ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

紫のめがねの君は今日も笑う。鎌倉殿の13人

紫のめがねの君は今日も笑う。

私の家はおかしい。あの男がトキに近づいてからおかしくなった。そして、トキはヒキ様も義経殿もすべて殺してしまった。口では守る。助けるといっていても何でもつぶしてしまう。あーちゃんもいつもお兄ちゃん。お兄ちゃんで来てしまって最後はあんなことに、そして最後はパパまでつぶそうと必死になっている。あの人はどんどん、冒険、冒険と言ってはつぶしてしまう。新海誠さんのような繊細さもない。トキもあのお方の様に、繊細で社会を描くようなお方になってほしい。あいつはお子様だわ、あいつは痛い目を見ないと、あのトキめ。あいつは新海誠先生の詰めの垢を煎じて飲むべきだわ。あーちゃんも不憫よ。トキの口車に乗せられて頼朝に騙されて京に上って最後はなくなってしまった。頼朝にしてもトキにしても人の血が通っていないわ。ヒキ様とパパが組めば、チームになったらトキも頼朝もゼロになるはずよ。そして、あーちゃんだって、私とアニメ見てくれたはずだわ。学校生活だってもっと楽しいはず。パパだってもっと笑っていたはず。どうして、どうして、新海誠先生。あーちゃんがいなくなっちゃった。私、どうしたら、いいの?パパが何とかしてくれるの。あーちゃんがいなくなっちゃった。寂しい。どうして、どうしていないの。あーちゃんが。いなくなったぁーー。

 

何を泣いているんだよ、ガキかおめえ。笑うといいことあるみたいだぜ。笑顔は魔法だ。泣いてる暇なんか、ないはずだ。それが魔法なんだ。

分かったわよ。いつか、あんた痛い目、見るわよ。

どうかな。最後に勝って宇宙に行くのはこの俺だ。誰が勝つか、最後まで分からねえ。悪党も夢も学校も全部、制覇してやる。記憶しとけ。それが俺の魔法だ。

 

泣いてる暇なんてないみたい。気持ちを表に出しすぎるのは新海誠先生の教えに反するわ。

私、こいつをどう倒せるか。考えながら。あれ、眼鏡、汚れてる。でも、ちょっと綺麗だわ。あーちゃん。そうでしょ。でも、あーちゃんはもういないのね。悔しいな。私。どうしていないの。どうやったらこいつを倒せる。みててね。あーちゃん。

亡くなった人は帰ることはない。しかし、それが心の戸締りになる時が必ずあるはずだ。と、みーは思った。