nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

感謝します。インドの神様の法則。パラレルファクター。

聞いてよ。きょうはね。とっても、いいことがあったんだ。それは、女の子を誘って、断られて、泣いていた僕を、なんと、友達が、はげましてくれたことだ。

僕、とっても、嬉しかったな。

僕はね、今日、桜井さんに、取材を受けたんだよ。 桜井さんは、夢に向かって、頑張っている若者を取材しているんだって、言ってた。

僕、嬉しかったんだよね。

だって、最初の取材の申し入れのお手紙に、

クースラポリ博士って、書いてあったんだよ。

とっても、嬉しかったよ。シェルドンでも、レナードでも、ハワードでもなく、僕にだよ。

僕ね、嬉しくなって、すぐに、ハワードに、電話したよ。

そしたら、ハワードは、「よかったな。ラージ。取材、楽しんでこいよ。クースラポリ博士、よかったな。僕も、嬉しいよ。」って言ってくれたんだ。

ハワードが、僕のことを「クースラポリ博士。」って、言った時、思わず、わらっちゃったよ。だって、いつも、ハワードは、僕のことを下の名前で呼ぶのに、この時は、上の名前で呼んだもんだから、「あれ、どうしたの?」って、思って、笑ったんだ。

でも、ハワードが、僕のことをクースラポリ博士って、呼んでくれた時、嬉しかったよ。

これで、僕も、一流の科学者の仲間入りかな。って、思ったんだ。

今年でインドから、アメリカにやってきて、何年かな?

アメリカに、きたばかりの頃は、言葉が、よくわからなくって、困ったよ。

インドも、英語を話すんだけど、なんとなく、違って、聞こえるんだ。

だから、困ったんだよ。そう、食事、食べ物も、最初は、困ったな。だけど、食べ物は、美味しいから、すぐになれたよ。

だけど、言葉だけは、なかなか難しかった。でも、

でも、僕は、夢を叶えるために、この国に来たんだ。お父さんを、超えてやるって、おもったら、力が湧いてきて、言葉の勉強にも、研究にも、熱が入ったんだ。

僕の研究は、宇宙の研究。夢は、大きくて、綺麗な星を見つけること。

星につける名前は、もう、決めてあるよ。

「ラージ。」って、つけるんだ。

桜井さんに、このことをいったら、「ラージさんの見つけた。星の名前がラージ。って、なんだか、おもしろいですね。」って、笑ってたよ。おもしろい。?でも、僕の見つけた星に、僕の名前をつければ、どこの国の人でも、この星は、僕が見つけたって、わかるよね。

宇宙は、広いんだよ。その中に、僕の名前のついた星が、あるって、素敵だよ。

笑った時の桜井さん、可愛かったな。

桜井さんの肌は、僕の肌みたいに、美しくて、

とっても、綺麗な肌だったな。

桜井さんの話をしていると、なんだか、涙が出てきたな。

また、会えるといいなあ。と思うよ。

桜井さんには、夢が、あるんだって、

苦しんでいる、人のために、記事を書く、っていう、夢があるんだって、僕は、桜井さんの夢を聞いた時、素敵な夢だな。と思ったよ。

そう思った僕は、「僕たち、夢に向かって、頑張ってるね。僕たち、夢を追いかけている。

僕も、頑張るから桜井さんも、頑張ってね。」って、いったんだ。

これは、僕の取材だから、聞いちゃいけなかったかもしれないけど、僕が、桜井さんに、取材の時に、聞いたんだ。

そしたら、教えてくれた。

桜井さん、素敵な女性だったな。

ワコクには、初めてきたけど、いいところだね。

また、会えるよね。桜井さん。

夢に、向かって、頑張ってね。

僕、応援しているよ、

ラージ クースラポリ

インドが、生んだ、美しいキャラメルブラウンの紳士より。

 

でも、そのあとが、よくなかった。

僕ね、桜井さんを、誘っちゃったんだよ。

遊ばないってね。そしたら、仕事があるからって、ラージさんの、記事を作らないとって、断られたんだ。

僕は、残念に思って、そう、といって、

お別れした後、一人で、賑やかなお祭りのところへいったんだ。

一人で、夜風に当たりたかったんだ。

もしかしたら、桜井さんをエスコートして、

一緒に、お祭りを楽しめたかもしれないのに。

僕は、歩きながら、「残念だな。」と思って、

しょぼんとしていたよ。

そしたら、美味しそうな、匂いがしたんだ。

キスビット名物、たこ焼きと書いてある屋台から、美味しそうな匂いがしてきたんだ。

とっても、いい匂いだった。

この匂いを嗅いでいると、なんだか、お腹が、すいてきた。

不思議だよ。

匂いに誘われて、屋台の方へ行くと、

小さくて、丸い、パンケーキみたいな、食べ物が、たくさん、焼いてあった。

真ん中には、小さく切った、タコが、入っていた。

これは、なんだろうと思っていると、屋台の呼び込みの女の子が、「美味しいですよ。おひとつ、いかがですか?」って、いった。

僕は、おもしろいと思って、その女の人に、

「僕も、1つ、もらうよ。なんていうの。」といった。

おもしろいって、思ったのも、そうだけど、

その女の人も、可愛かったから。

その子の、白い肌は、僕も、びっくりの綺麗さだっただ。。インド人も、びっくりだよ。

僕が、そういうと、その子は、その丸くて可愛いパンケーキみたいな食べ物を僕に、一つくれた。

一つって言っても、一個じゃないよ。だから、たくさん入っていたよ。

僕は、一つください。としか、いってないのにね。言葉って、面白いね。

もっと勉強したいよ。

僕は、その丸くて可愛いパンケーキみたいな食べ物を食べた。

その味は、もう、インド人も、びっくりの味だった。

このインド人のびっくりというのは、僕が、アメリカに来て、間もないころ、

ハワードが、僕に、「ラージ。とっても、面白いギャグをあげるよ。」って、言って、

くれたギャグなんだ。とっても、面白いから、よく使ってるんだ。

響きが、いいよね。

僕は、丸くて可愛いパンケーキみたいな食べ物が、おいしくて、この食べ物、何ていうのかな。と思って、その女の人に、この食べ物、何ていうのかな。、僕に。教えてくれる。って、聞いたんだ。

そしたら、その女の人は、「たこ焼きです。おいしかったですか。」といって、笑ってたよ。

その可愛い顔を見ていると、また、桜井さんの事を思い出した。

ああ、桜井さん。とっても、可愛かったな。素敵だったな。

そう思うと、僕はその女の人に大声で、「ああ、とっても、おいしいよ。たこ焼き。おいしかったよ。ありがとう。」といって、泣いていた。

僕が、そういうと、その人は、困った顔をして、僕を見た。

ああ、女の人に、大声をあげてしまった。ごめんね。

でも、僕、さみしいよ。

ああ、インドに帰りたい。

ああ、インドの神様。僕をお助けください。

僕は、心の中で、そう思った。

すると、とても、良いことが起きた。

それは、僕の友達のレナードが、僕の所へ、やってきたことだ。

レナードは、僕の所にやってくると、「やあ、ラージ。どうしたの。何を泣いてるの。」といった。

僕は、レナードがそういったとき、とっても、嬉しかった。

そして、強く抱きついていた。

アメリカでは、ハグというものがあって、楽しいときやつらいとき、良くするんだって。とっても、いい文化だね。シェルドンは、嫌がるけど。

そして、僕は、レナードの胸の中で、泣いた。

僕が、泣いていると、レナードは、僕の背中をポンポンと、たたいて、

「そうか。」「そうか。」っていってくれたんだ。

とっても、嬉しかったな。

僕は、いつも、つらいとき、悲しいとき、すぐ、インドへ帰りたくなる。

だけど、つらいとき。悲しいときには、いつも、君たちがいる。

シェルドンや、レナード、ハワード、ペニー、バーナデットがいる。それから、シュチュワートも、

君たちといると、僕は、楽しい気持ちになる。楽しい気持ちになると、また、明日からも、頑張ろうって、思えるよ。

ありがとう。僕は、君たちに出会てよかったよ。

皆、シェルドンも、レナードも、ハワードも、ペニーも、バーナデットも、、シュチュワートも、それぞれ、夢に向かって、頑張ってるよ。

皆、キラキラ、光ってるよ。夜空の星みたいにね。

僕も、光っているのかな。かっこよく、光っているのかな。

光ってるといいなあ。桜井さんも、頑張ってね。夢を持っている人は、美しいよ。

素敵だよ。僕のキャラメルブラウンの肌みたいにね。

感謝します。インドの神様。僕を素敵な、仲間、お友達と、出会わせてくださって、

ありがとうございます。

これからも、僕は、頑張りますから、どうか、見守っていてください。

そうだ。レナードが、僕が泣いているとき、何も、聞かずに、「そうか。」「そうか。」って、言ってくれたとき、うれしかったな。

ありがとう。僕は、幸せだな。