nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

シロクマ先生の冒険。

シロクマ先生の冒険。

シロクマ先生はエヴァンゲリオンに登場するアスカラングレーが好きなんだそうです。もう2X年のこの道、何十年のお付き合いなのだそうです。

アスカは先生が困ったとき、辛いときにエールを勇気をそしてお疲れ様をくれるそうです。真心をくれるのですね。アスカは赤い服を着て戦っているので先生が還暦になっときにあかいちゃんちゃんこエヴァンゲリオン アスカ仕様)を着るのでしょうか、と書いてありました。そういうと同じ赤いキャラクターである。赤い彗星シャア・アズナブルも中年のおじさん風になってきた。商品展開されるようになってきましたね。とも書いてありました。少年期や青年期、中年期でもよいです。人生のライフスタイルに

で出会ったキャラクターたちがその人、見た人、聴いた人の中で同じく年を取っていく。不思議ですね。そういうと彼らも作品の中で生きているような気がします。記事の中にもあったアスカの武器はまがぎょうぎょう武器ではなくて学校で中学生の女の子が振り回すような武器、カッターナイフのような武器なんだという文章は読んでいて心に刺さりました。そういえばワンピースのルフィも少しおじさん、もものすけくんの登場やジョイボーイの秘密やワンピースとラフテルの関係などが明かされて少し大人になったような気がします。ルフィにも進むべき道、冒険の意義について考えるときがきたのでしょうか。

心の中のキャラクターたち。いや、彼らは彼らだよ。という意見もありますがそれらと共に共存、共栄、共に生きそして、亡くなる。そんなことを思うと物語を書く意義が分かるような気がしました。物語とは人と共に生きるものなのだ。と思いました。物語の中の彼らと年を取り、時に共栄し、語り継がれていくそれが物語だと思いました。シロクマ先生の枕元にアスカが現れるといいですね。勉強になりました。