し合うという話でした。話し合いの結果、兄、真田信之は徳川方に付き、弟、信繁と父、昌幸は、豊臣方に付くことになりました。今回は、お父さんの策が、うまくいかなくなって、真田家としては、どうするのかという事になり、父とその息子二人、親子三人で、話し合う事になりました。今日の真田丸は、お兄さん、真田信之がかっこよかったです。「私は、徳川方に付く、私たちは、けして、敵味方に分かれるわけではない。お前と父上が豊臣方に付き私が徳川方に付けば、真田は、どちらが勝っても残る。」と言っていたのが良かったですね。

信繁たちは、これから、皆それぞれの道へ、歩みだします。親子三人、離れ離れになるのは、寂しいですが、これもまた三人でまた楽しく暮らすためには、大事なことです。

今日の真田丸は、なんだかとても感動しました。家族バラバラになってもまた一緒に暮らすために今は、それぞれの道を進む。

つらいことだけど、真田家のために分かれる。

これから、どうしても、敵味方にわかれて、戦う事になって行ってしまうのかな。

それでも、そうだとしてもまた一緒に暮らすために戦わなければいけない。戦はつらいですね。

今日の真田丸は、とてもに心に残りました。

 最後の親子三人で、楽しく、お酒を飲んでいるシーンは、とてもいい場面でした。

またみんなで楽しく飲める日が来ると良いですね。