nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

僕のメガネが褒められた。パラレルファクター。

僕が、学校で、廊下を歩いているとレナード君が、「やあ、町田君、今度、ひな祭りパーティーを学校でやるから、来てね。 」と、ひな祭りパーティーの招待状を僕に渡してくれた。

その招待状には、楽しい五人の科学者による楽しいひな祭りパーティー。町田 ヤスオ君へ、レナード  ホフスタッターより。と書いてあった。

僕は、それを読んだ時、とても、嬉しい気持ちになった。

レナード君に招待状をもらって、嬉しくなった僕は、レナード君に「レナード君。ありがとう。僕、嬉しいよ。」といって、一緒に、しばらく、廊下を歩くことにした。

レナード君は、僕と歩いている時、「君のメガネ。クールだね。僕も、メガネをしてるけど、君のは、僕のより、クールだよ。おひな祭り、楽しいから、来てね。待ってるよ。」と、いった。

僕は、レナード君に、メガネのことを褒められて、嬉しかった。なぜかというと、僕には、少しだけ、メガネには、こだわりがあるからだ。

このメガネは、僕は、とっても、おしゃれなメガネだと思う。それによく見えると思う。

そういう、レナード君のメガネも、いいめがねだとおもうよ。だって、よく似合っているから。レナード君のメガネも、素敵やな。と思う。

そう思った僕は、「レナード君のメガネも、素敵だと思います。ひな祭りパーティー、楽しみです。」と、レナード君にいった。

僕が、そういうと、レナード君は、嬉しそうに、「そう。僕のメガネも、僕によくにあってる?そうか、ということは、僕たちは、イカしたメガネコンビって、こと。?いいね。そうそう。楽しみにしててよ。僕たち、張り切っちゃうもんね。」といって、笑った。

僕が、レナード君と、話していると、ペニーさんがいた。アスミちゃんも、一緒だ。二人は、楽しそうに話している。

僕は、アスミちゃんに、話しかけると、アスミちゃんは、元気に「町田君。ひな祭りパーティー。楽しみだね。ひな祭りパーティーって、知ってる?ペニーさんたちが、開いてくれるんだって、町田君。楽しみだね。」って、笑った。

アスミちゃんが、そういうと、僕は、「うん。そうだね。ひな祭りパーティー、楽しみだ、僕も、行くよ。アスミちゃん。パーティー、おもしろいといいね。」といった。

僕が、そういうと、アスミちゃんは、「はい。おもしろいといいですね。ペニーさんたちが、考えた、パーティーだから、きっと、楽しいよ。町田君も、一緒に、楽しもうよ。私も、パーティー、行くよ。」といって、ふふっと笑った。

その笑顔は、とても、可愛らしい笑顔だった。

僕は、その笑顔が良く見えた。

なぜかというと、さっき褒められたメガネをかけているからだ。。いつも、このメガネは、かけているんだけど、いつも、アスミちゃんの笑顔は、見ているんだけど、今日は、いつもよりよく見えた。

アスミちゃんは、とっても、嬉しそうにしていた。

それを見て、ペニーさんも、かわいくふふっと笑って、「アスミちゃんは、とっても、キュートね。アスミ、キュート。」といって、笑った。

ペニーさんが、そういうと、「ペニー、ペニーも、素敵だよ。君は、僕の天使だよ。良い会にしよう。ペニー。アスミちゃんも、よろしくね。」といって、笑った。

レナード君が、そういうと、ペニーさんは、

「レナード。あなたも、素敵よ。レナード。良い会にしましょう。」といって、笑った。

僕は、それを見て、二人は、自分の気持ちを恥ずかしがらずに、伝えることが、できるんだ。

すごいなと思った。

僕も、この二人みたいになりたいと思った。

僕が、そう思っている間、アスミちゃんは、楽しそうに、笑っていた。

僕は、それを見て、「アスミちゃん、ひな祭りパーティー、楽しいと良いね,」と笑った。

僕は、その顔を見て、可愛いと思った。そう思うと、「いつか、レナード君たちみたいに、自分の気持ちを伝えることが、できるように、なったら、良いなと思った。

僕が、そう思っている間、アスミちゃんは、楽しそうに笑って、ひな祭り、楽しみだね。」といって、笑っていた。

その笑顔は、とっても、よく見えた。

くっきり、はっきりと見えた。

どうしただろう。メガネが、褒められたからかな?僕は、そう思った。