nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

メリークリスマスだよ。って、思います。パラレルファクター

今日、私は、朝から楽しい気持ちでいっぱいでした。

どうしてかって、いうと、今日は、クリスマスだからです。

クリスマスは、とっても、いい日です。

私の大好きなケーキを食べたり、ご馳走を食べたり、ジュースを飲んだり、するからです。

私は、朝から、楽しい気持ちで、いっぱいで、

ジングルベルと、サンタが街にやってくると諸人こぞりてを弾きました。

三曲、弾きました。

とっても楽しかったです。

ピアノに、今日は、クリスマスです。たくさんお祝いしましょう。よかったね。クリスマスだよ。って、事を教えてあげました。

そしたら、ピアノも、私の気持ちに応えて、とても、いい音を出してくました。

その時、私は、ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る。鈴のリズムに、光の輪が舞う。ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る。森に林に響きながら。と、楽しく歌ったり、

さあ、あなたから、メリークリスマス、私から、メリークリスマス、サンタクロース、カーミングトゥータウン。と歌ったり、

諸人こぞりて、いざ迎えよ。と、歌ったりしました。

私が、元気よく、ピアノを弾きながら歌っていると、お父さんが、「アスミ。元気いっぱいだね。今日は、クリスマスの日だから、張り切っているね。」って、言いました。

私は、お父さんのその声を聞いて、そうですよ。って、思って、もっと、元気いっぱいに歌いました。

お父さんは、私の歌を聴きながら、とっても、いい歌だな。という、風な顔をしました。

私は、お父さんの顔を見て、私の歌って、とっても、いい歌なんだ。って、思って嬉しくなりました。

私は、クリスマスの歌を歌いながら、うれしい気持ちになっていました。

歌を歌い終わると、お父さんが、拍手をしてくれて、とっても、うれしいなって、思いました。

歌を歌い終わると、リビングの方から、お母さんの声がして、「アスミちゃん。クリスマスパーティーの準備をするの、手伝ってくれない。?」と、言いました。

私は、その時、嬉しくなって、お母さんに、今、行きます。お母さん、待っててね。」といって、お母さんのところへ行きました。

私が、そういって、お母さんのところへ行こうとすると、お父さんが、「アスミ、ピアノの所を片付けよう。」と言いました。

私は、その時、お父さんに、片付けよう。って、いって、ピアノの鍵盤に、赤い布を乗せて、片付けました。椅子も、きれいにしました。

私が、ピアノの周りを片付けると、お父さんは、「よし、行こう。アスミ。」といって、私と一緒に、お母さんの所に行きました。

お母さんは、台所にいました。

お母さんは、エビフライをあげていました。

エビフライは、きつね色をしていて、尻尾が、赤くなっていました。

私が、お母さんのエビフライを挙げている所を見ていると、お母さんは、「アスミちゃん、今日は、エビフライよ。クリスマスのお祝いよ。」って、言いました。

私は、やった。エビフライだよ。って、思って、喜んでいました。

私が、喜んでいると、「アスミちゃん、嬉しいのは、これだけじゃないの。」って、いって、冷蔵庫のほうを見てニコッと笑いました。

このお母さんの笑顔を見たとき、ケーキと、ジュースもあるんだね。と思って、

お母さんに「ケーキと、ジュースも、あるんだ。やったー。」といいました。

お母さんは、喜んでいる私を見て、アスミちゃん、フライドチキンもあるのよ。」といいました。

その時、私は、また、うれしくなりました、

そう言ったお母さんは、私に、「アスミちゃん。フライドチキン、お皿に、よそっていって。」といいました。

私は、お母さんにそう言われたので、手を洗ってから、お皿にフライドチキンを、よそっていきました。

フライドチキンは、とっても、いい匂いがして、とても、おいしそうでした。

フライドチキンは、とってもおいしいです。

この時、フライドチキンは、あったかかくて、すぐ、食べたかったけど、我慢しました。

お父さんも、この時、お皿にフライドチキンを、よそうのを手伝ってくれました。

お父さんがフライドチキンをお皿によそいながら、「アスミ。おいしそうだね。」って、言って笑っていました。

そのあと、サラダも、お皿に、よそっていきました。

お料理のお手伝いをするのって、楽しいね。って思います。

お茶碗に、ご飯をよそったりするのも、しました。

炊き立てごはんのにおいは、とっても、いい匂いがしました。

フライドチキンにサラダ、ごはんを一生懸命、よそうと、今度は、テーブルに持っていきました。

お箸も、私のと、お父さんのお箸、お母さんのお箸を持っていきました。

私のは、音符の模様のピンクのお箸、お父さんのお箸は、青いお箸、お母さんのお箸は、茶色のお箸です

お父さんも、お母さんも、にこにこしていました。

私も、「クリスマス。楽しいね。お父さん、お母さん。」って言って笑っていました。

私は、この時、お父さんも、お母さんもニコニコ笑っているよ。私も、笑ってるよ。だから、とっても、幸せだよ。」って、思いました。

そう思うと、心の中が、温かくなりました。

テーブルに料理を持っていくと、皆で、食べました。

エビフライも、フライドチキンもおいしかったです。

揚げ物は、とっても、おいしいです。だけど、あんまり食べると、太っちゃうので、いっぱい食べないように気を付けようって思います。

町田君に、嫌われちゃうよ。って思うからです。

私は、ご飯を食べるとき、大きな声で、「メリークリスマス。」って言いました。

そしたら、お父さんも、お母さんもメリークリスマスって、言いました。

ご飯を食べるとき、飲んだジュースのシャンパンが、おいしかったです。

しゅわ。っとして、グレープの味がして、おいしかったです。

クリスマスって、楽しいね。

メリークリスマス。

今日は、とっても、楽しい日だね。って、思います。