読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

僕の妄想 クライマックスジャンプ 監獄学園

僕は監獄学園が好きなので、監獄学園ごっこをして遊びます。

今、帰ってきました副会長。なんだお前たち。やはりお前たちは私がいないと何もできぬようだ。お前たちにはきついお仕置きが必要なようだ。

まあ、今はもっと、お仕置きが必要な者が四名はいるようだな。

アンドレ、いつからお前はこの私にたてつくようになったのだ。?行くぞ。キヨシ、こいつらを倒して生徒会長に笑顔になっていただこう。マンゴーのように甘い笑顔に。

戦う前に一つだけ言っておくぞ。、この学園には私がいる。私がいるという事を忘れるなよ。

そういって、裏生徒会長は笑い、表生徒会に立ち向かっていった。

キヨシは、騎馬戦をうごかして、裏生徒会副会長をサポートした。

鼻もまた同様だ。

キヨシは、行くぞと相手を怖い顔をして見つめる彼女の横顔を見た。

その横顔は先ほどまでの泣いてばかりいる泣き虫の女の子の顔ではなかった。

その顔を見て、キヨシは安心した。裏生徒会の盾、守護者が戻ってきたと思った

守護者のかけている眼鏡のレンズに夕日が映った。とその夕日はても綺麗な夕日がだった。

夕日を受けて、敵に走っていく、キヨシ君チームの騎馬戦。

キヨシ花は走る。

学園の盾を乗せて。キヨシは走りながら、今の裏生徒会副会長、かっこいいな。とおもった。しかし、そんな裏生徒会副会長に嫉妬した。

でも、キヨシはそんな自分を自分でなだめて、俺は俺にできる事をやるんだ。俺はこの戦いに皆で勝って、焼き肉を食べて、ガクトとジョーとシンゴとアンドレと一緒に濡れT を見るんだと思った。

キヨシたちは走った。アンドレの近くに来たところで、表生徒会長が「あなたたちと、わたしたちでは騎馬のサイズが違うのよ。どうするのと言ってきた。

裏生徒会長は表生徒会長の声を聴いて、どうするの?と思った。そして少し、心配してしまった。

キヨシたちはその声を聴きながら進んだ。各々の耳に表生徒会長の声が聞こえていたが、キヨシたちは進んだ

裏生徒会長は、その声を聴いて、「ふ、どうするのかだと、お前の心に聞いてみろ、山は越えるためにあるのだ。いくぞ。キヨシ跳ぶぞと言った。

跳ぶそれを聴いて、びっくりしたキヨシと花は驚いた。理解できなかった。

しかし、裏生徒会長の声を聴いていると、裏生徒会長にかけてみたいと思えてきた。

今、この状況で、裏生徒会長は勝利を確信している。そんな強い勇気を帯びた言葉を聞いていると皆は「よくわからないけど。やってみようという気持ちになっていた。」

そして、キヨシたちは、跳んだ。花も表生徒会長も跳んだ。魔獣化してしまったアンドレ君を。魔王の城のある魔の山を。

裏生徒会長は、ひょいと上に飛び、アンドレのあた魔の上に登り、表生徒会長とリサ、みつ子の所に行き、

こういった、「表生徒会、私は生徒会だ、裏とはいえな。で、あるならば、やる事は一つだ。生徒会の仕事は風紀を守る事だ。風紀乱れる所、私、あり。不届き者がいる所、私、あり、この学園に

私ありだという事を忘れるなよ。」と叫んだ。そして、怖いか。つらいか。疲れたか。大丈夫だ。私がいるこの学校には私がいる。いくぞ。と言って裏生徒会副会長は長は表生徒会長に鷲った

その目は、しっかりと表生徒会長をとらえていた。

 

アンドレ君によじ登る裏生徒会副会長、かっこよかったです。

監獄学園は面白いです。キヨシ君も千代ちゃんもガクトもシンゴもジョーも好きです

理事長先生は面白い人だなと思いました

理事長先生の記憶が戻って良かったです。

アンドレ君も元に戻りそうですね。

監獄学園は面白いですね。