nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

我ら、科学をこころざすものなり。の法則。 パラレルファクター

 

nezuzyouzi.hatenablog.com

このお話は↑↑のお話の前のお話です。

 僕は、ペニーがいなくなってから、しょんぼりしていた。

 

シェルドンも、ペニーがいなくなってから、いつもより、しょんぼりしていた。

僕がそんな、シェルドンに、「何しょんぼりしてるんだ。シェルドン。?」と、聞いてみると、シェルドンは、「しょんぼりなんかしてない。気のせいだよ。」といった。

シェルドンは、しょんぼりしすぎて、元気が無くなってしまった。

そんなシェルドンを見て、僕も、研究に差し障りがあるほど、元気が無くなってしまった。

僕がしょぼんとしていると、シェルドンが「この前のこと、覚えてるか?僕の事、しょんぼりしてるって。それは、君の方じゃないか?レナード。」と言った。

その時、おかしかったことがある、それは、シェルドンの声にいつもの元気がなかった事だ。

顔も、いつもの顔とは違って、どこか寂しそうだ。さみしそうな顔をしているシェルドンをみて、僕は、あの時、シェルドンは、しょんぼりしてないって、言ってだけど、やっぱり、しょんぼりしているんだなと、僕は、思った。

僕とシェルドンは、いつも、一緒にいる、ペニーも、それは、おなじだ。

ペニーは、いつも、僕と、一緒に居たんだ。

ペニーがいなかったら、僕はシェルドンと、今みたいな、関係にはならなかったかもしれない。

なっていても、シェルドンと、今みたいに、楽しく遊んだりしなかったかもしれない。

シェルドンは、僕のことをいつもからかうけど、やっぱり、僕たちは、大切なルームメイトで、友達なんだ。同じことで、しょんぼりするくらい。こんなことをシェルドンにいうと、シェルドンは、また笑うかもしれないけど。

そんな、僕たちにあるとき、大学の食堂で、ハワードが僕とシェルドンに、「おい。どうしたんだよ。二人とも。ペニーがワコクに行って寂しいのかい。?寂しいんだったら、ワコクに行けば、いいんじゃないか。?住所とか、調べて、僕だったら、そうするよ。」と言った。

僕はハワードがそう言った時、それだ。と、思った。本当に、それだと思ったよ。

シェルドンも、ハワードがそういったとき、それだ。と思ったのか、ハワードに、「ありがとう、ハワード、調べてみるよ。」と言って、喜んでいた。

ラージは、「ワコクか、僕のパパも、ワコクは、素敵な所だって言ってたよ。でも、ワコクと言っても広いよね。大丈夫。?」と言った。

ラージの言った通りだ。

ワコクと言っても、広い。ペニーが、ワコクのどこにいるのか。わからない。大丈夫だろうか?僕は、この時、あれ、ペニーは、どこに行くって言ってたんだっけ。?と、思った。

 僕は、そう思って、難しい顔をして「うーん。」とうなった。僕がうなっていると、、シェルドンが、笑って、「怖気付いたのか?僕たちは、科学の研究者だろ。? 諦めるなよ。まあ、君が諦めるなら、そうすればいいけど。。でも、僕は、この僕は、違うよ。僕を誰だと思ってるんだ。シェルドン クーパー博士だ。だいたい、君は、イギリスへ行ったじゃないか。」といった。

僕は、そんなシェルドンをみて、やっぱり、シェルドンは、すごいな。と思った。

そう思うと、僕も、シェルドンに、負けてられないと思った。

そう思うと、よし、帰って、調べるぞ。という気になった。

僕と、シェルドンは、家に帰ると、まず、ペニーが、ワコクのどこに行くといったのか、思い出してみようと、いうことになって、話あった。

僕は、シェルドンと話す中で、ペニーは、ワコクのかなで山県という所に行くといったことを思い出した。

人と、話すと、頭の中にある知識や記憶が、整理されて、頭がすっきりして、忘れていたことでも、パッとおもいだされるものだ。

その時、僕は化学の研究者というのは、不思議だな。と思った。

ペニーが僕たちにどこに行くといっていたのかという、話をしている時、シェルドンは、真面目な顔になった。

僕や、ハワード、ラージ、そして、ペニーといる時は、少し、不思議で、面白い男なのに、仕事のこととなると、真面目になる。

僕もまた、そうなんだけど、シェルドンは、もっとすごい。本当にね。

そして、僕と、シェルドンは、ペニーがどこにいるのか、突き止めた。ネットで少し、調べたりもして、突き止めた。

ペニー、彼女は、ワコクは、かなで山県かなで山市  にある、レストラン、名前は、「かなで山レストラン」といった。

僕たちは、ペニーの居場所を突き止めた時、ここだ。と思って、シェルドンと、喜んだ。

その時、僕は、シェルドンに「やったな。シェルドン、見つけたよ。」と言った。

シェルドンも、この時、「やった。見つけたぞ。レナード。ペニーはここにいるんだ。」と喜んだ。

シェルドンは、この時、素直に、喜んでいた。

この時、シェルドンは、僕のことをからかったり、これは、僕のおかげだ。なんて言わなかった。

そして、シェルドンは、僕に、「君と、話せてよかったよ。やはり、研究者には、話し合いが必要だ。」と笑った。

次の日、僕たちは、ワコク行きの船の船のチケットを買った。

僕のと、シェルドンの分を買った。

ハワードとラージも行きたがっていたけど、ハワードの奥さんのバーナデットちゃんが

ハワードに、「いきなり、海外にいくなんて駄目よ。それに、レナードは、ペニーに会いに行くのよ。邪魔しちゃダメ。」と、言って怒った。

それを聞いたハワードは、青い顔になって、バーナデットに、バーナデットは、奥さんなのに、「はい。ママ。わかったよ。僕は行かないよ。」と言っいった。

ラージも、「でも、僕は、いくよ、何だか、面白そうだからね。」といった。

ラージが、そういうと、バーナデットちゃんは、また怒って、「わからないの。?

恋人同士、水入らずよ。ヒンディー語で言った方がいいかしら。」と言って、怒った。

それを聞いて、ラージは「はい。ママ。僕も行かないよ。やめにするよ。ごめんなさい。」といって、バーナデットちゃんに謝った。

バーナデットちゃんは、赤い眼鏡がとっても似合っていて、とってもかわいい声で話す。だけど、怒ると、とっても怖い。

ハワードは、そんなバーナデット事を「最近。バーナデットが、ママ。僕の母さんに似てきたよ。唯一、ママと違うのは、ブロンドの髪だけだよ。とってもきれいなんだ。でも、怖いよ。」といっていた。

 

そんなバーナデットちゃんの粋な気遣いのおかげで、僕とシェルドンは、ワコクのかなで山に行くことになった。

僕は、バーナデットちゃんに「ありがとう。バーナデット。嬉しいよ。」といった。

すると、バーナデットちゃんは、「いいのよ。楽しんできてね。ワコク。旅の思い出。聞かせてね。」と言って、笑った。

その時、バーナデットちゃんの眼鏡の奥の目が可愛く、笑っていた。

僕と、シェルドンは、その週の土曜日、ワコクのかなで山行きの船に乗った。

船旅は、最高だった。僕はふと、船室から外を見た。窓の外には、地平線が広がっていた。

カメラを持ってきたから、たくさんカメラにいろんなものを収めたいな。

かなで山の自然や街並み、そして、ペニーの笑顔。

それから、シェルドンの写真もたくさん。

僕はそんなことを思いながら、窓の外の水平線を見ていた。

そんな僕の横で、シェルドンは、お昼寝をしていた。