nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

サクラの国の桜井さんの法則。パラレルファクター

僕は、今日、とっても、素敵なお誘いを受けたんだ。

最初、僕を取材をするって聞いた時、すごい。って、思ったよ。

それで僕は、ワコクへ行ったんだ。

ワコクだよ。外国だよ。この僕が行くんだ。

ワコクの町は、素敵だよ。レナードが、ワコクには、時間がゆっくり流れているって、いってたけど、本当だったんだ。

僕は、とっても、いい気持ちで、ここで話しましょうと、言われた喫茶店へ行った。

その喫茶店は、とっても、いい喫茶店だった。

何だか、ここでなら、ゆったりと、すごせる。

書き物や勉強をするのにも、最適だね。って、思ったよ。

そうそう、メイドさんも、いた。

メイドなら、僕のインドの家にも、たくさんいたけど、ワコクのメイドさんも、よかったよ。

黒髪と、白いメイドさんの服がよく似合っていて、とっても、キュートだった。

あ、ワコクでは、キュートな事をかわいいって、いうんだったよね。僕、よく知ってるでしょ。僕はね、勉強が好きなんだ。

僕が、喫茶店で、ゆったり、ホットコーヒーを飲んでいると、その人がやってきた。

その人は、僕の話を記事にしたいんだ言っていた。でも、なんでなんだろう?

僕が、その人に、ラージです。よろしくおねがいします。って、いうと、その人は、桜井さんと言った。

桜井さんは、とっても、フレッシュな感じで、とっても、可愛かった。

僕も、なんてかわいいんだ。って、思ったよ。

挨拶をすませると、早速、僕の話に移った。

その時、僕は、嬉しかった。だって、シェルドンでも、レナードでも、ハワードでも、なく、僕なんだ。って、思った。

うれしくなった僕は、「ねえ、なんでも、聞いて、また、いったんだ。女の子前だから、なんだか、気分が、良くなってね。

桜井さんは、「ラージさんの、小さい頃について、おしえてくれませんか?って、言って、僕の小さい時のことを聞いてきた。

僕は、そうだなあ。って、昔のことを思い出した。

僕は、医者の息子として、インドに生まれた。

僕の家には、メイドさんも、たくさんいた。

休みの日には、映画館に行って、よく映画を見ていたよ。僕の国は、映画が盛んで、たくさん作られているんだ。

中学生になると、インドでも、結構有名なおぼっちゃま学校に入学して、学校のバドミントン大会で、優勝したんだ。

みんな、喜んでくれたよ。ラージ。ラージって、ね。

だけど、高校生ぐらいから、ラージさんよ。あの大先生の息子の。とか、ぼっちゃま、ぼっちゃまって、言われるのが、ちょっと、疲れちゃって。

だから、僕は、環境を変えるため、アメリカに行ったんだ。

高校からは、前から、興味があった天文学者になるために、一生懸命、勉強したんだ。

なんで、天文学なんだろう。広い宇宙に、あこがれたのかな。

語学も、勉強したよ。英語、うまいでしょ。僕。

語学は 、得意なんだ。お父さんが医者だからかな。

僕、おしゃべりも好きなんだよね。僕は、アメリカに来て、よかったと思うよ。

ハワードやレナード、ちょっと、変わってるけど、とっても、楽しい男のシェルドン。

皆、優しんだ。彼らは、僕をおぼっちゃま、おぼっちゃまって、言わないから、ちょっと、リラックスできる。この喫茶店みたいにね。僕は、桜井さんにここまで話すと、ちょっと、感極まって、泣きそうになった。だけど、僕は素敵な男。キャラメルブラウンの肌の素敵な男だから。我慢した。

ここまで、話すと、桜井さんは、「あの、ラージさんって、キラキラしてますね。今、とっても、輝いていますよ。アメリカへきて、良かったですね。って言ってくれたんだ。この時、桜井さんは、ちょっと、涙声だった。どうしたんだろう。僕の昔の話を聞いて、感動したのかな。ありがとう。

そう思った僕は、桜井さんに「僕の事、キラキラしてるって、ありがとう。僕、とっても、嬉しいよ。そうだね。桜井さんの言うとおりだ。僕は、アメリカに来て、皆に会えてよかったよ。それから、ワコクに来て、良かった。桜井さんにも会えたしね。」といった。

僕が、そういうと、「ラージさん。ありがとうございます。ワコクに来て、よかったですか。?」と笑った。

僕は、桜井さんがそういったとき、「本当だよ。いい国だね。ワコクは。」といった。

僕がそういうと、桜井さんは僕に、将来の夢、目標を聞いた。

僕は「そうだな。僕は、自分で星を見つけること。きれいな星だといいなあ。それで、名前は、ラージにするんだ。」といった。

僕が、そういうと、桜井さんは「ラージさんが見つけた星の名前がラージ。面白いですね。」といって、笑った。桜井さんの笑った顔はとっても、可愛い顔だった。

僕は、そんな桜井さんに「そう。面白い。?でも、僕の名前を付ければ、すぐに、僕が見つけたって、わかるじゃない。」って、言った。

そうだ。僕は、星を見つけたいのだ。自分の力で、この広い宇宙の中から星を見つけたいのだ。

そういうと、桜井さんは「素敵ですね。ラージさんの夢。頑張ってください。

私、応援していますから。と、笑った。

本当に可愛らしいなあ。桜井さん。僕は桜井さんが笑ったとき、そう思った。

そう思うと、僕は、桜井さんに「ねえ、桜井さんの夢ってある。僕の取材だから、変なこと聞いてごめんね。でも、僕、聞いてみたいんだ。」といった。

僕が 、そういうと、桜井さんは「私の夢ですか。」と口ごもってしまった。

僕は、この時、あっ。いけない。と思ってインドの神様、ごめんなさい。」と心の中でインドの神様に謝った。だけど、僕が、そう思っているまに、桜井さんは

「私の夢は、苦ししがってる人の支えになる記事を書くことです。」と、言った。

この時、とっても、いい夢だと思った。苦しんでいる人の支えになる記事を書く。素敵じゃない。?と思った。その素敵さにインド人もびっくりだよ。と思った。

そう思うと僕は、桜井さんに「桜井さん。頑張ってね。僕たち、お互い、夢に向かって、頑張ってるね。」と、言った。

僕が、そういうと、桜井さんは、「そうですか。?」と言って、笑った。これも、また、可愛らしい笑顔だった。

夢に、向かって、頑張っている人って、美しいよね。僕のこのキャラメルブラウンの肌みたいにね。

僕と桜井さんが、お互いの夢について、はなしていると、取材の時間は、終わった。

桜井さんは、取材が終わるとき、僕に「ちょっと、時間が長くなっちゃって。ごめんなさい。」と僕に謝った。

謝るときも、桜井さんは、可愛らしかった。

今日は、ワコクの喫茶店で、とっても、いい時間を過ごした。

とっても、有意義な時間だったよ。

桜井さん、頑張ってね。僕、応援してるから、僕は、ラージ。キャラメルブラウンのインドが生んだ素敵な男。よろしく。

外に出て、桜井さんと別れるとき、星がきれいだったなあ。

外に出ると、商店街が賑やかだったから、ふざけて、一緒に遊ばないっていったけど、仕事があるからって、断られちゃった。まあ、いいや。夢に向かって、頑張って、僕、応援してるから。僕の記事、楽しみだな。

いい時間だったな。そう思った僕は、一人で、賑やかな商店街のほうへ行った。

 

長田克樹 (id:nagatakatsuki)さん、桜井さんをお借りしました。

 長田克樹 (id:nagatakatsuki)さん、そい玉県をお借りしました。