ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

青春を支える人 鎌倉殿の13人。

青春を支える人 鎌倉殿の13人

 私は思う。国を治めるものは文武に優れるものであると私は思う。我々は鎌倉殿を盛り立てる盾であり鉾であるから、鎌倉殿が誰であれ良いと思う。こちらで鎌倉殿を立てるのだ。幸い、頼朝はガキどもと北条をあけている。これは好機である。歴史とは塗り替えるもの。それは古来よりのならいだ。我々とてそうだ。源氏の前は平氏であり白河院であったではないか。であるならばだれであれ良いのだと。大豆なのは頭より手足です。この私は誰の下でも働きます。私はプロジェクトイージスの鉾であり盾なのです。後はこの私におまかせください。あのガキ。北条殿には言っておきます。大事なのは礼儀より紙一枚なのです。紙一枚からこの世界は始まるのです。情熱や愛はそのあとです。大事なのは紙です。情報です。あのガキには、それが分からないのです。ヘッドホンやらバドミントンやら大事なものはその先にある。という事を知らないのです。その先にあるもの。ひらめきとインテリジェンス。これがあのガキにはありません。それではイノシシ武者ではございませんか。かれらは目先の利益にとらわれてその先をみません。公共の福祉なのです。持続可能に中庸に過ごすにはそれが見えていなければなりません。目先の由衣眼にとらわれわが家の繁栄のみにとらわれていては大きな繁栄は最大限の答えにたどり着く事はできません。私と共に立ち上がりましょう。そういってヒキは笑った。トキたちは今、鎌倉にはいなかった。トキたちがいない間、鎌倉をまかされているヒキ。ヒキはこれを利用して最大級の答えのために動き出したようだ。さて、そのヒキの最大限の答えというのに何人の人が付いてくるのか。物事の正当性は印象によって左右されるとヒキは言う。ヒキは国中から品々を調達するのがうまかった。顔も広かった。頼朝やトキが暴れているとき、彼は品々を集めた。彼は後方を支援していた。トキはそれに気が付いていなかった。声真似や歌にかまけていて、でも本人は好きで今それが第一線で青春であった。その青春を守る人がそこにいた。今もいる。頼朝と共に夢に向かって走っている。後輩もできて今はトキ先輩になった。しかし、その分、前に行くのを頑張るあまり後ろの人の声が聞こえなくなっていった。好きなアイドルの歌や声真似を一生懸命聞くあまり大切な声が一つまた一つと聞こえなくなっていく。それでもトキは進む。仲間と進む。それだけ人の声は聞こえなくなる。水色のヘッドホンを外せば聞こえるかもしれない。でも今はまだトキには外せなかった。今が楽しいから。しかし、バドミントンを頑張っている生徒と戦ったとき、トキは悲しかった。頑張っている人と競うとき、人はこんなにつらいものが在るのかと思うほどであった。でも俺は先に進みたいと思った。