nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

新年のご挨拶 。 パラレルファクター

新年明けましておめでとうゴザイます。

俺は、新年の初日の出をみにいったんだ。

初日はね、とっても、綺麗だった。

光が柔らかくて、とっても、綺麗なの。

海は、優しくて、空は、少し、暗かった。

俺は、この時、お忍びで、来てよかったな。とおもったよ。

初日の出を、見ていたら、心が洗われたよ、

一年の疲れが、取れていくようだったね。

マア、疲れるなんてことは、してないかな。

どうなんデショね。

初日の出を見ていると、なんだか、今年は、

 

しっかりしないとなあ。という気持ちになったわけだ。俺は。

俺は、ずっと見ていたいって、おもったよ。

俺が初日の出を見ていると、面白いことが起きたんだ。

それは、どんなことかっていうと、

若い眼鏡をかけた男の子と、若いカワいい女の子が、お互いに、みつあっていたんだ。

俺は、あれー。いやはや。というふうな感じで、見てたんだ。

こんな、きれいな良い初日の出なのに、見なくていいの?って、おもったよ。

若い二人ってのは、いいもんだね。

若い火ってのは、いつでも、もえあがるのかね。マア、俺には、関係ないか。

だけど、俺は、いくら若くても、こんないい初日の出、見なくちゃ、バチが当たるとおもって、あんまり、声は、出したくなかったんだけど、近くの男の人に「あの子達に、声をかけてあげてくれない。?」って、お願いしたんだ。

俺が、声をかけると、その人は、俺の方を見て、「あなたは、植木等さん。」って、

びっくりしてたよ。

この時、有名になるってのは、嬉しいけど、少し、大変なもんだ。とおもったよ。

だけど、俺が、そういうと、その人は、

その男の子と、女の子に、声をかけてくれたんだ。

その人が、声をかけると、その男の子も、女の子も、初日の出に、気づいたみたいで、二人とも、初日の出を見ていたよ。

その光は、優しく、二人をてらして、

キラキラと、輝いていたよ。

イヤ、とても、きれいだったね。

新年、そうそう、とっても、イイモノが、見れたよ。

俺が、話しかけたのは、見たところ女の子のお父さんだったかも、知れないな。

二人とも、きれいだったな。

初日の出は、とっても、よかったよ。

俺は、この初日の出を忘れないように、しようとおもったよ。

でも、待てよ。俺、なんか、余計なことしちゃったカネ。

こりゃ、お呼びでないね。こりゃ、また失礼いたしました。

本年も、ドウゾ、ヨロシクお願いイタします。

植木 等