ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

バレンタインデー パラレルファクター。

清水のぞみさんは、朝からドキドキしていた。

せんろさんにチョコレートを渡したくて、ドキドキしていた。

せんろさんの事務所で、清水さんは、ドキドキしながら、書類を片付けていた。

せんろさんは、いや、清水さん。せいがでますね、今日は、きびきびと、あなたらしいと、笑った。すると、清水さんは「いつもは、きびきびしてないって意味ですか。」と怒った。

せんろは、「青い顔をして、いや、きびきしてるな。と思って、笑った。

そうですか。と、またきっと、睨んだ。

せんろさんは、「ごめんね。でもさ。アタシ。そう思うわ。清水さんはいい秘書よ。

勉強もできるし。いい秘書だわ。」と、言った。

清水さんは、また睨んだ。

今日は、一日。話さない方がいいわね。と、青い顔をした。

清水さんは、女性用のトイレで泣いた。なぜなら、心と違うからだ。

清水さんは、せんろは、優秀で素敵だということを知っている。

耳の感覚がいいことも、知っている。

だけど、女の子風の所があることも知っている。

本当をいえば、どこかへ行ってほしい。

でも、そんな部分も、彼の一部なのだ。

そう思っている自分も、最近、生まれた。

あの冬の日に見た彼の顔。

今より、若く、しわもなかった。

あの時の彼が一番好きだ。

あの時の彼は、かっこよかった。

今は、どうだろう。

変なときばっかり、女の子風に、なる気がしてならない、

だけど、今、彼の隣で、仕事をしていると、あの時の彼も、まだ、生きている。ということが分かった。

いつも、色んなところを回り、話を聞く彼。

そんな彼にあの日みた彼と変わらない彼を見る。

そうおもうと、なれないお料理をして、チョコレートを鍋で溶かして、チョコレートをあげたくなった。23歳と、31歳、年の差がある。だけど、年の差なんて関係がなかった。

そう思うと、渡したくて、感謝の気持ち。これからも、宜しくお願いします。これからも、応援しています。という気持ちでいっぱいになった。

そう思って、働いていると、夜になった。

夜。せんろに、清水は、チョコレートを渡した。

ハートのチョコレートを心の中では、好きです。といったが。

声では、こちら。チョコレートです。今日は。バレンタインデーですから。

と、言った。

せんろはその時、「バレンタインデー。そうか。と、いって、カレンダーを見た。

カレンダーには、2月14日、バレンタインデー。と書いてあった。

その時、清水さんはがっかりした。

忙しさに負けて、忘れていたなんて。と思った。

けれど、仕方がないわよね。と思った。

そう思うと、もういい。返して。と思った。

清水さんは、がっかりした。

けれど、そう思ったとき、せんろさんは、可愛い声で。「ありがとう。アタシ。チョコレート、もらったわ。」と、いつも、清水さんが、きっと、睨んでいる声で言った。

だけど、このせんろさんも、せんろさんなのよね。と思っていた。