nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

笑おう。笑っちゃおう。 パラレルファクター

僕は、公園にやってきた。

この公園は、不思議な公園だ。僕がこの公園にくると、いろんな人に会えるのだ。

この公園で、一番最初に、あったのは、お笑い芸人の又吉さんだった。

又吉さんは、とても、優しい人で、僕と、缶コーヒーを飲んだ。

その時、僕、又吉さんに、缶コーヒーを買ってあげた。

二番目は、クレイジーキャッツの植木 等さん。

植木さんは、映画の中では、のんびりとした印象で、いつも、面白い人なのに、

目の前で、生でみると、少し、違っていた。

僕が、この公園で、みた植木さんは、皆の前で、元気に歌を歌って、

汗を流して、皆に歌を届けていた。映画の中ののんびりとしていて、面白い植木さんも、良いけど、歌を、一生懸命歌っている、植木 等さんも、いいなあと思った。

あの時、植木さんは、歌が終わると、さん、ごめんなさいね。ちょっとしたコンサートみたいになっちゃってね。これまた、失礼いたしました。」といって、笑っていた。

僕は、あの植木さんの笑顔が、心に残っている。

植木等さんも、又吉さんも、優しくて、素敵な方だったなあ。

あの時、公園で、歌を歌っている植木等さんを見つけた谷啓さんが、「ガチョーン。」といって、面白かったなあ。

今日は、どんな人に、会えるんだろう。

 

人に、会うのは、少し、緊張する。初めて話す人と話すときも、少しだけ。

けれど、人に会うことは、新しい何かを得られるんじゃないかと思って、とても、良いことだと思う。

今日、僕は、誰に、会えるんだろうか。僕は、楽しい気持ちで、いっぱいになりながら、この公園にやってきた。

公園は、寒かった。けれど、その寒さの中で、ギターを持って、歌を歌っている人がいた。

僕は、その人の歌に、聞き入った。

その人の歌声は、とても、美しい歌声だった。

僕が、その人を見ていると、その人は、僕に気が付いたのか、ニコッと笑った。

その人は、フードをかぶっていて、顔は、分らなかったけど、口元が、ニコッと、なっていた。

僕は、それを見て、なんだか、とっても、可愛いらしなあ。と思った。

可愛いというと、笑おう。笑っちゃあう。

ワッハッハのはワッハッハはのはという歌詞が

可愛らしいなあ思った。

僕も、その歌を聞いていると不思議と笑顔になった。

笑うということは、いいことだ。

その人も、元気に、ワッハッハはのはワッハッハはのはと、うたっていた。

その人の歌声は、寒いかなで山の公園に、優しく響いていた。

 

スマイルは、いつだって、ゼロ円。

笑う門には、服着たる。

この歌は、とっても、いい歌だとおもった。

そう思うと、僕は、その人に、話しかけたくなった。

拍手をしながら、僕は、その人に、「あなたの歌。とっても、よかったです。僕も、たくさん、笑いたいと思います。大変良い、歌を聞かせてくれて、ありがとうございます。」といった。

僕が、そういうと、 その人は、ニコッと、笑った。

その人が笑うと、その人の口元がまた、ニコッとなった。

その時、その人は、「そうですか。ありがとうございます。歌は、いいですよ。あなたも、どうですか?」といった。

その人が、そういうと、僕は、恥ずかしくなった。

僕は、歌を聴くのは、好きだけど、歌を歌うのは、恥ずかしいので、あまり歌わないのだ。

けれども、さっきの歌なら歌おうかな。と思った。

そう思うと、僕は、楽しい気持ちでいっぱいになった。

楽しい気持ちでいっぱいになると、僕は、

その人に、一緒に歌いましょう。といった。

僕がそういうと、その人は、また笑って、

歌いましょう。といって、さっきの歌をギターで弾き始めた。

それに合わせて、僕とその人は、

歌を歌った。

スマイルは、いつだって、ゼロ円。笑わな。ソンソン。と歌った。

そして、さっきのワッハッハはのはワッハッハはのはというところも、歌った。

歌を歌うと、体があったかくなった。

ワッハッハと、笑うと、なんだか、いい気持ちになった。

僕も、その人も、一生懸命歌っていた。

僕も、楽しく、うたった。

その人も、楽しく、ギターを弾きながら、楽しく歌った。

僕は、歌を歌いながら、歌を歌うって、楽しいなあ。と思っていた。

 

スマイルは、いつだって、ゼロ円。

笑わなソンソン。

いっしょに笑おう。

いっしょに歌おう。

僕は、その人と歌っていると、楽しい気持ちになった。

その人と、またうたいたいなとおもった。

僕は、その人に、また、歌、いっしょに歌いましょう。といった。

僕が、そういうと、その人は、「そうですね。また、歌いましょう。」といって、笑った。

僕も、その時、笑った。

この時、僕は、あっ。と思った。

名前を聞くのを忘れていたのだ。

けれど、僕がそう思った時、もう、遅かった。

その人は、もう、どこかへいってしまったのである。

僕は、その時、少し、寂しくなった。

けれど、また、会えるよね。と思うと、心の中があったかくなった。