ブログ声真似主 nezuzyouziのブログ

ブログ声真似主です。よろしくお願いします。

今日はワコク・ナイトの法則 パラレルファクター

 

僕と、ハワードとバーナデットは、ハワードの家で、夕食を食べた。

この日は、僕が、企画して、ワコク ナイトという事で、手巻き寿司を作ってたべた。

 

僕は、一生懸命、手巻き寿司の事を調べたんだ。

手巻き寿司は、ワコクで、よく食べられているポピュラーな食べ物で、とても面白い食べものなんだという事がわかった。

 

みんなそれぞれ,海苔を手で持って、その上に、酢飯を載せて、自分の好きな具を、載せて、自分の手で、それをまいて食べるんだ。

 

僕は、それを知ったとき、自分で、寿司を簡単に巻いてつくるなんて、素敵だなと思ったんだ。

これは、ハワードも、バーナデットも、喜ぶぞ。と思って、みんなで、作りたいと思ったんだ。

けれど、ここからがたいへんだったんだよ。酢飯作りが大変だったんだ。材料も集めるのが、大変だった。

 

お塩に、お酢、お砂糖、それから、海苔、僕は、この時まで、知らなかったんだけど、お寿司って、お砂糖をつかうんだ。

お砂糖を使うなんて、ケーキみたいだね。知らない事を、また一つ勉強したよ。

 

知識が一つ増えたよ。

知っていることが増える事って、素敵だよね。知識って、たくさんあるんだ、星の数ほど、あるんだ。夜空の星くらい。

いや、もっとかな。それで、僕は、酢飯作りを始めた。

炊いたご飯と、お酢とお塩と、お砂糖を混ぜたものを混ぜてたよ。しゃもじで、混ぜていった。

 

ご飯も初めて炊いたよ。お米を洗って、お水を入れて、電子ジャーで炊いたんだ。

僕が一生懸命、お米を研いでいるとハワードがニコニコしながら、「ラージ。さっきから、何、やってんだ。?」と、横から見てきた。

 

お米を研ぐと、白いお米の汁がでてきた。その白い汁の中で、僕のキャラメルブラウンの肌の手は、シャカシャカと仕事をしていた。

 

ハワードはそれを見て、「何だか、面白そうだな。それ。僕にもやらせてよ。」といった。

 

けれど、僕は、断った。お米は、僕が研ぎたかった。ハワードに任せると、絶対、お米を、流してしまうと思った。このお米なんだけど、これ実は、ワコクの米じゃないんだ。

これは、ライスランドのお米なんだ。僕は、食べものにこだわる男だから、ライスランドのお米にしたんだ。

 

ハワードは、僕がシャカシャカと、お米を研いでいる間、ずっと、それを見ていた。

僕がお米を研いでいるのを見ながら、ハワードは、僕に「手なら、さっき洗ってきたよ。ほら、こんなに。きれいだ。」

といって、手を見せてきた。

 

僕はそれを見たとき、ハワードはそんなに、お米を研ぐのをやってみたいのか。と思った、僕は、ハワードにも、シャカシャカをやらせてあげることにした。

ハワードは喜んで、米を洗うのをやっていた。僕はその時、ハワードが、コメのとぎ汁と一緒に、洗ったお米を流しに捨てないように、FBI捜査官みたいにハワードを見ていた。

 

FBI捜査官って、かっこいいよね。クリミナルマインド。よく見てるよ。

僕が、FBI捜査官みたいにハワードをみていると。ハワードが「なんだよ、どうしたんだよ。?」と聞いてきた。

 

僕は、ハワードに、「ハワードが、洗ったお米を、流しちゃうと思って。気を付けてね。インドの神様に誓って。」いった。

ハワードは、大丈夫だよ。といったけど、その時のハワードの顔が笑っていたので、僕は心配になった。

 

僕は、ハワードを見守った。僕が見守っていると、ハワードはとぎ汁をすてた、僕は、この時、インドの神様にお願いをしたんだ。

「あー。神様。ハワードと、可愛い、可愛い、お米ちゃんたちをお守りください。」って。

もちろん。心の中で。顔はFBI捜査官みたいな顔のままだよ。キャラメルブラウンの肌のFBI捜査官って、かっこいいだろうな。

僕の祈りのおかげで、可愛い、可愛いお米ちゃんたちは、流れなかった。

よかったよ。

そして、僕たちは、お米を炊いた。お米が炊けると、お米の甘い匂いがしてきた。

炊飯器も、今日、今夜のために、頑張って、探したんだ。

その匂いに、誘われて、バーナデットちゃんがやってきた。

 

バーナデットちゃんは、「なんて、甘い匂いなの?いいにおい。」といて喜んだ。

 

こうして、僕は、酢飯を完成させた。しゃもじで、酢飯を混ぜるとき、ハワードと、バーナデットちゃんにも、手伝ってもらったんだ。

 

バーナデットちゃんは、お手伝いをする前に、洗面所に手を洗いに行った

二人とも、目を輝かせていたよ。もちろん僕も。皆で何かをするって、楽しいことだよ。

ここまで、来ると、次はお魚。僕は、冷蔵庫から、取り出してきた。おいしい赤身は、マグロやサーモン。白身は、ヒラメ、スズキ。いかもあった。

 

今日は、ワコク ナイトだから、ワコクのかなで山のお魚をそろえたんだ。

バーナデットちゃんはそれを見て、「これ、お寿司ね。お寿司っていいわよね。」と言って、喜んでいた。

 

お魚だけじゃないよ。フライも用意したんだ。フライは、ハワードと一緒に挙げたんだ。たまねぎにチキン。やけどをしないように注意してあげたんだ。

 

 

この時、バーナデットちゃんには、お刺身の盛り合わせと、海苔、をもっていってもらったんだ。

メインの酢飯は、僕が持ってきた。フライは、ハワードが持ってきてくれた。

 

さあ、お楽しみの時間だよ。

 テーブルに、お刺身と、のり、それから、僕と、ハワードと、バーナデットで作った酢飯、チキンのフライ、たまねぎのフライが並ぶと、僕たちは、椅子に座った。

僕は、この時、ハワードとバーナデットに、「今日は、ワコク ナイトだ。」といった。僕がそういうと、二人は、「イエーイ。」と言って喜んだ。僕も、この時、「イエーイ。」と言った。

僕は、そういうと、さっそく、海苔を手に取って、酢飯を載せて、好きなお刺身、マグロと、サーモンとイカをとって海苔で、巻いて食べた。とってもおいしかったよ。

僕がそうやって、食べていると、バーナデットちゃんも僕真似をして、それをめずらしそうに見ていた。

そして、僕に、「ラージ。このお寿司は、そうやって食べるのね。」と、いって、僕の真似をして、手巻き寿司を作って食べた。

バーナデットちゃんは、白身と、マグロを巻いていた。

手巻きずしを作る時、バーナデットちゃんの白い綺麗な手が、とってもかわいらしかった。

僕は、その手を見たとき、可愛いと思った。けれど、怒ると、こわいんだよな。とも思った。

 

今日のバーナデットちゃんは、機嫌が良かった。

僕は、いつも、こうだったら、いいのに。と持った。

僕が、そう思っているとハワードも「ラージ。ワコク ナイトだぜ。トウヨウの神秘だ。これでいいのか。」と言って、僕の真似をして、手巻き寿司を作った。

ハワードは、サーモンと、マグロを巻いたのと、さっきのチキンと、たまねぎのフライを巻いたのを作った。

 

ハワードはその手巻きずしを「うまいな。これ。ラージ。手巻き寿司。ありがとう。」、「揚げたてのフライは、やっぱり、美味しいな。」と言って食べた。

僕は、その顔を見たとき、頑張って、のりやお魚やお米を集めてきて、良かったな、と思った。

良かったな、という気持ちになると、なんだか、心がほっとして、さあ、食べよう。という気持ちになった。

 

僕は、また手巻き寿司を作り始めた。今度は何にしようかな、ハワードもバーナットも、楽しそうに作って食べていた。

 

シェルドンと、レナードがいないのが、残念だったけど、とっても楽しかった。

今度は、シェルドンとレナードとペニーも一緒に、手巻き寿司をやりたいなと思った。