nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

山本くんと、植木さん。 パラレルファクター

 

 山本くんと、植木さん。

今日、僕は、山本くんから、とってもいい話を聞いた。

なんと、山本くんの働いているレストラン「美味しいよ。」に、クレイジー キャッツの 植木 等 さんが、いらっしゃったそうだ。

ぼくは、「嘘や、そんなことあるか。と言ったが、山本くんは、僕に、「なんや。嘘やない。町田くん、やって、町山さんと、あったやろ。」と、言った。

植木さんは、山本くんに、「お兄さん。お兄さんの料理、うまかったよ。ありがとう。」と、言ってくれたそうだ。

山本くんは、最初、普通のお客さんだと、思ったらしいが、声を聴くと、すぐに、わかったそうだ。でも、信じられず、「あなた、もしかして、植木  等 さんですか。?」と聴くと、

その人は、「今は、お忍びで、きてるんだ。そういうのは、お呼びでないの、今は。」と言った。

それを聞いて、植木 等 さんに、失礼なことをしたなと、思った、山本くんは、植木 等さんに、「失礼、致しました。お客様。」と、謝った。

すると、植木さんは、「いや、いいんだ。でも、あんた、俺のことを、知ってんだな。ありがたいねえ。お兄さん、名前、なんての?俺も、覚えるよ。あんたの料理、うまかったからね。」と、いった。

 その言葉を聞いた時、山本くんは、少し、緊張して、固まってしまったそうだ。

あんまり、かたまって、いるので、

植木  等さんは、そんな、山本くんに、

「何、キョトンとしてんのよ。あんたの名前は、あなたのお名前、あなたのお名前、なんてぇの?」 といった。

山本くんは、その時、植木 等さんがそういった 時、なんだか、コント、みたいやな。と思って、

ふっと、力がふっと、抜けたそうだ。

それも、そうである。山本くんは、植木さんのファンなのだ。好きな人が、近くにいて、緊張しない人は、いない。

そうだけど、山本くんは、植木さんが、そういった時、ふっと、力が抜けたそうだ。

力が抜けた山本くんは 植木さんに、「山本です。山本  シンイチです。」といった。

すると、植木 等さんは、「山本さん。山本さんね。お兄さん、うまかったよ。またな。」といって、ふふっと、笑ったそうだ。

今日、そんなことが、あったと、山本くんは、 

僕に、電話してきた。

その声は、とっても、元気な声で、ちょっと泣いている感じだった。

僕は、その声を聞いた時、よっぽど、嬉しかったんやな。山本くん。ほんまに、良かったなと、思った。

そう思った、僕は、良かったやんな。でも、そんなことって、あるんやね。」といった。

僕が、そういうと、「あったよ。ほんま、嬉しいわ。」と元気にいった。

けれど、山本くんは、僕にそういったあと、

「あー。しまった。サイン。サインをもらうの。忘れた。」といって、残念そうに言った。

僕は、それを聞いて、「あー。何、やってんの?」と笑った。