nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

笑顔を作る魔法のサイトの法則。パラレルファクター。

やあ、僕の名前は、シェルドンクーパーだ。

今日は、レナードたちと面白い遊びをしたから、皆に報告したいなと思って。

僕は、今日、パラレルファクター、キャラメーカーというので、遊んでみたんだ。

そこに僕の名前を入力すると・・・・出身国候補:リーフリィ
種族:鬼
年齢:若齢
性別:女
職業候補1
:騎士
職業候補2
:調理師(パディシエ、ソムリエ)
信念:中立 

と出てきた。これを見たとき、僕は、嘘だろ。と思った。なんでかっていうと、性別が女と書いてあったから、びっくりしちゃったんだ。

そして、このキャラメーカーに、抗議したくなった。

僕は、男がいいんだよ。

 

けど、職業候補に、騎士とパテシエ。ソムリエと書いてあるのは、とっても気分がいいよ。そうだよ。僕の料理のセンスは、とっても、良いんだ。

よく、中華料理を家で、食べてるしね。万が一、僕のセンスが悪かったとしても、ラージに、料理や、お酒や、お菓子の事を、教えてもらうよ。

彼は、優しいから、僕が頼むと、喜んで教えてくれるだろうね。

けど、僕の性別を女性だと書いたのは、よくないよ。

僕が、僕が、そう思って、抗議したくてうずうずしていると、レナードがやってきた。

レナードは、僕のところまで来ると、「シェルドン。なにやってるの。」といったので、僕は、レナードに、「パラレルファクター、キャラメーカー。だって。」といった。

僕が、そういうと、レナードは、「へえ、キャラメーカー。面白そうだな。僕も、やってみるよ。」といって、笑った。

そして、レナードは、自分の名前をレナードと打ち込んだ。

結果は、出身国候補:ルウリィド
種族:サムサール
年齢:成人
性別:乙浪
職業候補1
:ヒーラー
職業候補2
:モデル
思考:直感で動く と出た。

僕は、この時、笑った。だって、レナードも、女性と出たからだ。

僕がレナードに、女の子だって。?面白いね。と言って笑っていると、

「シェルドン。なんで、笑うんだよ。いいじゃない。乙狼、可愛いよ。

僕は、キュートだから、きっと、可愛い狼にきまっているよ。それに、職業が、ヒーラーとモデル。回復役は、冒険には、必要だと思うし、モデル何て、最高だよ。

メガネの似合う、綺麗なモデルさん。いいなあ。君は、わらったけど、僕は、良いと思うよ。いいじゃない。これ、おもしれー。って、思うよ。

僕は、レナードが、そういっている間、なんだか、苦し紛れだな。と思ったけど、

冒険には、回復魔法が使える人がいないと、困るし、僕が、ケガをしたら、誰が、面倒を見てくれるんだ。?と思ったので、それも、いいなあと思った。けど、「レナードが、モデルなんて、おかしいよ。」と言って、僕は、笑ったことを取り消さなかった。

僕が、レナードにそういうと、レナードは、そうかなといった。

僕は、レナードが、そういったのが、おかしくて、また笑った。

僕が、笑っていると、今度は、ペニーがやってきた。

ペニーは、僕に「駄目じゃない。シェルドン。レナードをからかわないの。」といった。

ペニーが、そういうと、レナードは、そうだぞ。と言って、僕に注意した。

僕は、ペニーに、そういわれて、そうだよね。ごめんよ。レナード。僕は、君を傷つけてしまった。ごめんなさい。」と、レナードに謝った。

僕が、そういうと、レナードは、僕に、「いいよ。」と許してくれた。

僕は、仲直りのしるしに、ペニーに、パラレルファクター、キャラメーカーの事を教えた。

僕が、教えると、ペニーは、「なにそれ、おもしろそう。」といって、ペニーも自分の名前を打ち込んだ。すると、

出身国候補:アンティノメル
種族:アルファ
年齢:老年
性別:女
職業候補1
:軍人
職業候補2
:学生
思考:まず現実的に考える 。

と出てきた。

それを見て、ペニーは、「うげえ、私、おばあちゃん。おばあちゃんの学生。?

じゃなくても、おばあちゃんの軍人さん。あら、私、嫌よ。」といった。

僕は、この時、おかしくて笑った。だって、おばあちゃんになった、ペニーの事を想像したら、おかしくてね。それから、うげえって、何。面白いと思って、また笑った。

僕が、笑うと、レナードも笑った。

僕と、レナードが笑うと、ペニーは、何なのよ二人とも。」といって、笑った。

僕は、この時、思った。ペニーが、おばあちゃんになっても、レナードと、一緒にいて、僕も、そこにいて、一緒に今、みたいに笑えればいいなあ。と思った。

そうおもうと、当然そこには、ハワードと、ラージもいてほしいなあと思った。

そう思うと、ハワードや、ラージたちの事も、知りたくなった。

そう思っていると、僕の耳に「おい、シェルドン、なにやってるんだよ。」と言う声が聞こえた。もちろん、その隣には、ラージも、一緒だ。彼の肌は、今日も、美しいキャラメルブラウンだ。

二人がやってくると、レナードと、ペニーは、暖かく、ハワードたちを迎えた。

もちろん、僕も、二人に、元気よく、「こんにちは。ハワード。ラージ。」と、言った。

そういうと、僕は、ハワードとラージに、パラレルファクター、キャラメーカーの事を教えてあげた。

僕が教えると、ハワードも、ラージも、すぐに理解した。

すぐにだよ。すぐに。なんてったって、彼らは、この僕に教えてもらったんだ。僕は、教え方が、良いからね。

そして、ハワードは、自分の名前を、パラレルファクター、キャラメーカーに、

「どれどれ。」といって、何かを調べるように、打ち込んだ。

すると、出身国候補:チュリグ
種族:アスラーン
年齢:若齢
性別:乙浪
職業候補1
:村人
職業候補2
:土木建築業
信念:善

と、出てきた。

それを見て、ハワードは、「いいじゃない。おい、僕、女の子だってさ。職業も村人に、土木建築業。いいね。僕、おっとりとした村人になるよ。僕はね。可愛いだろうね。バーナデットみたいにね。」と、喜んだ。

彼が、そういうと、ラージは、ふふっと、笑って、「なんか。君らしいよ。それに、女の子なら、おっぱいも毎日、見放題。触って、みるのもいいかもね。」といって、笑った。

ラージが、そういった時、ペニーが、なんだか、うげえ。って、顔をしたけど、僕は、言わなかったよ。え、なんでかって、それが、友達と言うものだからね。

僕が、そう思っていると、ラージが「次は、僕の番ね。といって、笑った。

僕は、ラージがそういった時、彼は、インドの神様が好きだから、きっと、いい結果がでるよ。と思って、ラージに、「健闘を祈る。いい結果が、出ると、良いね。」といった。

ラージは、僕が、そういうと、「ありがとう。シェルドン、君は、優しいよ。」といって、自分の名前を、パラレルファクター、キャラメーカーを打ち込んだ。

結果は、

出身国候補:銜尾蛇 
種族:鬼
年齢:高齢
性別:女
職業候補1
:シャーマン
職業候補2
:土木建築業
信念:善 と、出た。

ラージは、この結果が出たとき、僕たちに「やったー。僕、女性だよ。きっと、肌が美しいんだろうな。今の僕みたいね。」といって、喜んだ。

ハワードが「でも、ラージ。高齢だぞ。おばあちゃんだぞ。」といった。

レナードも、そうそう。といった。

けれど、ラージは、「おばあちゃんでいいじゃない。僕は、きっと、おばあちゃんになっても、美容に気を使うだろうから。大丈夫だよ。それに、僕のお父さんの病院によく来てくれた、おばあちゃんたちは、皆、優しくて、キュートで、チャーミングだったよ。」といった。

僕は、そういったラージが、とっても、ピュアだなと思った。

そんな彼を見ていると、僕は、心が温かくなった。

今日、僕は、パラレルファクター、キャラメーカーで遊んだ。

パラレルファクター、キャラメーカーで、遊ぶ時間は、とっても、楽しい時間だった。

レナードも、ペニーも、ハワードもラージも、みんな笑っていた。

とっても、楽しかった。

楽しい気持ちになると、さっきの僕の抗議したい、気持ちは、どこかに消えていた。

僕は、その時、とっても、不思議だなと思った。

そう思うと、これは、パラレルファクター、キャラメーカーじゃなくて、

笑顔を作る夢のサイトなんじゃないかと思った。

そう、思うと、ここにはいないけど、シュチュワートやバーナデットのことも、

それから、ホーキング博士の事も調べてみようという気持ちになった。