ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

父さんの心配。鎌倉殿の13人。

父さんの心配。

 トキが学校がたのしいそうだ。ダンスに部活動よくがんばっているらしい。声真似もたのしいらしい。学校にはいろいろな人がいる。文化部もスポーツもあって世界が少しずつ広がっていくようなきがするそうだ。そうだ。トキ。楽しいか。良かったな。お前は兄さんだけが妹だけが世界じゃないんだ。世界は広いぞ。もっと楽しんでいけ。世界は広い。見て回れ。力がついていくことも楽しいみたいだ。心のままに思うがままに何かをできるようになる。こんな素敵なことはないよな。この間、自分で電気屋さんにいって水色のヘッドホンを買ったそうだ。良かったな。お前が小さいとき、お前に黒色のヘッドホンを買ったよな。あーはゲームをかってたよな。それからいつも収集癖がでてなんでも集めてた。興味を持ったものをあいつは集めてたよな。二人ともこれからどうなるのかって将来が楽しみだった。俺もここで豪農をやって暮らしていくんだ。と思っていた。でも、あいつは中央の流れ者を連れてきた。人を食う。悪魔のような男だ。あーもみんなあいつに殺された。あいつは悪魔の男だ。だが、俺は力を得た。寺の修繕から土地の管理まで任された。でも奴は人を傷つけた。領民を危険にさらした。トキも楽しそうだが話すのは悪党の事ばかりだ。あいつは悪の道に落ちてしまう。トキを守らねばならん。広い世界もいいが。大事なものを忘れてほしくはない。トキが楽しいなら一番だ。でも、あーは死んでしまった。あいつをこれからこんな世界に生きさせてはいけない。トキの友達もかわいそうだ。何かの冒険とトキたちは勘違いしている。あいつはトキを仲間を危険にさらした。あいつは冒険といってトキをだましている。あいつもあーもみんな失いたくない。俺の子供ばかりが死んでいく。・あいつは自分の事を泥棒といっている。まさしくそうだと思う。でも、それなら警察に捕まれと思う。あいつはなんとかして潰さねば。トキがこいつみたいになってしまってはだめだ。でもトキの事を思うと複雑なんだ。あいつがトキにとってのヒーローならこいつと言ってしまってはいけない。なぜなら俺はトキの親だからだ。トキの事が心配なんだ。トキが悪党になって心を忘れてしまわないか。それが心配なんだ。トキが道に迷って、今は趣味や部活動があるからいいがそれがなくなってしまったとき、あいつはどうなってしまう。あいつがもし、頼朝のように自暴自棄になってしまったら、あいつはどうなる。俺がいなくなった後の事だ。おれには関係ないかもしれない。ただ、見守っている。頑張ってくれというしかないのか。それがもどかしいんだ。でも、そうやって人は往生するしかないのかもしれねえな。心配事があっても祈ること沿できない。そういうものなのかもしねえな。今、俺はお前を見守る事しかできない。これからも頑張ってくれ。世界は広いぞ。トキよ。あーも俺の事、見ててくれ。そこから俺の事をずっとな。