nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

ルビネル先生に、ありがとう その3 学園パラレルファクター

nezuzyouzi.hatenablog.com

nezuzyouzi.hatenablog.comこのお話は↑↑のお話の続きです。

ルビネル先生に、ありがとう その3

夕方のある日、僕は、職員室のドアをあけて、「町田 ヤスオです。ルビネル先生はいらっしゃいますか。」といった。

僕が、職員室の戸を開けると、タニカワ先生が、僕に「町田君、どうしたの。」と聞いた。

僕の顔を見ると、「町田君、どうしたの?君が、職員室にくるなんて、めずらしいな。」と言った。

僕は、タニカワ先生が、そういうと、僕は、「ルビネル先生は、いらっしゃいますか、僕、ルビネル先生に、用事があって。」といった。

僕がそういうと、タニカワ先生は、「ルビネルに、用事、そうか。」といって、ルビネル先生を呼んでくださった。

職員室では、先生たちが、お仕事をしていた。僕は、それを見て、先生たちは、大変だな。と思った。

僕が、しばらく、そんなことを思って、ルビネル先生をまっていると、ルビネル先生がやってきた。

ルビネル先生は、手にうちわを持っていた。先生は、そのうちわをパタパタと、仰ぎながら、

僕に「町田君、私に何か、ようかしら。」と言った。

僕は、パタパタと、うちわを仰いでいるルビネル先生に「あの、音楽室に、一緒に来てください。」と言った。

僕がそういうと、ルビネル先生は、「そう。・音楽室にいっしょに行けばいいのね。」と言って、笑った。

ルビネル先生の笑顔は、僕のとも、アスミちゃんのとも、とっとちゃんのとも違った大人の笑いだった。

僕は、ルビネル先生の前を、先に歩いて、音楽室まで、案内した。

僕は、ルビネル先生を案内しながら、サプライズが成功すれば、いいなあ。」と思っていた。

僕は、そう思いながら、ルビネル先生、喜んでくれると、いいなあ。と思った。

ルビネル先生は、僕たちの先生だ、ルビネル先生は、僕たちの勉強や悩みをよく聞いてくれる。

たまに、町山君の映画雑誌や、又吉君が書いている小説をとりあげたり、厳しい時もあるけれど、

僕は、ルビネル先生はとっても、良い先生だと思う。授業もわかりやすくて楽しいと思う。

僕が、そう思いながら、音楽室まで、ルビネル先生を案内していると僕にルビネル先生はが、

「ねえ、音楽室で、何をするの?」と聞いてきた。

僕は、そう聞かれたとき、 楽しい気持ちになって、先生に、

「お楽しみに。」と、元気に言った。

僕がそういうと、先生は、「そう。何かしら。?楽しみに、してるわ。」と、不思議そうに、いった。

僕は、その時、ルビネル先生は、この言雄をしらないんだな。と思って、とっても楽しい気持ちになった。、

そう思うと、僕は、なんだか、映画のスパイみたいやな。と思って、なんだか、楽しくなった。

ルビネル先生は、楽しい気持ちで、いっぱいになっている僕の後ろを、スタスタとついてきてくれていた。

僕が、ルビネル先生を案内しながら、楽しい気持ちで、いっぱいになっていると、

音楽室が見えた。僕は、音楽室につくと、音楽室のドアをあけて、中に入った。

僕が、ルビネル先生を、先導して、音楽室に入ると、

僕と、ルビネル先生は、拍手に包まれた。

そこにはみんなが待っていた。そこにはアスミちゃん、町山君、又吉君、とっとちゃん、メリッサさん。ジェームズ先生が待っていた。

その拍手は、とても、明るい音だった。

この時、僕は、「今や。」と思って、ルビネル先生に、「サプライズ。」と元気に言った。

僕が、そういうと、ルビネル先生は、少し、びっくりしたような顔をした。

僕は、少し、びっくりした顔をしているルビネル先生に、

「いまから、皆で、歌を歌います。一生懸命、練習したので、ぜひ、きいてください。」と言った。

僕は、そういうと、町山君と、又吉君、メリッサさんが、待っている所に行った。その足取りは、とっても、元気な足取りで、「これから、みんなで、歌を歌うんやな。」と思って、

ウキウキしていた。

アスミちゃんは、ルビネル先生に、お辞儀をすると、ピアノの椅子にすわった。

アスミちゃんが、ピアノにすわると、僕は、真剣な顔になった。町山君も又吉君も、とっとちゃんも、メリッサさんも、真剣な顔になった。

僕は、この時、ルビネル先生に、じっと見られて、緊張してしまった。けれども、これから、歌うんや。皆がいるから大丈夫だ。と思うと、気持ちが楽になった。

この時、音楽室の中はしんとした。真剣な顔をした、僕と、町山君、又吉君、とっとちゃん、メリッサさんの顔をルビネル先生もじっと、見ていた。

ジェームズ先生が、その中で、白い指揮棒を振った。

すると、アスミちゃんの軽やかなピアノが始まった。

僕たちは、アスミちゃんのピアノに合わせて、歌った

 

喜びのうた 

「はれたる青空、ただよう雲よ

小鳥は、歌えり、林に森に、心はほがらか、よろこび満ちて

見交わすわれらの明るき笑顔」

と歌った。僕は、大きな声で、ルビネル先生に、感謝の気持ちが届くように歌った。

歌詞の意味をつぶさないように、優しく丁寧に、歌った。

町山君は、低く、力強い声で。又吉君は、低く優しい声で、歌った。

とっとちゃんは、高いソプラノボイスで歌った。メリッサさんは、たびたび、音を外してしまっていたが、元気な声で、歌った。

アスミちゃんは、明るい声で、音を響かせて歌っていた

優しく、力強い響きのある男声。美しく元気で、明るい女声。

その二つの響きが、一つになって、どこまでも、広がっていった。

しんと、している音楽室は、僕たちが、歌い始めると、たちまち、歌で、いっぱいになった。

僕たちの歌は、どこまでも、どこまでも、響いていた。

ルビネル先生は、僕たちの歌を、聴いていた。

僕は、皆と心を一つにして、歌った。

ルビネル先生に、ありがとう。という気持ちを込めて、歌った。

はれたる青空、ただよう雲よ

小鳥は、歌えり、林に森に、心はほがらか、よろこび満ちて

見交わすわれらの明るき笑顔」と歌った。

歌が、終ると、ルビネル先生は,僕たちに、拍手をしてくれた。

僕はこの時、僕たちの歌が、ちゃんと、伝わったんだな。と、思った。

そう思うと、皆で、一生懸命、練習を頑張って、良かったなと思った。

拍手を、してくれたのは、ルビネル先生だけでは、なかった。

僕たちの「喜びの歌」に、誘われて、エウス・オーファン先生や、クォルさん、ラミリアさん、そして、なぜか、シェルドンとレナード、チャーリーもいた。

僕はそれを見て、アメリカやイギリスにも、僕たちの歌声が響いたのかなと思った。

僕は、僕たちの歌声を聴いて集まってきた皆の顔を見て、うれしくなった。

この思い出は、僕に,とって、忘れられない思い出になった。

僕たちの歌の発表が終わった後、とっとちゃんと、メリッサさんは、一緒に喜んでいた。

 ルビネル先生は、僕たちに、

「皆、ありがとう。先生は、とっても、嬉しいわ。皆も、先生にいろいろな事を教えてくれてありがとう。これからも、よろしくね。素敵なプレゼント、ありがとう。」といって、笑った。その時の先生の目には、涙が浮かんでいた。

それを、見て、町山君は、「ルビネル先生、ないてますね。」といって、笑った。

又吉君も「珍しい、」といって、少し驚いていた。

町山君と、又吉君が、そういって、いると、アスミちゃんが、「ルビネル先生にプレゼントがあります。プレゼントは、歌だけじゃないんですよ。」といって、ジェームズ先生と、一緒に、花束を持ってきて、ルビネル先生に花束を渡した。

この時、僕は、少し、びっくりした、歌の練習の事で頭がいっぱいで、花束を用意するのを忘れていたからだ。

アスミちゃんは、ルビネル先生に、花束を渡すと「ルビネル先生、いつも、私たちに、お勉強を教えてくださって、ありがとうございます。」と言った。

ルビネル先生は、アスミちゃんから花束を受け取ると、『アスミちゃん。」と言って、泣いた。僕は、泣いているルビネル先生を見て、ルビネル先生は、涙をこらえていたのだ。と思った。僕がそう思っている。間もルビネル先生は、泣いていた。

僕は、それを見て、「サプライズ、っていいなあ。」と思っていた。

 

坂津 佳奈 (id:sakatsu_kana)さん、エウス・オーファンさんをお借りしました

フール (id:TheFool199485)さん、ルビネルさんをお借りしました。

らん (id:yourin_chi)さん、クォル・ラ・ディマさんと、ラミリア・パ・ドゥさんををお借りしました。

長田克樹 (id:nagatakatsuki)さん、メリッサさんををお借りしました。