nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

シェルドンの思い出の法則。学園パラレルファクター。

今日、僕は、ラージと、ハワードに、

ツン子さんと、知り合いなの。?って、言われた。

僕は、この時、僕と、ツン子さんが、知り合いだと、いけないのかな。と思って、抗議したかったけど、我慢して、そうだよ。僕と、彼女は、知り合いだよ。と言ったんだ。

だって、これは、事実なんだから。

僕と、ツン子さんは、知り合いだ。それから、シチュワートも、それから、レナードも、

なんでも、僕とか、レナードとか、シチュワートと話すと、小説のアイデアが、湧いてくるんだって、不思議だよね。

まあ、僕も、レナードと、話すと、新しいものが、閃くことがあるから、よくわかるよ。

人とお話しすると、新しいアイデアが思い浮かぶ時があるんだよね。 

だけど、不思議だよ。なんで、思いつくのかな。

そして、そのアイデアは、僕の生活をより良いものにするんだ。例えば、新しい勉強法とかね。

レナードと、お話をすることが、僕の生活をより良いものにするように、僕らと、ツン子さんとの、会話もまた、ツン子さんの小説に、新たなインスピレーションを与えるんだ。

でも、なんでかな。?なんで、僕らとの会話なのかな。僕は、今日、そんなことを思いながら、ラージと、ハワードと一緒に、ツン子さんと話した。

ツン子さんと、話している間、ラージと、ハワードは、顔を赤らめていた。

僕は、この時、わらった。だって、顔を赤らめて、女の人と話すなんて、レナードみたいだとおもったから。レナードは、ペニーと話す時、時々、顔を赤らめる。

これも、不思議だ。

彼らは、自分のお母さんと、話すときも、顔を赤らめるのかな。?

いや、お母さんは、家族だ。気になる女の子だったら、赤くなるものか。でも、ハワードは、

バーナデットといる時、顔を赤らめたりしないよ。ハワードにとって、バーナデットは、また違う関係なのかな。とおもった。

そう思うと、今度、ハワードに、聞いてみようと、おもった。

僕と、ツン子さんの出会いの話なんだけど、

あれは、このあいだの運動会の前の日だ。

僕は、本番前の最後の練習をするため、公園に行った。

その公園は、僕のお気に入りの公園で、緑が豊かで、とっても、良い公園だ。

天気も、よかった。空は、晴れていて、爽やかだった。

僕は、その公園で、汗を流した。

二時間ほど、走って、汗を流した。

とても、良い汗だった。

爽やかな公園で、爽やかに、汗を流す。

こんな素敵なことは、ない。

だから、この時、僕は、明日の運動会は、必ず、一番になれるとおもった。

そう思うと、僕は、いい気持ちになって、近くのベンチで、休もうとおもった。

僕は、このベンチで、休むのが好きなんだ。

僕は、ベンチに座って、体を休めた。

空を見ると、白い雲が風にのって、青い空をふわふわと流れていた。

僕は、それを見て、「いいなあ。君は、気楽で。僕は、運動会の練習で、忙しいよ。」と、いった。

僕は、こういった時、なんだか、小説家みたいだとおもって、笑った。

僕も、小説を書いてみようかな。?とおもった。

僕が、そうおもっていると、小さいノートと、ペンを持った、女の人が、やって来た。

その女の人は、眼鏡をかけていた。

僕は、その子を見た時、バーナデットみたいだ。とおもった。けれど、バーナデットの眼鏡は、赤色だ。だけど、その人の眼鏡は、黒い眼鏡だった。

だから、違う人だとおもった。 眼鏡も、違っていたけど、その人は、僕たちより、大きい人だった。多分、僕たちより、年上だ。

僕より、年上だなんて、なんだか、抗議したかったけど、ここで、抗議をしたら、僕の尊敬している、ホーキング博士にも、抗議しなくちゃいけなくなるから、やめた。

その人は、僕の所までやってくると、隣、座って、いいかしら。といった。

僕は、これにも、抗議をしたかっけど、ノートと、ペンを持っていたから、僕は、その人に、

「いいよ。ここは、僕のベンチだけど、お勉強をするんだったら、いいよ。」といった。

その人は、僕が、そういうと、ふふっと、笑った。

僕は、この時、また抗議をしたくなったけど、

僕は、勉強するものの味方だから、僕も、ニコッと笑った。

アスミちゃんみたいにね。

僕が、笑うと、その人は、ありがとう。といって、僕の隣に座った。

僕の隣に座ると、その人は、何やら、書き始めた。僕は、その人に、何の勉強。?と聞いた。

その人は、「勉強。?そうね。一つの勉強かも、知れないわね。でも、私、小説を書いてるの。といった。

僕は、その人が、そういった時、びっくりした、小説を書いている人にあったのは、初めてだったから。あ、テレビ以外での話だよ。

だって、レナードも、ハワードも、ラージも、シチュワートも、ペニーも、バーナデットも小説を書かないからね。

だから、僕は、小説を書いてるの。といって、喜んだ。

僕が、喜ぶと、その人は、また、笑って、

「そんなに、珍しい。?小説書くのって、楽しいわよ。」といった。

僕は、その人が、そう言うと、「そうか、じゃあ、僕も、書いてみようかな?題名は、シェルドン クーパーの不思議な日常だ。といった。

僕が、そう言うと、その人は、「そう。あなた、シェルドンって、言うのね。と言った。

僕は、楽しい気持ちになった。

楽しい気持ちになると、僕は、その人に名前を聞いていた。僕が、名前を聞くと、「私、ツン子よ。」と言った。

ツン子さんが、そう言うと、僕は、「よろしく。僕は、シェルドン クーパー。人類の歴史に残る大発見をする科学者になる男だ,と言った。

僕が、そう言うと、ツン子さんは、「そう。人類の歴史に残る発見ね。面白いわね。」と言って、笑った。

僕は、また抗議をしたくなったけど、いい気持ちだったので、また、我慢した。

そして、僕は、ツン子さんに、「そうだよ。僕は、大発見をするんだ。レナードより、先にね。」と言った。

僕がそう言うと、ツン子さんは、「レナードって、誰。?と聞いてきた。僕は、レナードのことをツン子さんに教えてあげた。

ハワードのことも、ラージのことも、ペニーの事も、シチュワートのことも、バーナデットのことも、教えてあげた。

僕が、みんなのことを教えている間、ツン子さんは、僕の顔を見て、真剣に、僕の話を聞いてくれていた。

僕は、そんなことを、今日、思い出した。

空も夕日で、赤く染まっていた気がする。

そうそう、その日は、お話に夢中になって、運動会の練習を途中で、やめちゃったんだ。

でも、よかったよ。お話できて。

 

 長田克樹 (id:nagatakatsuki)さん、沿玉県の古手都子さんをお借りしました。