nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

レストラン おいしいよ。 一度はおいで。 パラレルファクター

かなで山県、かなで山市、本町というところに、素敵な洋食店がある。

この店では、かなで山の自然の恵みがたっぷりと生かされた、洋食を食べることができる。

一番人気は、海鮮とトマトソースのパスタだ。

この料理には、その日の朝、かなで山の海、かなで山湾で、とれたばかりのイカや、エビが、かなで山の日の光を受けて育った、トマトで釣ったソースで、絡められているのだ。

この料理の命は、このトマトソースと言っていいだろう。

このソースには、沢山のスパイスが使われている。

このスパイスの調合をまかされているのが、この洋食店で働く、料理人の山本 シンイチさんである。

山本シェフは、このソースを作るまで、三年、かかったそうだ。

山本シェフの料理を作っている時の顔は、真剣そのものである。

朝の早い時間から、身支度やお店の掃除、下準備に、取り掛かり、ずっと休む間もなく、他の料理人たちと、料理を作っている。料理だけではない。包丁や鍋の手入れ、ジャガイモの皮むき、にんじんの皮むきソースもドレッシングも作っている。

山本シェフは、なぜこの世界に、はいってきたのか。なぜ、料理人という、道をすすんできたのか。

山本シェフに、聞いてみると、「俺は、料理をたべるのも、作るのも好きだ。だから、はいってきたんだ。だけど、好きだから、だけじゃ、やっていけない時もある。先輩に、叱られたり、なんだりって、するときもある。そんなとき、俺、料理人は、むいてないんやないか。って、思う時もある。だけど、しっかりと、作業ができて、うまくいったとき。ええなあ。まだ、俺、やれるやんな。と思う。といった。

彼らは、日々、厨房や、お店の中で、料理を作っている。

山本シェフは、いう。「それから、お客さまが、料理を褒めてくださったときも、

がんばろうって、思える。といった。

彼らのおすすめは、デミグラスソースだ。

彼らは、いつも、大事な宝物のように、そのソースを混ぜている。

交代交代で、まぜるのだ。このソースは、この洋食店のハンバーグやオムライス、ビーフシチューに使われている、変わったものだと、トンカツにも、使われている。

彼らの宝物のソースは、とてもおいしいので、大人気だ。

この店のおいしい料理を求め、いろいろな人が、やってくる。

中には、お忍びでやってくる有名人、芸能人たちも多いのだとか。

あの映画評論家も、あのサングラスを掛けた坊主頭のラッパーも、あのクレージー キャッツの無責任男も食べに来たことがあるのだとか。

しかし、見つけても、騒がないように、彼らは、お忍びで、来ているのだから、そっとしておこう。でも、もしかしたら、握手や、サインをしてくれるかもしれない。

そんないろいろな人が、やってくる、このお店には、小さなステージがある。

このステージには、エレガントな、グランドピアノがある。

それを時折、この町の、ピアニスト、乃木 アスミさんが弾いている。

このステージは、ピアニストの生演奏が聴けるということで、大変人気だ。

しかし、ピアニストの演奏だからと言って、硬くならなくても良い。

彼女のこのステージでの演奏は、とても楽しく、軽快である。

彼女は、このお店について、「このお店はとってもいいお店なので、皆さんも来てください。私のピアノが、皆さんのおいしい時間、楽しい時間、幸せな時間のお供になるように、優しく弾きます。」という。

彼女の演奏は、月に二回、行わている。昼に演奏する場合と、夜に演奏する場合がある。

彼女の演奏を聴きながら、おいしい料理を食べるのもまた良いだろう。

料理もさることながら、このお店で、働く、ウエイトレスさんたちの笑顔もいい。

彼女らの笑顔は、とても素敵である。

特に、アメリカ人のペニーさんの笑顔は素敵だと思う。

素敵な料理に、素敵な演奏、素敵な笑顔があふれる「レストラン おいしいよ。」

一度、足を運んでみては、どうだろうか。

 

本文 町田 ヤスオ 

取材協力 「レストラン おいしいよ。」シェフ 山本 シンイチ

ピアニスト 乃木 アスミ