ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

半沢直樹対君の名は

半沢直樹対君の名は

明日は半沢直樹の日です。来週からは黒崎が登場します。

その部下は古谷さんの役は声優さんだそうです、今は声優さん人気がたくさん出て来たのでそれを踏まえての抜擢だそうです。黒崎さんは男性ですが半沢直樹のお姉さんみたいですね。できれば会いたくない姉です。向田邦子先生の作品みたいですね。男の世界に女性風の人が出てくると地調子が狂うのかな。しかし、今は女性も活躍する時代です。今回の半沢直樹は所々に現在の文化が混ざっていて面白いです、今、安心安全という言葉が今一度、再確認が求められることが多くなりました。それも今回の戦いの裏テーマになっていると思うので今の時代に見ておきたい作品の一つだと思います。半沢直樹は帝国航空のモットーである。戦後から続く空の安心と安全に勤めるというモットーを守るために国家と戦います。半沢直樹はビジネスマンですがそこに国家の仕事をしている方が意見をします。民間と国家という文化が違うものたちが争っている。それもっと上の者が己の野心をもって見ている。この構造が面白いです。異なものとうまく付き合っていく、安心安全という命題を守りながら野心とも己の夢のために戦う。同じ仕事でも皆、意識が違う。血を流すことをいとわない人もいればそれを悲しむ人もいる。悲しみの中から生まれたとしてもそこに命が生まれ今に至っている。それは世間の常識上、考えられない。だとしても彼らは命をもって生まれてしまった。そうならば彼らは決めなければならない。生きているのだから。しかし、命題の上にそれらが立ちふさがるというならば向き合わねばならない。今回の半沢直樹は少し、後ろ暗い理由から生まれたものをどうするのかという話だと思います。今回は少し、向田邦子先生の香りも楽しめると思います。以前の戦いで銀行の外に出て夢ある若者を救った半沢直樹。しかし、戻ってくるとそこには以前の暮らしや番組はなかった。少しずつ、構造が変わり、世界が変わっていた。刻々と変化していく世界。そこに僕らは生きている。それを胸に生きている。そのころを思いながら続きを見たいと思います。