ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

鎌倉殿の13人 アイドルと漫画。

鎌倉殿の13人 アイドルと漫画

 家のじいちゃんも死んでしまった。なぜ、これが盗みだというのかこれも盗みだというのか。俺の家族だぞ。爺様は。お前は外から来たかもしれないが俺たちは家族だ。家族だTTんだ。そこまでいうと東国の豪農に戻るかと言われた。俺の家も出世していい家に住んでいて、もう少しであの子とも何とかなりそうで。これから俺はアメリカンドリームだ。と思ったのに。それがこのざまだ。身内も何もないのか。そこまで言うとルパンのおっさんはいった。お前は弟子入りしたんじゃないのか。といった。俺はその時思った。俺はあの日。確かに悪党になるといった。最初はヤンキーから始めろという事で下働きから始めた。兄さんと父さんと一緒にそして東国を平定して従えていって音楽もいつも以上に帰庫心地が良くなって毎日。毎日楽しかった。これから俺のアメリカンドリームが始まると疑っていなかった。俺の家が大きくなって俺もよくなっていく。そう思っていた。そしてあの子ともなんとかよさそうでドラマが生まれそうで。そして姉ちゃんにも子供が生まれそうで。そして音楽もよくて歌声に恋してマンガ好きの奴とも仲間になって何だあれとおもったけどうまくやっていけそうででも、じいちゃんをあいつは消してしまった。命まであいつは奪ったんだ。俺はなんて言っていいか分かんねえよ。俺はあの時、強く成りてぇって。そこまで言うとアイドル好きに戻るかと言われた。東国のアイドル好きに戻るかと言われた。俺は思った。今でもアイドル好きだけどはいそうです。といえない俺がいた。俺はその時東国のアイドル好きには戻れないと思った。俺は平清盛が病気で死んだという報告を聞いた時嬉しかった。歌をこれからも聴けるぜとやったと思った。でも今はじいさんが死んだと聞いてびくびくしてる。遠い国でだれかが死んでしまう事も爺様が死ぬことも同じ命には変わりない。なのに知った人がいつも生活している人が死んだと思うだけでここまで心が動く。たとえは悪いかも知れないが全然知らねえアイドルの歌より顔を知っているアイドルの歌の方がききたいもんなと思った。心が踊るよなと思った。その時俺は思った。ルパンのおっさんが言ってることとこれは同じだと思った。そこまでいうと俺はもう戻れないと思った。

 

俺は嬉しかった。兄上には申し訳ないと思った。でも俺は早く戦をしたい。自分の力を試したい。俺はもっと暴れたい。俺の身の回りは少し変わっている。家族がどうとかは正直分からない。でも、俺はほのぼの漫画が好きだ。みんなで集まって何かする漫画が好きだ。その漫画は魔法が身近にある世界での話で、何気ない日常の中に少しの笑いと素敵な日常。そして少々のバトルがある。そして後から出てくる後輩キャラにもみんな雰囲気が良い。素敵な漫画だ。この漫画あるから俺は毎日を過ごして答えるんだ。俺はもっと強くなる。魔法の力といっしょに。