読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

ウルトラジョン  大食怪獣 ヒムラー 登場 パラレルファクター

ウルトラ・ジョン

大食怪獣 ヒムラー登場

彼の名前は、ジョン ミフネ。

彼は中国人の母とアメリカ人の父との間に生まれたごく普通の男である。
あの日までは。
その日は雨が降っていた、その中を一台の車が猛スピードで走っていた。 「あー、遅刻遅刻。町山さんに怒られちまうぜ。」彼は猛スピードで会社に向かっていた…彼の会社はアメージング商事という会社で、とても小さな、会社である。
ジョンはこの春、遠くニューオリンズから、かなで山に来たばかりでアメリカ流のドライビングテクニックが抜けていない…なんだあれ、彼が運転していると怪獣が現れた、怪獣ヒムラーである。ヒムラーは、車をムシャムシャと食べていた、おい、「俺は急いでんだ。またをくぐって会社へ行くぞ。」彼は乗っているカウンタックを飛ばし、ヒムラーの股の間をくぐろうとした、
その時、ヒムラーは、他の車を食べるのをやめると、股の下をくぐっているカウンタックに目をやった、走っているカウンタックは相当な速さであるが、ヒムラーの目には止まって見えた。ヒムラーは、カウンタックを見ると大好物、わーいと言わんばかり、股の下のカウンタックを口元に運び、パクッと食べた。
食べられてしまった…ジョン。ジョーン^o^
「ここはどこなんだ?。」
ジョンは、そう思いながら闇の中をさまよっていた。彼の目の前にはもうニューオリンズの街並みもかなで山の街並みも広がっていない彼の目の前に今あるのは、暗い闇だけだ。暗い闇は、どこまでも広がっていた。俺は死んだのか?
ジョンは思った。その時、ジョンの目の前に光が射した、「眩しい。なんだこの光は。」
「ジョンというのは君かね、君は今日からウルトラジョンとして怪獣と戦ってもらうぞ。」
君には、世界の命運がかかっているのだ…
「あんた、だれ。」
私の名前は、ウルトラ ダン。君も今日から、ヒーローの仲間入りだ、「えっ、ちょっと、状況がわからない、僕、死んだよね。」「いや死んではいない、まあ、今のままならいずれ死ぬ、しかし、この私が君に乗りうつれば君は私の命を使って生きることができる…さあ、戦おう。私と一緒に。」
驚くジョンを、ウルトラダンは優しく諭した。
「まずここから、戦うためにはワープしよう。 」
「ワープ、本当にできるんですか」。「本当だとも、君ができると思えば、何事もできるのだ。特に私といるときはね。」
「本当に?スタートレックみたいだ。。」「さぁ、いこう、」ジョンはワープした。ワープしている間、なぜか、ジョンは、自分の体に力がみなぎってくるような気がした。
その頃、ヒムラーは、暴れに暴れていた。
街は、瓦礫やら、倒壊した家やら、ビルやらで大変であった。
怪獣の周りを赤い戦闘機がたくさん飛んでいた。マーズファイターである。
マーズファイターは、対怪獣ように作られた特別な飛行機である…
「なんだこいつ,ミサイルが効かない。なぜだ。」
「今のままでなら、こいつでイチコロだったのに。」マイケル隊員が首をかしげた。
他のマーズファイターの乗組員綾部隊員がいった。
ミサイルがダメなら、ビームを使いましょう。
うちのビームは最強ですよね…。」
「よし、みんな、ミサイル攻撃から、メディオアタッカーに変更だ。みんなでやればこんなやつ,イチコロだぜ。」
やりましょう。他のメンバーもいった。彼らの声はいつもより気合が入っているようだった。
しかし,突然の怪異は、冷酷である。
 
なんと、各々からビームが発射されたとき、ヒムラーは「アドネー」とバリアを張った。
怪獣がバリアを張るのは、前代未聞である。
それを見て、コウメイ隊員が「大変でゴザル。」と取り乱す。その目はおびえていた「やめろ、コウメイ。」と後ろにいたキヨシー隊員が止めようとする。キヨシー隊員の説得もむなしくコウメイ隊員が「猛突進でござるー。」と言って、特攻攻撃を、ヒムラーにしかけようと、ヒムラーにつっこんでいく。そんな怖くて訳が分からなくなっているコウメイ隊員をキヨシー隊員が「落ち着け、落ち着くんだ。コウメイ。落ち着けと説得するが、コウメイ隊員は「怖いでござーる。」と言って聞かない。
そうこうしているうちに、キヨシー隊員の乗った、マーズファイターは怪獣ヒムラーに突進、特攻を仕掛けようとした「、うおー。」その時、勝彦とキヨシーのマーズファイターを光が包んだ、この光はなんだ、何なんだ。とキヨシー隊員は思った。
この謎の光、それは、太陽の光のようだった。これは、ウルトラジョンの光だったのだ。
その謎の光が、マーズファイターのコックピット窓から指す。その光を浴びる二人。その時、二人の頭の中に謎の声が響いた。その声が今から、この機体を不時着させます。
怖がらないで。私の名前はウルトラジョン、この街を救いに来た者です。」といった
それを聞いてコウメイ隊員は、びっくりして「なんでござるー。テレパシー?何奴。」
といって、驚いた。
驚く、コウメイ隊員に、「あなたたちの心に話しかけています。」といった。
 
 
彼はコウメイ隊員とキヨシー隊員の乗ったマーズファイター近くの小高い丘に移動させた。彼もまた、この星では、異変である、彼の大きさは、山のように大きかった。彼もヒムラーと同じなのだろうか、いやヒムラーとは違う、彼は、ヒムラーと同じ異変であるが彼はは、正義の異変であった。
ヒムラーは突然の出来事に少し、驚いていた、この世に自分に向かってくるやつが、あいつら以外にいたことに驚いていた。と同時に面白い、興味深いとも思った、そしてヒムラーはこいつは楽しめそうだ、とでも言わんばかりにアドネーと鳴き声を発した…。
「そうか、面白いか、私とあなた、どちらが強いか、勝負だ。」、ジョンはヒムラーに攻撃した,ヒムラーはジョンの攻撃の瞬間,バリアを張った,ヒムラーはその後、勝ったと思った。
その「勝った」が仇となることを知らずに。
なんとジョンのパンチは、ヒムラーのバリアを貫き,ヒムラーの顎にあったのだヒムラーは「アドネー。」と言って、よろめいた,ふらふらと。二の矢だ,もう一度、ヒムラーにパンチをする、ヒムラーは倒れた。それして爆発した。
正義の味方が,街を救ったのだった。そんな夕日がさす街をキツネ山から眺める男がいた。ジョン・ミフネだ。その街並みを見て彼は、この街を救った、余韻にひたっているのだろうか・・・、その顔には、冷や汗が流れていた、どうやら、この汗は、先の戦いの汗ではなさそうだ。その汗を流しながら彼は、
「なんだよ、もう、夕方、だよ…もう終わったよ。仕事、あー、又吉さんから、連絡だだ」と言った、その言葉はこの街を救ったヒーローの言葉とは思えぬほど、弱弱しいものだった。そして彼は自分の履いているズボンのポケットからスマートフォンを取り出し、メールを開いた。
なになに,[なにやってんですか。ミフネさん。アスミちゃんも、チャーリーさんもみんな心配してましたよ。町山課長は、もうかんかんですよ。どないするんですか。」と書いてあった。それを見た彼は、弱弱しい声で
「おい、どうすんのよ。これ。」といった。
そんな彼の事などつゆともしらず、ウルトラダンは、
これからもこの星の平和のために私と一緒に粉骨砕身だ。ミフネくん。朝も昼も夜も夜中も朝方もだ。」
「ねえ、そんなことより、どうすんのよ。会社。」
「助けて、ウルトラダン。]
[それは、私に言われても困る。専門外だ。」
「えー、そんなー。
助けてー.ウルトラダーン。」
彼はそういいながら、そんな都合のいいヒーローはいないのだと思った。
がんばれ、ジョン。負けるな。ジョン。
終わり