nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

バレンタイデーと、男の戦いの法則。学園パラレルファクター。

今日は、僕に、とって、少し、ドキドキする日だ。

なぜかというと、バレンタインデーだから。

バレンタインデーは、女の子から、チョコレートを貰う日。

貰えるかな。もらえるといいなあ。

朝、シェルドンに話をしたら、「もらえるといいね。レナード。応援しているよ。」って、笑った。僕は、笑ったシェルドンに「もらえるかな。シェルドン。僕、チョコレート、楽しみだよ。授業中も、積極的に発言したり、体育の授業も、頑張っちゃうもんね。特に、ペニーに、アピールしないとね。他の子にも、もちろん。アスミちゃん。とか。」って、言ったら、シェルドンは真面目な顔をして「レナード、いいかい。?バレンタインデーって、いうのはね、その日だけ、アピールしても、ダメなんだよ。」といった。

この時、僕は、分ってないな。と思った、それは、そうかも、知れないけど。もしかしたらって、言うのがあるかもしれないだろ。シェルドン。と思った。

けれど、シェルドンのいう事も、一理あった。バレンタインデーだからと言って、その日だけ、頑張っても、だめかもしれないと思った。

だけど、僕も、女の子からのチョコレートがほしいと思って、

「やってみなくちゃわからないだろ。?シェルドン。前向きに、いこう。前向きに。」と言って、笑った。僕が、笑うと「そうかな。?チョコレート、貰えるかな。?前向きにね。よし、分った。僕も、頑張ろう。チョコレート、僕も、ほしいからね。」といった。

この時、僕は、僕も、チョコレートがほしいといった。シェルドンが、おかしくて、フフっと笑った。僕は、笑って、「シェルドン。君も、チョコレート、ほしいのか。?」といって、笑った。

僕が、笑うと、シェルドンは「当たり前だ。僕だって、チョコレートがほしいよ。レナード、何がおかしい。抗議するぞ。」といって、笑った。

この時、僕は、シェルドンも、男なんだなと思った。シェルドンが、男、あのシェルドンが。?シェルドンも、男の子なんだね。

そう思った僕は、「お互い、頑張ろう。シェルドン。チョコレート、貰えるといいな。」といって、笑った。

僕が、笑うと、「こちらこそ、健闘をいのるよ。」といって、笑った。

僕は、この時、今日のシェルドンは、いつもと、違うなと思った。

この時も、やっぱり、シェルドンも、男なんだなと思った。

僕たちがそういっていると、チャイムが鳴った。

男の戦いが、今、始まったわけだ。

この時の、僕の耳には、いつもの、聞きなれたチャイムも、格闘技のゴングの様に聞こえた。

僕は格闘技は、痛そうだし、怖いから、あんまりみないんだけど。

この時の僕には、そう聞こえたんだ。

よし、そうと決まれば、頑張っちゃうもんね。シェルドンも、頑張れよ。

一時間目は、僕の、得意な、数学だった。僕はこれは、いいぞ。と思って、積極的に手を挙げた、シェルドンもだ。ルビネル先生が「この問題、分る人。」というと、

僕も、シェルドンも、はい。はい。といった。

僕たちが、積極的に、手を挙げると、ルビネル先生は、おかしく思ったのか。フフっと、笑った。僕はこの時、忘れていた。このクラスには、町田君がいることを、忘れていた。町田君は、授業中、積極的に手を挙げる。

町田君は、いつも、アスミちゃんと、一緒にいる。いつも、謙虚で、優しい男だ。

僕も、少し、見習いたいと思う、僕も、町田君みたいになりたいな。

だけど、今日は、そんな町田君が、相手だ。負けないぞ。と思った。

シェルドンも、同じだったに違いない。いや、シェルドンは、もっとかな。

シェルドンは、自信たっぷりだから、誰よりも、一番最初に応えたいと思っているに違いない。

けれども、誰にみんなの前に、出て答えて、貰うかを、決めるのは、先生だ。

先生。どうか、僕を当ててください。と思った。

そう思っている僕を見て、ルビネル先生は、笑った。そして、「レナードくん。前に出て、答えてくれるかな。」と、言った。

その時、僕は、「ヨッシャー。嬉しい。」と思って、「はい。」といって、前に出た。

僕は、黒板の所に行くとき、「よし、チョコレートに一歩、近づいたかな。と思って、いた。

そう思った僕は、黒板に、すらすらと、答えを書いていった。

僕は、この時、嬉しかった。

僕が、答えを書くと、先生は、「はい。正解。」よくできました。といった。

僕は、この時嬉しかった。だけど、シェルドンは、先を越されたという、顔をしていた。

町田君は、僕を見て、笑っていた。

それも、そのはずだ。男の戦いをやっているのは、シェルドンと、僕だけなんだから。

僕が、問題を答えると、数学の授業は、終わった。

ここまでは、良かったんだ。ここまでは、

二限目は、体育だった。今日の体育は、サッカーだった。

体育は、苦手だ。特に、サッカーやバスケットボールは、苦手なのだ。

寒いグラウンドで、僕は、シェルドンと、同じチームになって、グラウンドでボールを、追いかけた。僕は、運動が苦手だ。でも、今日の僕は、違うよ。シェルドンも、だ。

僕は、負けないぞ。相手チームには、ラージとハワード。芦華君がいた。僕よりも、みんな、体格ががっちりしている。でも、僕は、負けなかった。今日の僕は、戦士だ。と思って、ボールをラージや芦華くん、ハワードと、奪い合った。けれど、三人の方が強かった。

僕は、ボールを奪っても、すぐにとられた。

その時、僕は、悔しくなった。

だけど、弱気になるのは、まだ早かった。

僕一人だけで戦っているわけじゃなかった。

シェルドンが、ボールを取り返してくれたんだ。

シェルドンは、「その時、僕は、シェルドンクーパー。僕は、僕だから、負けないよ。誰にもね。だって、僕は、僕だから。」といって、ボールを奪い取った。

そして、すごい速さで、ゴールまで、走った。

ここ一番のシェルドンは、誰にも、止められない。運動会の時も、そうだった。

僕は、それを見て、頑張れ、シェルドンと、いって、シェルドンを応援していた。

その時、僕は、これは、チームスポーツだったことを思い出した。そう思うと、僕は、シェルドンを追いかけた。

シェルドンの背中を追いかけた。

ゴールまであと少し、けれど、そのシェルドンの前に、ラージが立ちはだかった。

シェルドンは、芦華君と、ハワードをうまく巻いたと思ったのに、ラージだけは、いつまでもついて来た、

ラージは、シェルドンに、「僕は、インドのおぼっちゃま学校では、サッカー名人って、呼ばれていたんだよ。シェルドン、今日は、いつになくやる気だね。」といって、シェルドンのボールを奪おうと、怪獣のように、襲いかかった。シェルドンは、「なんて、パワーだ。どうしたら、いいんだ。」といって、泣きそうになった。

その時、僕は、「シェルドン、こっちだ。パスしてくれ、こっちに、僕なら、やれる。僕に、渡せ。シェルドン。」といった。

僕がそう言うと、シェルドンは「レナード。頼んだよ。それ。」といって、僕の方に、パスを出した。僕は、シェルドンのボールを受け取ると、すぐに、シュートした。

友達から、親友から、ライバルから、奪った、ボールをゴールに、シュートした。

ゴールキーパーは、町田君だった。

僕の渾身のシュートは、町田君の足と足の間を姿速さで、駆け抜けて、いって、一点が入った。

この試合は、このシュートで、僕たちが勝った。僕と、シェルドンが勝った。

僕は、嬉しかった。

僕は、この時、やったぞ。シェルドン。と叫んだ。  

その時、僕の目の前が真っ暗になった。

気がつくと、僕は保健室のベットで寝ていた。

隣のベットでは、シェルドンが寝ていた。

保健室の窓から、夕日が指している。

外は、もう、夕方なっていた。

僕は、あれ、と思った。

僕をペニーが見ていた。

僕は、メガネをかけなくても、ペニーだとわかった。

 

ペニーは、心配そうに、僕を見ている。

隣のベッドでは、シェルドンも、寝ている。

ペニーは、「サッカーでヘトヘトになって、二人とも倒れたのよ。もう、何やってるの。レナード。もう、二人とも、運動は、苦手でしょ。」といった。

僕は、心配そうに、そういった。ペニーに、ごめんね。ペニー、ごめんなさい。今日、バレンタイデー、だったから、僕も、シェルドンも、頑張ろうって、張り切っちゃって、ごめんね。ペニー。といった。

僕が、そう言うと、ペニーは、バカね。レナード。本当に、馬鹿よ。バレンタイデーのチョコは、なしよ。といった。

僕は、この時、とても、残念に、思った。

バレンタイデーのチョコレートをもらうために、頑張ったのに、チョコレートが、もらえないなんて。だけど、当たり前のことだ。

僕は、今日、とっても、馬鹿なことをした。

もらえなくて、当たり前のことを

そう思った僕は、隣のベッドで寝ている、シェルドンに、「ごめんね。シェルドン。僕が、今日は、男の戦いの日だなんて言うから、こんなことになって、しまったんだ。ごめんね。」といった。僕は、そういった時、目から涙が、ポロポロと、出て来た。

僕が泣いていると、シェルドンは、うるさいな、抗議する。」といって、目を覚ました。

僕は、その時、嬉しかった。シェルドンが、このまま、起きてこないんじゃないかと思ったからだ。

シェルドンは、起きると、「ねえ、レナード。チョコレートは、貰ったかな。ねえ、ペニー、レナードが、チョコレート。欲しいって。

今日は、バレンタインデーだからね。

と、いった。

シェルドンが、そう言うと、ペニーは、「シェルドン、何いってんの。こんな馬鹿なことをして、心配させる人に、チョコレートなんか、あげないわ。」といった。

僕も、そう思った。今日は、僕は、僕は、もらえらない。とおもった。

ペニーがそう言うと、シェルドンは、こういった。「どうして、今日のレナードは、いつもより、勇敢だったし、賢かったんだ。数学の問題だって、みんなの前で、ちゃんと答えたし、体育のサッカーだって、僕のパスをちゃんと、受け取って、決勝ゴールを挙げたんだよ。いつものレナードより、とっても、いいよ。とっても、素晴らしい。だから、チョコレートをあげてよ。今日のレナードは、すごかったんだ。

といった。

この時のシェルドンは、とても、優しい目をしていた。

とっても、可愛らしい。顔だった。

僕は、その顔を見て、シェルドンに、可愛いと言うのも、変なんだけど、可愛いとおもった。

シェルドンが、そう言うと、ペニーは、

「そう。バレンタイデーだから、頑張っていたのね。バカね。レナード、シェルドンも。私、心配してたのよ。本当に。」といって、ないた。

ペニーは、泣きながら、バカね。バカね。といって、僕に、チョコレートをくれた。

僕も、この時、泣いた。だって、こんなバカなことをした僕にチョコレートをくれるんだ。とおもった。

シェルドンは、この時、キョトンとして、

「何で、二人とも、泣いてるの?チョコレートをもらったり、渡したりして、感動したんだね。今日は、僕も、とっても、感動したよ。だって、サッカーをして、僕のチームが、勝ったんだから。今日は、良い日だな。」といった。

そういっているシェルドンにも、ペニーは、

チョコレートを渡した。その時、シェルドンは、「ペニー、チョコレート。ありがとう。とっても、嬉しいよ。男の戦いは、これにて、閉幕だ。」といって、喜んでいた。

 

僕は、この日が、いい日だったのか、悪い日だったのか、わからない。だけど、今日は、バレンタイデー。

ペニーから、チョコレートをもらえて、嬉しかったよ、それに、シェルドンにも、珍しく、褒められたし、よかったよ。

その様子を、保健室の先生が、黙って、見ていた。