nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

アルティメットセオリーの法則。パラレルファクター。

はじめに。

僕の名前は、ネズジョウジと言います。

今回、僕は、パラレルファクターと、僕の好きなビックバンセオリーを混ぜて見たいと思います。

なので、彼らをカメリアに移住させたいと思います。

 

やあ、僕の名前は、シャルダンだ。

昨日は、レオナルドのやつが、僕のことをバカにしたんだよ。もうなんで、バカにするかな?

レオナルドの方が、僕より、おバカなのは、事実じゃないか?君たちなら、よーく知ってるはずだよ。この間、ワコクに行った時だって、僕の方が、埼玉のこと、よく知ってたよね。

たこ焼きなんかも、食べたよね。

美味しかったよ。また、行きたいよ。

僕は、迷信や魔法なんか信じないけど、時々、あんなのを見ると、鬼とかって、本当にあるかもしれないって思うよ。

不思議だよね。僕は、カメリアの教会の神父の息子だ。ぼくのパパは、神父様で、呪詛や、魔法の研究をしているんだ。バカみたいだよ。

今これからは、ITの時代だよ。かのワコクのせんろ議員も、行ってるよ。今は、ワコクと、カメリアが、手を取り合って、世界をよくしていくんだ。って、パトリックパータースンは、仁の人だよ。ワコク、素晴らしいよ。アスミちゃんの国だ。

 

あー、これ、うまく動作してる。あーテストテスト、アイム、レオナルド。こんにちは。ニーハオ。ダンニャバード。ぼくは、レオナルドと言います。ぼくは、ドレスタニアの片田舎に、産まれました。僕の母は、メイドです。

父は、馬車の運転手です。僕の国には、カメリアみたいに、電気や電車や汽車や野球チームも、ありません。だから、とっても、驚きました。あーそうそう。一番驚いたのは、シェルダンだ。シェルダンは、なんでも、かんでも、自分なんだ。もー、やんなっちゃうよ。

でも、ベリーがかわいいから、許しちゃうもんね。 

 

やあ、僕の名前は、チャン。チャン ブルースだ。

僕は、あのリーフリィ系のカメリア人さ。

僕のパパは、一番最初に、カメリアで、電気を学ぶため、リーフリィから、僕のママと、夫婦で、リーフリィから、カメリアに移ったんだ。

そして、二人は、異国の地、この大地で、社会の荒波に耐えながら、カメリアンドリームをつかんだ。そして、カメリアン電力を立ち上げたんだ。

そして、愛が、燃え上がり、回り回って、僕が、この僕様が産まれたってわけ。だけど、パパは、僕が小さい時に、ママをおいて、リーフリィに帰っちゃった。社長も、やめちゃった。

どうしてるのかな。パパ。会いたいよ。僕。だけど、僕、アイツ許せない。あいつは、僕とママを捨てたんだよ。 僕、許さないから。

あー、ごめん、暗い話は、よそう。

僕ね。ブドーなら、少しできるよ。だって、僕には、リーフリィの血が流れているからね。なんだよ、ほんとだよ。僕をいじめるな、ママに言うぞ。僕のママは、でかいんだぞ。心がとか器がじゃないぞ。本当にでかいんだ。

ケチャップの殻をいっぱい集めてるんだぞ。

僕が、部屋で変なことしてたり、エッチなテレビを見てたら、何やってんだい。チャンって、怒るんだぞ。参ったか。あれ、僕の話だけ、なんか変、?

 

はーい、私の名前は、ベリー。昨日のお話にも、出てきたわよね。私の夢は、女優になること、チャームポイントは、この赤いかわいいめがね、あー、それから、ブロンドきれいな髪

あー、特技は、片言だけど、ワコクの言葉が話せることね。あー私、一年間、ワコクで、ウエイトレスをしていたから、ワコクは、とても、素敵なところだったわ。一番の思い出は、そいたまで、お祭りを見ながら、レオナルドたちとたこ焼きを食べたこと。とっても、美味しかったわ。

ジムにも、食べさせたいわ。ありがとござます。あれ、これであってる。?私、ベリー、よろしくね。

 

やあ、僕、アミルン。アミルンカーン。

僕は、インディラから、カメリアに、留学してるんだ。英語、難しかったけど、シャルダンも、チャンも、優しくて、僕に、英語を教えてくれたんだよ。ベリーも、優しいよ。

僕の周りには、優しい人がたくさんいるなあ。

ねえ、みんなのまわりには、いる。?

ねえ、きみのくにでは、優しいって、なんて言うの?

 

やあ、僕の名前は、シチュイー。

僕ね、図書館で働いているんだ、

僕の図書館は、とても、居心地がいいって言われるよ。嬉しいなあ。そう行ってもらえると、とっても嬉しいよ。僕ね。図書館が好きなんだ。本も、もちろん好きだよ。だけど、一番は、図書館なんだよ。図書館っていいよ。いろんな人が、集まってくるからね。

小さい子から、お兄さん、お姉さん、お父さんお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんまで。

みんな、それぞれ、違う本を読んだり、借りたりしていく。不思議だよね。だけど、どこか、面白くて、愛おしい。あれ、愛おしいなんて、なんだか、キザっぽいかな?だけど、僕、そう思うんだよ、ねえ、君も、おいでよ。待ってるから。いつでも。ゆっくり時間が流れてて、いいところだよ。

 

ねえ、ちょっと、チャン。どうなってるの?

私の自己紹介が遅いじゃないのよ、?

はーい、私、バーニーよ。私は、お薬づくりを研究しているの。私ね。お薬をたくさん作って、病気の人、患者さんをたすけたいの。

だけど、いまは、とっても、イライラする、アングリーよ。もう、どうなってんだい?チャン。そこに、座りな、アミルンも、だよ。

 

僕ら、アルティメットセオリー。

我ら、化学を志す者なり。