ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

キングスマン キングダム

キングダムを見ました。主人公の奴隷出身の信が夢のために男として名を上げるために自分の国の親友そっくりの王様を守りながら国盗り合戦に巻き込まれまれるという話です。このお話はキングスマンと似ていると思います。元気なお兄さんが夢を力に国盗り合戦、勝負の世界で勝ち上がっていく。中国の話ですがこの話は全編日本語。日本人の俳優陣により進行します。このお話は日本語の中でも侍のことばで話が進むため、日本の戦国時代のドラマの香りも楽しめます。夢と野望、覇道と王道、中国の話ではよく取り上げられるこの要素、王道とは民のため得を積み得をもって前に進みます。覇道というのは野望や野心に心に置きワンマンパワーで相手をねじ伏せていきます。覇道というと三国志演義曹操が有名です。曹操はこの映画ののちのお話です。主人公の劉備三国志演義劉備とその従者の関羽張飛の物語です。三国志演義では曹操は悪役として書かれます。三国志も主人公の劉備は低い身分から始まります。信も同様に奴隷から身を起こす。信の場合は事件、政争に巻き込まれてではありますが。長澤まさみさん演じる山の民の王が良かったです。低い声でどこか男勝り、少し、女性のような顔立ちの男性を思わせるような少しミステリアスな演技が世化ttです。夢という美しい物語のように描かれていますが、その反面、命の価値の低さや地にこだわる王に対してのせりふなどで下克上の時代であるトいうことが示されています。山の民も橋本環奈さん演じる天も信もそして最強の武将、王騎もマイノリティー、元気なお兄さん、異民族、おかまさんという風に書かれています。ここは戦国の世、マイノリティーでもなんでも関係はない。世の善悪、理は我々が作るのだ。という強いメッセージをこの作品から感じました。続編もあると良いですね。

最後に王騎と戦場で再会する事を信は約束しました。また再開できることを願いましょう。

童。信と言っていたので、これから信は青年になっていくのでしょうか。青年になれば見えてくるものが違ってくるでしょう。今は小さくても剣があります。その剣が白く輝いている内は君を導いてくれるはずです。信よ。天よ。王よ。剣は持ったか。ならば次に出発だ。マナーが男を作る、剣が男を導く。人よ。礼を尽くせ、さすれば道はひらかれん。