nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

お正月のお話 。パラレルファクター

僕は、今日、初日の出を見に行った。

かなで山県は、雄大な山があることで、有名なのだけれど、実は、海も、素晴らしい。

僕は、お国自慢かも、知らないけれど、かなで山のお魚や貝や海藻は、とても、美味しいので、かなで山のお魚や貝や海藻は、世界で、一番、美味しいのではないかと思う。

僕が、海に、初日の出を見に行くと、そこには、たくさんの人がいた。

僕は、その人たちを見て、この人たちは、みんな初日の出を見るために、早起きして、見に来たんだろうな。僕と一緒だなとおもった。

僕も、そのみんなの中に加わった。

僕は、隣に入れてもらおうと、近くの人に

「あの、隣に入れてもらっても、いいですか。?」というと、その人は、「いいですよ。あけまして、おめでとうございます。」といった。

その時、その人は、笑っていた。

僕も、それを見て、笑った。

笑うと、とっても、良い気持ちになった。

僕は、その時、初笑いやな。とおもった。

そうおもった、僕は、その人に、「あけましておめでとうございます。」といった。

僕が、挨拶をすると、その人は、笑って、

また、あけましておめでとうございます。といった。

挨拶も、とっても、いいものだ。挨拶をすると、気持ちが良い。

それにしても、寒い。たくさんの人がいらけれど、寒い。僕は、寒いのは、どうも、苦手だ。

けれども、僕は、初日の出を見たくて、我慢した。

僕は、その人と初日の出を待った。

僕がその人と初日の出を待っていると、

女の子が、僕に「あの、隣、いいですか?」といった。

僕は、その声を聞いたことがあった。

その声は、とても、優しくて、可愛らしい声だった。

僕は、その声をとっても優しい声だな。とおもっていると、その女の子は、僕に、「町田くん。新年明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。」といった。

僕は、その時、びっくりした。

なぜかというと、アスミちゃんは、まだ寝ている通っていたからだ。

僕は、アスミちゃんに、「アスミちゃん。あけまして、おめでとうございます。今年も、よろしくね。」といった。

僕は、その時、アスミちゃんに、ぺこりと、頭を下げた。

僕が、頭を下げると、アスミちゃんは、ふふ。っと、笑って、「町田くん。今年も、よろしくね。」といった。

その時のアスミちゃんは、とても、可愛らしかった。

ふふっと、笑って、可愛らしかった。

笑い方も、とても、可愛いな。とおもった。

僕が、そうおもって、アスミちゃんを見ていると、アスミちゃんは、また、笑った。

アスミちゃんは、笑うと、後ろを振り返って、「お父さん。町田くんだよ。お父さんも、こっちへ来て、一緒に見ようよ。といった。

アスミちゃんがそう言うと、アスミちゃんのお父さんが、「アスミ。一緒に、みよう。」といって、こちらはやって来た。

僕は、アスミちゃんのお父さんにも、あいさつをした。

「アスミちゃんのお父さんあけましておめでとうございます。」といった。

僕が、そう言うと、アスミちゃんのお父さんは、僕に「あけましておめでとう。町田くん。今年も、アスミと、仲良くしてね。」といって、笑った。

アスミちゃんのお父さんが僕にそういった時、

僕は、少し、緊張して、「はい。」といった。

そして、なんだか、恥ずかしい気持ちになった。

アスミちゃんとは、仲良しだ。だけど、アスミちゃんのお父さんに、そんな風に、言われるとは、思いも、しなかった。だから、僕は、恥ずかしくなってしまった。

僕が顔を赤らめていると、アスミちゃんは、

「町田くん、リラックス。」といって、わらった。

アスミちゃんに、そう言われるとなんだか、僕は、体の力が抜けたような気がした。

けれど、アスミちゃんも、この時、ほっぺをリンゴのように赤くしていたような気がする。

寒いからだろうか。

寒いと、人は、ほっぺが、リンゴのように赤くなる。

僕は、ほっぺを赤らめるアスミちゃんも、見た。

その顔は、とっても、可愛らしかった。

僕たちがそんなやりとりをしていると、アスミちゃんのお父さんは、「あれ、アスミちゃん、

町田くん。どうしたの?」といって、笑った。

この時、僕は、幸せな気持ちになった。

多分、この時、アスミちゃんも、僕と、同じ、きもちであったと思う。

違うのは、多分、アスミちゃんのお父さんだけだ。いや、アスミちゃんのお父さんも、同じかな。

僕がそんな気持ちになっていると周りの人たちが、初日の出だ。綺麗。」とか、「今年も、いい年やとええね。」といっていた。

僕は、周りの人たちの声を聞いて、我に返った。

僕は、「そうやった。初日の出を見ないと。」とおもった。

初日の出の光は、綺麗だった。

アスミちゃんも、初日の出を見た。

その時、アスミちゃんは、僕に、「町田くん。初日の出だよ。とっても、きれいだね。」といって、笑った。

僕は、そういって、笑っている、アスミちゃんに「そうだね。アスミちゃん。とっても、きれいだね。」といった。

その初日の出は、とても、きれいだった。

美しく、輝いていた。

そんな美しい光が、僕らを照らした。

アスミちゃんは、その光に照らされて、ふふ。っと、笑っていた。

僕の隣で、ふふっと、笑うアスミちゃん。

とっても、可愛いアスミちゃん。

僕は、そのアスミちゃんの、笑い声を聞きながら、美しい、きれいな初日の出を見ていた。

美しく初日の出を見ていると、僕は、心の中で、幸せだな。とおもっていた。

アスミちゃんのお父さんも、一緒に初日の出を見ていた。

アスミちゃんのお父さんも、笑っていた。