nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

エルモのカレー。学園パラレルファクター。

ハーイ。エルモだよ。今日はね。とっても、いいことがあったんだ。

エルモは、今日、おじさんと、一緒に、美味しいカレーを作ったんだ。

おじさんのカレーは、世界で、一番、美味しいんだよ。

おじさんは、エスヒナのために、カレーを作ったんだ。エルモも、お手伝いをしたよ。

ジャガイモの皮をむいたり、人参を切ったりしたんだ。

ジャガイモの皮と、人参の皮は、ピーラーって、いう、皮をむくときに使うものを使ったよ。

皮が、上手に、むけたとき、おじさんは、

エルモに、「エルモ、上手に、できたな。」って、言ったんだ。そのとき、エルモ、嬉しくて、「エルモ、うまく、できた。やったー。おじさん、エルモ、嬉しいよ。」って、喜んだんだ。

そしたら、おじさんは「エルモ、嬉しいか?そうか。だけどな。嬉しいことは、まだ、これからだ。って、言って、笑って、今度は、エルモに、ルーを作るのを手伝ってって、言ったんだ。

カレーのルーって、どうやって作るのかな?

エルモは、知らなかったから、どうやって作るんだろうって、よく、考えたんだ。

ねえ、知ってた?頭を使うって、とっても、いいことなんだって、頭を使うとね。スマートになれるって、エルモも、スマートになりたいよ。

アイム、スマート。頭を使うって、楽しいね。

カレーのルーって、何からできてると、思う?

小麦粉からできてるんだ。エルモ、知らなかったよ。

それをね。カレー粉と、混ぜて、カレーのルーを使って行ったんだ。

フライパンの上で、混ぜて作ったんだ。

とっても、いい色だったよ。匂いも、とっても、いい匂いだったんだ。

イッ ッツ、インタレスティング。ハーハー。

エルモ、また、知ってることが増えたよ。

知ってることが増えるって、とっても、素敵だよね。

これをね、お野菜のたくさん入った、お鍋に入れていくんだ。

お鍋の中では、おじさんが、世界中から、集めた美味しい野菜が、たくさん、入っていたんだ。

そこには、さっき、エルモが、皮をむいたり、切ったりした、ジャガイモや、人参も、入っていたよ。

エルモが、それに気づいて、うわー、エルモが、切ったのも、入ってる。って、喜んだよ。

さしたら、おじさんが、「エルモは、可愛いな。」って、言って、笑ったんだ。

僕、可愛いって、とっても、嬉しいな。

おじさん、エルモとっても、嬉しいよ。って、いったら、おじさんは、「エルモ、その笑顔を忘れないで。」って、言って、ちょっと、悲しそうにしたんだ。

エルモは、あれえって、思って、どうしたのかな?って、思って、おじさんに、どうしたの?おじさん。」って、言ったら、「なんでもない。

ただ、笑顔は、大事だぞ。って言いたかったったんだ。」って、エルモの頭をポンポンって、してくれたんだ。

その時、エルモ、心があったかくなって、

あー、ジュリアは、心があったかくなるから、

エルモに、いつも、「エルモ、頭、ポンポンして、って、いうんだね。」って、思って、ふーむって、関心していたんだ。

ねえ、頭、ポンポンって、いいね。これから、クッキーモンスターとか、ビックバードにも、やってあげよう。っと。

あれぇ、だけど、ビックバードは、エルモより、ビックだから、手が届かないよ。

だけど、そんな時は、これだ。

今日は、美味しいカレーを作ったら、みんなに、食べさせてあげよう。

クッキーモンスターにも、ビックバードにもね。これなら、どんなに、ビックな人の頭でも、ポンポンって、できるよ。

そうだ。ジュリアにも、まって、帰ってあげよう。今日の僕は、カレーのデリバリーだ。

アイム、デリバリー フロム  セサミストリート。ハーハー。とっても、いい気持ちだ。

おじさん、ありがとう。

今日は、カレーを作ったんだ。

とっても、いいカレーなんだ。

エルモの切った、ジャガイモ、人参、元気な野菜たちが入っているよ。おじさん、エスヒナにも、届くといいね。きっと、届くよね。

エルモ、信じるよ。今日は、いい気持ち、アイム、ハッピー。