nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

エルモとおじさん。学園パラレルファクター。

今日はね。とっても、いいことがあったの。

今日は、エルモは、おじさんと、お買い物に行ってきましたよ。

おじさんのよく行っているスーパーは、

職人さん用、プロの人が使う食材、食べ物が、

いーっぱい、あったんだ。エルモ、こんなに、たくさん、いろんなお肉やお魚、お野菜が、たくさんあるお店なんて、見たことなかったから、とーっても、うれしかったの。

ハハハ、それでね。エルモ、おじさんに、

おじさん、美味しいものがたくさんあるね。

クッキーも、たくさん。ハハハ。クッキーモンスターが、いたら、みんな、食べちゃうね。

おじさん、今日は、エルモが、お買い物係でよかったね。でも、クッキーモンスターに、おみやげを買っていこう。きっと喜ぶよ。そうだよね。おじさん。と、行って、笑ったんだ。

そしたら、おじさんは、そうだな。おみやげをかっていかないとな。ヒナ坊と、クッキーモンスター、それから、歌の上手いビックバードにも、買っていこう。と、笑った。

それを見て、エルモはね。うわあって、あったかい気持ちになったんだ。みんなの喜ぶ、顔を想像したら、とっても、ハッピーな気持ちになったんだ。ハッピーな気持ちって、いい気持ちだよね。エルモは、この前、おじさんに、

おい、エルモ、よく頑張ってるな。エルモがいたら、店の中、明るくなるな。俺、一人だと、そうはいかねえや。エルモ、ありがとよ。って、褒めてくれたんだ。

エルモ、このお店で、お仕事が、出来て嬉しいよ。うまく出来なくて、大変だ。って、思うときもあるけど、いいことがあったら、そんなこと、どこかへ行っちゃうよね。エルモ、とっても、いい気持ち。ねえ、君は、どう思うかな?ハハハ。

そうそう。エルモ、お買い物の話、してるんだった。エルモ、そのあと、お肉も、お野菜も、買ったよ。お肉は、ドレスタニア産、お野菜は、リーフリィ産だったよ。エルモ、リーフリィのお野菜、大好き、かぼちゃ、なんかね、甘くって、美味しんだ。黄色くて、ビックバードみたいだよね。黄色くて、大きいの。ハハハ。

そうそう、赤い、お野菜もあるよね。トマト、だよ。トマト、エルモと、一緒の赤いトマト、元気いっぱいな色だよ。赤色はね。

そう、エルモたちのお店では、サラダにして出してるの、緑色のキュウリも、一緒に、レタスも、アスパラガスも、エルモたちのお店は、お野菜も、たくさんあるの。ハハハハ。お野菜たくさん。おじさん、ありがとう。

おじさんは、ほうとうに、優しいよ。

エルモも、優しいよ。だからね。お仕事、がんばるの。エルモ、みんなに、笑顔になってほしいから。ハハハ。

エルモたちがハッピーで、おじさんも、ハッピーで、エスヒナもハッピーで、僕らのお店に来てくれた、お客さん、みーんなも、ハッピーなの。こうやって、ハッピーの輪が、広がっていけば、いつも、みんな、いつもより、もっと、楽しく、すごせるよね。

今日は、おじさんと、お買い物に行って来ました。

楽しかったなあ。ねえ、みーんなも、身の回りのハッピー、楽しいことを探してみようよ。

帰ったら、みんなにも、聞いてみようっと。

おじさんの、ハッピーって、なあに。って聞いたら、おじさんは、そりゃ、お前、あれだ。って、言って、教えてくれなかったんだ。

おじさん、照れちゃって。おじさんのハッピーって、なんだろう?エルモ、考えてみるよ。

考えることは、楽しいよ。頭を使うんだ。

考えると、なんだか、自分が、いつもより、スマートになったような気がしない。?

考えるって、楽しい。素敵だよね。ハハハ。

おじさん、僕、頑張るよ。もっと、楽しく、元気いっぱいに。

今日は、楽しかったなあ。

明日は、どんな冒険が、待ってるんだろうね。

エルモ、とっても、楽しみ。

帰るとき、おじさんがね。綺麗な夕日を見ながら、エルモ、よく聞け、夕日が、綺麗な日の次の日はな、晴れるんだ。お前の国には、こんなのねえだろ?って、言ってくれたんだ。

へえ、そうなんだ。エルモ、そんなこと、知らなかったよ。おじさん、ありがとう。

そうなんだ。夕日が、綺麗な日の次の日は、

晴れるんだ。そうなんだ。エルモ、知らなかった。エルモ、信じるよ。

帰るときに、みんなへの、クッキーモンスターと、エスヒナ、ビックバードに、お土産を買ったよ。美味しい、クッキーを買ったんだ。

チョコチップに、抹茶、みかんに、ぶどう、りんごいりも、あるの。たくさんあるね。みんなで、食べようね。ハハハ。今日は、楽しかったよ。また明日ね。