ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

シン ウルトラマン 鎌倉殿の13人。

ここに一つの家があった。関東の豪農から身を立てた北条の家であった。ある日、北条の家に何処の馬の骨ともわからない泥棒の頼朝がやってきた。その男は北条家の二人の息子を弟子にした。しかし、その一人は修業の中で命を落とした。そんな命を落とすような戦いの中にあってもヘッドホンで好きなものを聴きながら楽しそうに仕事をする男の姿があった。名前はトキという名前だった。トキは戦乱の中で知り合った仲間を失った。その仲間は漫画が好きでトキとは方向が違う趣向の持ち主であったが彼のトキにはない。青春ものに憧れるピュアな精神はサブカルしか知らなかったトキには新鮮に映った。その友の名は義経。東北の大地で育ち、悪党になると家を出た兄のピュアな弟であった。二人は戦乱がなければ離れ離れになることはなかったであろう。二人が離れなれば二人は夢に向かって歩み出さなかっただろう。二人が引き裂かられねば二人とも悪党を夢見ることも漫画を好きになることもなかっただろう。平和な時代が良いとはいうが平和な時代ならトキはサブカル野郎で終わっていただろう。兄は生きていて平和であるがそれはそれでもんだいがおきていただろう。だから世の中には運命というものはあるのかもしれない。しかし、トキにとって義経を失うことは辛い選択であった。なんとか助けようと手を尽くした。しかし、その過程で自分のチームを持つことができた。ヒキ一族や三浦一族とも手を結べた。悪党の頼朝だけではトキがいなければ達成できなかったことある。トキは充実感を得ていた。日々、強くなり世界が広がっていく、新しい刺激を日々受けていく毎日に満足していた。しかし、世の暗いニュースや大きな力になかなか抗うことができないというもどかしさも感じていた。あれだけ慕っていた兄もあの北条の家の部屋もない。大切にしていたヘッドホンの色も黒から水色に変わった。友も一人なくなってしまった。この世にはよみがえりの石はない。だが、友、義経は確かにトキの胸に生きている。あれだけ慕っていた兄もあの部屋も壊れてしまった黒いヘッドホンも確かに胸の中にある。それをトキは知っている。トキは強くなっていく、相手も強くなっていく、頼朝は悪の野望を果たす。しかし、サブカルは死なない。トキはゆく。声真似を聴きながら。音楽を聴きながら、水色のヘッドホンを揺らして。この世界をにやけながら進む。