ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

源家の陰謀 鎌倉殿の13人。

源家の陰謀 鎌倉殿の13人

後白河法皇がマッサージをしてもらっていた。体をマッサージするように人ももみほぐさねばならん。そう思っていた。源頼朝という源氏の棟梁を担ぎ上げ頼朝とともに国づくりをせなばならん。と思っていた。雅な世を取り戻す。そのためには犠牲もいとわんと思っていた。平清盛という男がいた。武家の棟梁を名乗る福原の豪族である。この豪族は変わっていた。武力にたけ、都の文化にも明るかった。この男は使えると思っていた。この男の素でならわが世を作れると信じていたのだ。だが、最近このものは平家にあらずんば人にあらずといい、都での振る舞いも目に余る。このものを打ち取らねばならぬ。しかし、わしがうごけば事は大きくなる。強者には強者のやり方がある。わしには私兵がおる。私兵を作りたい。私兵を持ちたいのだ。と思っていた。頼朝の元に人が集まってきている。力が集まってきている。このものがほしい。よき場所はおさえねばならん。そう思い笑った。

頼朝は嬉しかった。義経はじめ離れ離れになっていた兄弟が集まってきていたのだ。義経は息災であったが、一人、ふたりちらほらと出家していたのだ。悪党だと思っていた俺の身内に仏門に入るものが一人、二人。うれしいね。と思ってた。兄弟がそろう。皆笑っている。一人は御仏の加護にございます。という一人もさようでございます。という皆笑っている。俺もそう思う。俺もだてに仏さまは拝んでいない。俺は誰かから何かを奪うことが好きだ。だから、誰かから何かをとれれるのが怖い。でも、今は何もない。だからこれでいい。これも仏様の力だなと思う。俺の領地もどんどん増えて鎌倉の土地に京や福原のような都を持つことになった。都を持つからには良い都にしたい。だが、俺の作る都だから魑魅魍魎の集まるバケモノの都になるに違いない。俺はどうも政が苦手だ。そんなときはトキに任せたい。トキは俺より政に明るい。今は何やら女や趣味にうつつを抜かしているが良き官吏に育つと思う。俺の弟子だから良き泥棒に育つと思っていたがあいつには俺と違って熱いものがあると思う。俺とは違う。熱いものが。俺はバケモノだがあいつは違う。でも俺の弟子だ。あいつはどうなるか分からねえ。楽しみだと思う。

 

俺は漫画が好きだ。俺は強くなりたい。俺の力で誰かの悩みを解決したり笑顔を作りたい。ウイッチウオッチのニコたちみたいに魔法パワーで人の笑顔を作りたい。モイちゃんやカンシのように楽しく面白く誰かを守りたい。そんでモイちゃんみたく先輩風、少し吹かせて可愛い後輩を守りたい。誰かを守れる男。頼れる先輩になりたい。神様の加護によってここにまた集まることができたのなら俺にも魔法が付いてる証拠だぜ。と思う。俺たちで誠の幸せを作っていきましょう。と思う。

そう思うと力が湧いてきた。魔法パワー明日も全開だぜと思った。

俺がそう思っているとうるせーな。聞こえねえだろ。歌聴いてんだよ。歌を。わかる?歌っこだよ。と怒った。そこまで怒ることないだろと思ったがそいつは鼻をふんと鳴らしてお前な。誰かを本気で好きになったことあるのかよ。だれかの純潔を守りたいと思ったことあるのかよ。と怒鳴られた。歌を聴いているんじゃなかったのか。お前の方がうるさいだろと俺は思った。

まあ、なんにせよ。今は魔法パワー全開だ。と俺は笑った。邪悪な力には負けない。と心に誓った。ニコやモイちゃんのように。