nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

私の事、待っててくれたんだね。って、思いました。パラレルファクター

今日、私は、おばあちゃん先生にご挨拶をした後、おばあちゃん先生に「今日は、楽しんでいってね。って、言われました。

その時おばあちゃん先生の笑顔は、とっても、いい笑顔でした。

おばあちゃん先生にご挨拶をした後、私は、ドレスに、着替えるために、更衣室に行きました。

今日は、とっても、嬉しい日です。だって、新しいドレスが着られるからです。

いつもは、青や藍色のドレスのことが多いんだけど、お母さんが、「アスミちゃん、アスミちゃんは、赤が似合うと思う。とっても、かわいいわよ。」って、赤いドレスを作ってくれました。

私は、お母さんが、「赤いドレスが、似合うと思うわ。」って、いった時、嬉しいなあ。って、思いました。

私は、赤色が好きです。赤は、元気な色だからです。お父さんが赤は、おめでたい色なんだよ。アスミ。」って、教えてくれました。

赤は、おめでたい色なんだって、聞いて、わたしは、そうだ。って、思いました。だって、お赤飯も、赤色です。ランドセルも、赤色です。

そう思うと、とっても、赤色は、いい色だね。って、思いました。

ランドセルというと、小学生の時のわたしのランドセルの色は、赤色でした。

お父さんが、小学校に入学するときに、「わたしに、アスミ。入学おめでとう。」って、買ってくれました。だから、私は、何か、新し事を始める時は、赤い色のものを使うのかな。?

おめでとう。って、時は、赤い色の物を使うのかな。?って、思います。

そう思いながら、私は赤い色のドレスに着替えました。

この公演は、わたしにとって、新しい挑戦です。始めて、女子大で、コンサートをするのです。だから、これも、新しい事だって、思います。そう思うと、力が湧いてきて、怖い気持ちは、どこかへいってしまいました。

そう思うと、行くぞ。って、自然に声が、出ました。この時、私は、鏡を見た時、びっくりしました。なんだかって、いうと、綺麗な女の人が立っていたからです。私は、この時、素敵だな。って、思いました。

これは、私なんだけど、この時は、そう思いました。

私は、この時、その女の人に、大丈夫、あなたならできる。頑張って。って、はげまされたような気がしました。

そう思うと、また、力が湧いてきて、「行くよ。」って、思いました。

私が、そう思って、更衣室を出ると、ジェームズ先生がいました。

先生は、赤いドレスを着た私を見て、

びっくりして、「とても、綺麗です。アスミさん。今までで、一番、似合っていますよ。って、いってくれたので、うれしかったです。

私は、この時、嬉しい気持ちで、いっぱいでした。この時、今日も、ああ、演奏が、できる。って、思いました。

そんな気持ちで、ジェームズ先生について行くと、講堂に着きました。

講堂に行くと、私は、拍手で迎えられました。

とっても、大きな、拍手でした。

その時、私は、私のこと、待っててくれたんだ。って、うれしくなりました。

そう思うと、また力が湧いてきました。

私は、たくさんの人の拍手を受けながら、

ピアノの所へ行きました。

そこまでは、私一人で、行きました。

ステージへ上がる階段も、一段、一段、しっかりと、登りました。

ピアノは、キラキラと、舞台の明かりに照らされて、光っていました。

その時の、ピアノは、私を待ってくれていたみたいでした。

私は、この時、うれしくなりました。

この時、いつも弾いているピアノとは、違うのに、なんだか、いつものピアノみたいな感じがして、面白かったです。

うれしくなると、私は、皆さんに、深々と、おじぎをして、

今日のために練習してきた私は、ブラームスのピアノ小曲集 の作品118 を弾きました。

その時、講堂に集まった皆さんは、また、私に拍手をくれました。それは、とても、大きな拍手でした。私は、その時、うれしいなあ。って思いました。

そう思った私は、ピアノの椅子に座って、ピアノを弾き始めました。

その音は、どこまでも、優しく響いていました。

長田克樹 (id:nagatakatsuki) さん 、そい玉県をお借りしました。